ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

書類選考の通過率がアップする
レジュメ/職務経歴書の書き方は、
JACのコンサルタントが知っています。

レジュメや職務経歴書は、あなたの魅力をアピールするための重要なプレゼンテーションツールです。そして書類選考通過の可否は、その内容で決まります。そのため、熟考するだけでなく、ぜひJAC Recruitmentのコンサルタントにもご相談ください。業界別、職種別にアピールの方法が少しずつ異なりますので、各業界の転職市場を熟知したコンサルタントが、効果的なレジュメ/職務経歴書の書き方をアドバイスさせていただきます。

履歴書の書き方

履歴書は、名前や住所といったプロフィールと、所属した企業の入社・退社の事実、および資格などをまとめるものです。

英文レジュメサンプル

英文レジュメを書く際に、まず気になるのは文法や形式などかもしれません。しかし、肝心の中身が伴っていなければ、面接のチャンスを失ってしまいます。JACでは、英文レジュメのチェックも承っていますので、ぜひご相談ください。
以下より、英文レジュメの注意点の確認およびサンプルがダウンロードできます。

職務経歴書の書き方

志望する企業の採用担当者へのプレゼンテーションツールです。これまでご自身が培ってきた経験やスキルを活かして、応募先の企業でどのように貢献できるのかを整理して魅力的に伝える必要があります。所属した企業の職種や業種、企業規模などの概略、自己PR、志望動機などをまとめるものです。
業界や職種ごとに押さえるべきポイントは異なり、さらには企業ごとに重視するポイントは異なります。ここでは職務経歴書作成の基礎から職種別の実践まで、その効果的な書き方をご紹介いたします。正しい職務経歴書の書き方を身に付けて、他の候補者と差をつけましょう。

管理部門

メーカー(電気/機械)


書類選考を行う採用担当者が知りたいのは、何を(製品領域)、どの程度(担当範囲)、どのように(ポジション、技術レベル)担当しているのかということです。それを通して、応募者がどんな専門知識を持っているのかを書類の時点で判断しています。したがって、職務経歴書を作成する際には、上記のポイントを確実に押さえておく必要があります。文章量は多ければ良いというものではありません。文章は簡潔に、職務経歴書を一目見て“何をどの程度できる人物なのか”が分かるように心がけて作成をしてみてください。

化学メーカー(化学/素材業界)


書類選考を行う採用担当者が知りたいのは、何を(製品領域)、どの程度(担当範囲)、どのように(ポジション、技術レベル)担当しているのかということです。それを通して、応募者がどんな専門知識を持っているのかを書類の時点で判断しています。したがって、職務経歴書を作成する際には、上記のポイントを確実に押さえておく必要があります。文章量は多ければ良いというものではありません。文章は簡潔に、職務経歴書を一目見て“何をどの程度できる人物なのか”が分かるように心がけて作成をしてみてください。

メディカル(医療)業界

IT/通信/インターネット/Web業界

消費財(コンシューマー)業界

金融業界

サービス・流通業界

職務経歴書の3つの基本フォーマット

決められたフォーマットのない自由筆記形式での書類ですが、時系列で職務経歴を一覧化した「編年体式」、あるいは業務内容ごとにまとめた「キャリア式」が一般的な書き方ですので、特別な事情がない限りは、いずれかの書き方を踏襲すると良いでしょう。

編年体形式のレジュメ/職務経歴書

最初に所属した会社の入社や配属、異動などを時系列で書きます。いつ、どのような経験やスキルを身につけたかが、一目でわかり、経歴を伝えやすいものです。多くの職種に使用できます。

逆編年体形式のレジュメ/職務経歴書

前述の編年体形式とは逆で、最新の所属会社から遡って、時系列に書きます。現職の経験やスキルをアピールできるので、現職が、応募先の職種と同じ、または近い場合に使用します。

キャリア形式のレジュメ/職務経歴書

業務内容やプロジェクト単位で、職務経験を示します。いつ、どの会社で、どういった役割で何をしたかということを、まとめて書きます。プロジェクト単位で仕事をするようなエンジニアやコンサルタントの方々が、よく使用します。

レジュメ/職務経歴書の書き方

突然に書き始めるのではなく、まずは自分のキャリアの振り返り、また応募先の企業の研究を行いましょう。充分に自分および企業の理解が深まったら、まずは下書きを。そして、見やすいレジュメ/職務経歴書を書き上げましょう。

キャリアの棚卸し

JACのキャリアコンサルタントは、転職活動中の皆様のキャリアを、一緒に振り返る時間を設けています。一緒にお話をすることで、経験した業務のみならず、それを通して身に付けたスキル、自分では気がつかなかった得意分野などが整理できるからです。 合わせて、仕事の成果や実績を定量的に表せるよう、準備しましょう。

応募先企業で自分が貢献できるポイント

応募先の企業に採用されるためには、いかに自分がその企業に貢献できるかということを、うまく伝える必要があります。入社を希望する企業・職種の業務内容を研究し、自分のどの経験やスキルが生かせるかを、考えてみましょう。

忙しい採用担当者に一目で伝わるレジュメ/職務経歴書

採用担当者は、時に自分の先輩や上司となる方の場合があります。非常に忙しい方々なので、レジュメ/職務経歴書のレイアウトは、伝わりやすさをもっとも大切にしましょう。

  • ●文字のサイズは大きめに。

  • ●導入部分で、自分の経歴の概略が伝わるように。

  • ●量は多すぎず、A4サイズで1~2ページ程度で。

  • ●成果や実績は、実際の数値(売上成績や改善率など)で記載し、具体的に。

  • ●プロジェクト規模や、マネジメントした部下も、数値で記載。

  • ●難しい言葉や社内用語は使わず、誰でも読める言葉で。

  • ●転職をしたい理由として、「応募先の企業でどのように貢献したいか」「それが現職で叶えられない事由」をまとめ。


JACのキャリアコンサルタントのアドバイスを活用

JAC Recruitmentのコンサルタントは、日々、多くの企業とコミュニケーションを取っており、各企業が書類選考の際に重視するポイントや求められている人物像を的確に把握しています。そのため、企業の採用担当者の視点で、あなたのレジュメや職務経歴書にアドバイスを提供できます。 より確実に内定獲得に近づくために、JACのコンサルタントのアドバイスをご活用ください。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク