ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる


JACの転職サポートをご利用いただいた多くの皆様に満足いただいています。
JACの転職コンサルタントは

多方面の企業人事と
直接情報交換をしています。

最新の転職市場動向をお伝えします。

JAC Recruitment Market Insights
~転職市場動向~



JAC Recruitmentでは1人のコンサルタントがご登録者と企業の両方と直接取引する「両面型」のビジネスモデルをとっており、更に各コンサルタントが業界に特化した専門コンサルタントです。
約25,000社の企業と取引があり、様々な業界・職種の企業から、幹部クラスから専門クラスまでたくさんの求人をお預かりしています。
【業界】 管理部門・IT業界・WEB業界・金融業界・メディカル(医療)業界・不動産業界・自動車業界・メーカー・エネルギー業界・ファッション業界・流通業界・食品業界・サービス 物流業界・コンサルティング業界

ご登録者からのお声や、企業の担当者の方との日常的なコミニケーションによって常に転職市場の動向をアップデートしていますので、ご登録者の方に合った転職市場の状況についてもご案内が可能です。 JAC Market Insights ~転職市場動向~ではコンサルタントの視点で転職市場にまつわる見識や、キャリア形成に役立つ情報を掲載いたします。


管理部門 転職 水上200*200

2021年最新 30代、40代、50代――年代別転職市場

ジェイ エイ シー リクルートメントを利用する個人のお客様の多くは、30〜50代の方々です。弊社の転職支援実績の割合としては、2021年4月現在で20代9%、30代40%、40代34%、50代14%、その以上2%となっています。
どの業界においても、年代によって求められるスキルや人物像は変化していきます。では、どのような視点を持って対策するべきか、昨今の転職市場動向を踏まえて解説します。 (2021/05)

水上 管理部門職種全般 / 製造業・商社・エネルギー・金融 業界  


管理部門 転職 水上200*200

2021年最新 管理部門の転職市場-
ボーダーレス化が進み、日系-外資間の人材の行き来が活発に

■ジョブ型人事制度の導入が進む
コロナ以前からの流れですが、多くの日系グローバル企業が人事制度を旧来の年功序列型から、ジョブ型へ移行しようとしています。ジョブ型人事制度を既に導入し、運用フェーズに入っている企業も多くあります。そのため人事部門においては、ジョブ型の制度運用を担える人材、運用経験を持っている人材の求人が増えています。このような中途採用ニーズがある一方で、並行して早期退職なども行う等「血の入れ替え」を進めるなど、人材の流動化は加速しています。 (2021/04)

水上 管理部門職種全般 / 製造業・商社・エネルギー・金融 業界  


インフラ 転職 小原200*200

2021年最新-インフラ業界の転職市場動向-
社会インフラを支える縁の下の力持ち~技術コンサルタント職~

■社会インフラを技術面で支援するスペシャリスト集団
日本では都市計画・まちづくりの新設案件だけでなく、戦後10~20年に作ったインフラが老朽化し、保全・改修することが必要になっています。また昨今、大規模な自然災害によってインフラが壊れてしまうケースが増えており、そうしたインフラを再構築する事も増えて来ています。そのようなケースで導入が始まっているのがIoT・DXの導入です。IT技術を駆使しインフラ設備の歪み具合を調べることを行っております。
このような保全・改修の場面以外でもIoT・DXの技術がインフラマーケットで使われるようになっております。例えばダム建設のような現場が山奥の場合、往復に多くの時間を割きます。そこで現場に行くことなく現場を仮想空間にすることでVRを活用しながら効率化を図るといった取り組みが増えています。 (2021/04)

小原 インフラ・建設業界 


プラント 転職 中村200*200

数百億~数千億円を投資したプラントの入れ替え相次ぐ-
求人多数、業種や受発注者の垣根を超えた転職が可能

■効率化や生産性アップがトレンド
プラントは、新規設備の設計・開発だけでなく、既存設備の保全・改修に関する業務も多くあります。なぜなら、大型の施設で沢山の機械や電気を使用しており、既存設備に不具合が起こることがよくあるからです。  日本には戦後に作られた大型プラントが多く、老朽化が進んでいます。そのため近年は、最新のプラント設備に更新する企業が多く、またそれと同時に、AIやIoTを活用した自動運転や保全・点検などを導入し、稼働を効率化する取り組みも進めています。このような“効率化”や“生産性アップ”といったワードは業界のトレンド言える状況になっています。 (2021/04)

中村 プラント・プラントエンジニアリング業界


エネルギー 転職 海原

エネルギー業界の転職市場動向
変革期のエネルギー業界 未来に向けた新たな市場創造へ

2012年以降、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)導入により、多くの企業が太陽光発電事業に新規参入し、同時に中途採用募集も増加の一途を辿りました。その後もバイオマス、陸上風力、そして洋上風力と再生可能エネルギー業界は急拡大を続けています。また、2016年の電力小売全面自由化、2017年の都市ガス自由化によって業界に参画した企業も多く、事業者や消費者が自らインフラを選択出来る時代になりました。 今後は2030年のエネルギーミックス実現に向けた動きがさらに加速していくと予測しており、再生可能エネルギーの普及拡大にとどまらず、「脱炭素」、「SDGs」といったキーワードに付随した動きが各社にて活発化していくと考えております。 こうした変革によって業界動向も大きく変わっていきますが、その分ビジネスチャンスも多く、引き続き成長産業であることは間違いありません。(2021/03)

海原エネルギー業界


金融 転職 若林

金融業界の転職市場動向
継続したオルタナ投資需要×コロナで急成長のDX

金融機関を取り巻く経営環境として、コロナ以前からの流れとしてあるのがマイナス金利、地方銀行の再編、キャッシュレスをはじめとしたDXです。
第一にマイナス金利ですが、ご案内の通り従来金融機関は株や債券といった伝統的資産の運用をして来ましたが、これらはマイナス金利の影響で利益が上げにくくなったため、“オルタナティブ投資”と呼ばれる代替投資(株・債券以外の専門性の高い分野への投資)がここ4〜5年増え続けていました。オルタナティブ投資とは、不動産やプライベート・エクイティ(未公開株式投資)などを指します。(2021/03/03)

若林金融業界


製薬 メディカル 転職 齋藤

製薬業界の転職市場動向
ビジネスモデルの大転換に伴い、特定の疾患領域の経験者やデジタル人材が求められる業界へ

■急速に変化する医薬品業界のトレンド
従来の製薬業界は、ブロックバスターと呼ばれるような汎用的で数千億円レベルの売り上げが立つ新薬を開発し、販売することで主たる収益源としてきました。しかし一般的な疾患を対象とする医薬品はほぼ開発し尽くされ、大きな市場を見込める新薬の開発は頭打ちになったことで、製薬会社のビジネスモデル・収益構造は大きな転換期を迎えています。(2021/02/26)

齋藤製薬業界


IT 外資 転職 出口

外資系ITベンダーの転職市場動向(営業職)の転職市場動向
求人はアカウント営業に集中、若年層で日系からの転職なら給与倍増も目指せる

テレワークを支えるSaaSが好調
新型コロナウイルスの影響を受けて、2020年は一時期求人が大きく落ち込みました。外資系ITベンダーの多くが、本国の欧米における状況が不透明となり、4~6月は日本でも採用がストップしました。その後、8月になってから求人が徐々に増え、2021年1月現在はコロナ前の9割程にまで回復して来ています。(2021/01/26)

出口外資系 IT業界


IT 外資 転職 澤田

外資系ITツールベンダー(エンジニア職)の転職市場動向
注目集まる日本市場、人材獲得競争が激しく好条件での転職も可能

クラウドサービスの利用が更に進む
企業が自社の情報システムを、オンプレミス(自社保有)からクラウドサービスへ移行する流れは以前からありましたが、近年はそれが更に進んでいます。「クラウドサービスを全く使ったことがない」という企業はかなり減ってきている状況です。それに伴い、外資系ITツールベンダーが提供しているSaaS、PaaS、IaaSなどは売り上げを大きく伸ばしています。(2021/01/26)

澤田外資系 IT業界


consultant_3

転職市場動向 2020年総括から見える2021年のトレンドとコロナの影響は?
2020年は新型コロナの影響で雇用環境が大きく変わり、企業が必用とする人材にも激しい変化が見られました。
今年の傾向から来年のトレンドを業界が異なる3名の弊社コンサルタントが座談会形式で解説します。
・各業界で起こった変化と新たなトレンド
・転職市場では何が起こり、どんなスキルが求められるのか
・必要とされる人材になるために必要な備え

浅利 大阪Executiveディビジョン
出口 外資ITディビジョン
森  日系製造業ディビジョン


web 外資 転職 井野

デジタルプラットフォーマーの転職市場動向
コロナ禍でも巣ごもり需要で売り上げ拡大、エンジニア、物流など様々な分野で人材を募集

大手が経済圏で顧客を囲い込み、寡占化が進む
アマゾンジャパン、ヤフー、楽天といった大手デジタルプラットフォーマーは元々上り調子でしたが、コロナ禍においては巣ごもり需要を背景に更に勢いを増しています。特にECや動画配信といったビジネスは大きく伸びており、関連する人材の採用も増えています。

井野外資系 Web業界


person 01

人事戦略の新潮流「日本版ジョブ型雇用」で求められる人材とは?
9月の決算を終え、企業によってはコロナによる経済的影響を受けたにも関わらず 人材ビジネス市場への投資は加熱しつつあります。 特にR&D領域などに対する求人はコロナ禍以前に比べても増加傾向です。
求人の全体総数はピーク時の7割程度に減少しているにも関わらず、なぜR&D領域求人の需要が高まっているのでしょうか。
〜その背景にはあるのは「ジョブ型雇用」〜
人事戦略の新潮流で起こる変化と、新たな雇用制度で活躍するために求められる人物像やスキルについて解説していきます。

佐原 賢治海外進出支援室 室長


person 01

コロナショックもお構いなし?【IT・通信関連】転職市場の今後
さまざまな業界がコロナ禍の影響を受けている中、IT・通信業界は活況を維持しています。
IT・通信業界のコロナショック前後の変化と、中長期的な転職市場の展望について解説していきます。

川口IT業界専門 リクルートメントコンサルタント


person 01

変化しつつある管理職の転職市場 企業が求める人物像とは?
グローバル化によって企業間のギャップが埋まり、 転職市場はかつてのイメージを払拭しつつある

稲岡 英治Executiveディビジョン 部長


person 01

地方への転職に変化が?Uターン・Iターンの現状
ウィズコロナ時代のUターン・Iターンの今

大石 昌弘西日本拠点統括部長


person 01

オンライン選考がウィズコロナ時代の ニューノーマル?
ウィズコロナ時代の企業を大変革! 2020年はオンライン面接普及の元年に

春野 直之Web/FinTechディビジョン 部長


person 01

コロナショックで激変する転職市場、 今動く企業はあるのか?
今動く転職者と企業、転職エージェント

垪和 敦執行役員事業副本部長


person 01

リモートワーク・リモート面接が増加傾向
当社プリンシパルアナリストの黒澤敏浩が、中途採用市場を予測します。

黒澤 敏浩プリンシパルアナリスト


person 01

2020年 転職市場予測
当社プリンシパルアナリストの黒澤敏浩が、2020年の市場を予測します。

黒澤 敏浩プリンシパルアナリスト

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク