公開日:2021/11/25 / 最終更新日: 2022/01/18

  1. 金融業界×職務経歴書

投資銀行/FAS/監査法人職務経歴書(レジュメ)の書き方マニュアル

書類選考の通過率がアップする
職務経歴書の書き方は、
コンサルタントが知っています。

職務経歴書は、企業への最初のアプローチとなるものです。これまでどのような案件を担当し、どのくらい案件をこなしてきたのか、また案件のキャップの大きさなど具体例を記載すると、より先方のイメージがつきやすいでしょう。
特にアドバイザリー業界は、知識や経験がより求められますので、上記に加え自分の役割を明確に記載し、スキルや実績が分かるようにしてください。
レジュメの書き方ひとつであなたの能力が伝わります。的確にポイントをまとめ、且つ短すぎず、自分を客観的に見て書類を作成してください。

投資銀行/FAS/監査法人の職務経歴書の書き方


職務経歴書

・氏名     神保町 太郎(じんぼうちょう たろう)
・生年月日   〇〇〇〇年〇〇月〇〇日(〇〇歳)
・住所     〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
・Tel      03-5359-6904 /080-××××-××××
・E-mail jinbouchou@jac-recrutiment.jp


1. 職歴要約

大学卒業後、監査法人○○○に入社。 監査法人では、金融部に所属し主に銀行及び証券会社への監査、財務アドバイザリー業務に従事。同期では比較的早々にインチャージ業務を担当する。
その後、20××年に△△△株式会社へ転職し、事業再生及びトランザクションチームにてFA業務を行う。事業再生チームでは、クライアント駐在の案件を経験する。
また自ら手を挙げコーポレートファイナンスチームに異動。M&Aアドバイザリー業務に従事する。現在は20××年より□□□証券株式会社の投資銀行本部にて主にGIGセクターを担当し、 M&A及び資金調達案件におけるオリジネーションからエクゼキューション業務までを幅広く担当している。


2. 職歴

■□□□証券株式会社  勤務期間:20××年××月~現在

〔配属部署〕 投資銀行本部 
〔タイトル〕 アソシエイト

〔担当業界〕 消費財/化粧品、電子部品、情報通信、製薬、電機、自動車

〔職務内容〕

カバレッジバンカーとして、分析・リサーチ業務を中心に案件発掘のためのM&A提案資料作成やその営業、M&A実行 支援に従事。市場の構造・特徴、市場規模やマーケットシェア、業界トレンド、プレーヤーの戦略・動向などを定性・定量の両側面から分析する。 その他、企業を戦略的・財務的見地から分析し、またそれに基づく企業価値の算出(バリュエーション)や、M&Aが当該企業に与える財務インパクトの分析を行う。 また、関係当事者間のコーディネート、関連法制度のリサーチ、ロジ調整、バックオフィス業務(契約書・インボイス等の取扱い)などM&A関連実務全般を幅広く担当。

〔実績〕

・医薬関連企業の中期経営計画策定支援
・○○会社を○○ファンドへの売却
・○○会社による○○メーカーの買収
・○○メーカーグローバル公募増資
・○○メーカーにおけるIPO主幹事 


■△△△株式会社  勤務期間:20××年××月~20××年××月

〔配属部署〕 事業再生チーム/コーポレートファイナンスチーム
〔タイトル〕 アソシエイト 
〔職務内容〕
-事業再生アドバイザリー
・過剰債務に悩む国内企業のアドバイザーとして、私的整理の成立に向けた一連の支援業務に従事。クライアント企業の実態把握(DD) ~再生計画立案~ステイクホルダーからの合意取得までの一連の3プロセスを担当し、クライアントの事業・財務リストラクチャリングに貢献。
-M&A アドバイザリー
リードアドバイザーとして、法的整理企業や自動車関連企業を対象とする多数の案件に関与。事業譲渡案件や資本業務提携、再編案件等
〔実績〕
・○○グループによる事業譲渡
・○○自動車グループ会社と○○との資本業務提携
・○○自動車系列サプライヤーの再編


■○○〇監査法人  勤務期間:20××年××月~20××年××月

〔配属部署〕 監査金融部
〔担当業務〕 監査業務、財務報告アドバイザリー
〔職務内容〕

· 銀行証券部門にてインチャージ業務を担当。金融商品への知識および連結処理の知識に精通。

· IFRS 適用を行うことになったクライアントに対して、JGAAP からIFRS への会計処理変更のアドバイザリー業務を提供。
· 日本国内で初となるIFRS 監査にて連結処理を担当

3.学歴
・20××年××月 ●●大学●●学部卒業
・20××年××月 ●●大学●●学部入学
・20××年××月 ●●高等学校卒業

4.資格その他
・日本証券アナリスト(CMA)
・公認会計士 

・TOEIC 850点


 

職歴要約


ポイント:どのような企業で、どのような業務に従事してきたのかを、簡潔にまとめます。選考企業が一番初めに目を通す部分ですので、企業にアピールしたい部分を中心に書くと良いでしょう。

例文:
大学卒業後、監査法人○○○に入社。 監査法人では、金融部に所属し主に銀行及び証券会社への監査、財務アドバイザリー業務に従事。同期では比較的早々にインチャージ業務を担当する。
その後、20××年に△△△株式会社へ転職し、事業再生及びトランザクションチームにてFA業務を行う。事業再生チームでは、クライアント駐在の案件を経験する。
また自ら手を挙げコーポレートファイナンスチームに異動。M&Aアドバイザリー業務に従事する。現在は20××年より□□□証券株式会社の投資銀行本部にて主にGIGセクターを担当し、 M&A及び資金調達案件におけるオリジネーションからエクゼキューション業務までを幅広く担当している。

担当業界


ポイント:特にアドバイザリー業務については、担当業界についても具体的にご記載ください。

例文:
〔担当業界〕 消費財/化粧品、電子部品、情報通信、製薬、電機、自動車

実績


ポイント:具体的な案件の詳細を記載します。

例文:
〔実績〕
・医薬関連企業の中期経営計画策定支援
・○○会社を○○ファンドへの売却
・○○会社による○○メーカーの買収
・○○メーカーグローバル公募増資
・○○メーカーにおけるIPO主幹事 

マネジメント業務


ポイント:インチャージ業務等のマネジメント業務経験は必ず記載しましょう。

例文:
· 銀行証券部門にてインチャージ業務を担当。金融商品への知識および連結処理の知識に精通。 

TOEICスコア


ポイント:特に英語は重要な選考ポイントとなるケースがあるため、TOEICスコアなどは必ず記入しましょう。

例文:
・TOEIC 850点 

関連コンテンツ


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。