ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

JAC_oricon

   


転職を考え始めたら、まずは新規登録のうえ、JAC Recruitmentのコンサルタントにご相談を。
お持ちのスキルやご経験、キャリアプランなどを一緒に考え、転職のベストタイミングをご提案します。


転職活動を成功させるには、企業研究や業界研究、同業他社との比較などの情報収集が不可欠。インターネットで情報収集が容易にできる現在では、入手した情報量や収集方法が転職成功のカギを握ります。インターネットを活用した情報は、気軽に入手できる反面、情報ソースの信ぴょう性が疑わしいものもたくさん出回っているため、掲載されている情報を安易に鵜呑みにしてしまうのは危険です。 そこでここでは、転職活動に関する情報収集の意味や、情報収集する媒体や入手方法についてまとめました。転職活動を効率的に進めるための参考にしてください。

入社後に後悔したり、すぐに退職したりしてしまわないため、情報収集が必要です。情報収集をしないまま「年収が良い」「福利厚生など労働環境が良さそう」といった、求人票に書かれているような情報や雰囲気だけで企業を選んでしまうと、「思っていたような仕事をやらせてもらえない」「外から見る会社のイメージと大きく違った」ということになってしまいかねません。

では転職活動に必要な情報収集、いったいどんな情報の入手が必要となるのでしょうか?

一般的に必要と言われる情報には、


  • ・業界情報(日系企業、外資系企業の違い含む)
  • ・職種情報
  • ・企業情報
  • ・現在の転職市場に関する情報(市場動向など)
  • ・転職活動をサポートしてくれる存在について(転職サイトや転職エージェントなど)

があります。それぞれを詳しく見てきましょう。

業界情報(日系企業、外資系企業の違い含む)

転職活動を行うには、まず業界情報の研究から行うのがよいでしょう。これまで働いてきた業界に愛着があるという方の場合、「今さら業界研究をする意味があるのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、転職を考えたということは、今いる会社や業界での仕事に何らかの不満や疑問が湧いたという裏返しでもあります。そこで、これまで身に付けたスキルを他業種でも活かせないか、ということを改めて考える意味でも業界情報を調べてみることから始めるのが賢明です。

また、日系企業と外資系企業によっても業界の特徴は異なります。これは後述の職種にもいえますが、ご自身が日系企業に向いているのか、外資系企業に向いているのかも検討材料の一つとなるでしょう。

JAC Recruitmentでは、日系企業はもちろん外資系企業の転職成功事例も多くありますので、ご自身のこれまでのキャリアや将来のキャリアパスをもってJACのコンサルタントに相談し、業界情報を聞いてみるのも良いでしょう。


職種情報

業界情報を研究した後は、職種に関する情報も調べてみましょう。職種の名称は同じでも、企業ごとに具体的な職務内容が異なることは多いです。たとえば企画営業という職種でも、掘り下げていくと新規開拓営業、ルート営業、代理店営業などに分けられますし、仕事内容も事業規模でも大きく異なります。なかには新規開拓営業とルート営業を兼務しなければならない企業もあるかもしれません。現在就労している企業での仕事がすべてではありませんので、字面だけを追って安易に判断しないようにしましょう。

JAC Recruitmentでは、さまざまな職種における転職成功事例がありますので、ご自身のこれまでのキャリアや将来のキャリアパスをもってJACのコンサルタントに相談し、職種情報を聞いてみるのも良いでしょう。


企業情報

転職を決めた時点で、応募したい企業が具体的に固まっているという場合には、企業情報を集めて研究していきましょう。企業研究を行うことで企業に対する理解を深めるだけでなく、自分自身に対する理解を深めることにもつながります。企業情報を入手する際には事業内容や社風に限らず、将来性(今後どのような事業展開を検討しているか)なども調べますが、必ず業界研究を行ったうえで企業研究していくようにしましょう。

さらに、下記も重要な指標となります。
・教育体制:入社後研修やスキルアップ研修など
・社風や業務の進め方:社風や業務の進め方が自分と合うかといった、自分にとって良い職場環境か
・キャリアアップ:中途入社でも社内でキャリアアップができるのか
・ワークライフバランス:転勤や異動、海外赴任の範囲や頻度、海外出張の頻度、有給休暇の取得率、平均残業時間など

JAC Recruitmentでは、コンサルタントが転職ご希望者様とだけでなく、採用企業担当者様とも直接コミュニケーションを取っているので、最新の企業情報を聞くことができます。JACのコンサルタントに相談し、企業情報を聞いてみるのも良いでしょう。


現在の転職市場に関する情報(市場動向など)

今後転職市場で求人が増えるのかどうか、求人が増えそうな業種・業態はどこか、などの市場動向は知っておくべきです。特に新型コロナウィルスの影響で転職市場も数年前とは様相が変わっていますので、常に最新の動向は探っておきましょう。

JAC Recruitmentでは、コンサルタントが採用企業担当者様とも直接コミュニケーションを取り、最新の転職市場動向を常にアップデートしています。JACのコンサルタントに相談し、転職市場動向の情報を聞いてみるのも良いでしょう。


転職活動をサポートしてくれる存在について(転職サイトや転職エージェントなど)

転職活動を一人で進めるのは非常に大変です。現在就労している方であれば、働きながら転職活動を空いている時間に行わなければならず、思ったように進まないこともしばしば。そこで転職活動をスムーズに進めるには、転職サイトの活用や転職エージェントのサポートを借りることが効果的です。転職サイトを活用すれば、企業情報や転職活動を円滑に行うためのコラムなどのコンテンツをいつでも閲覧することができますし、転職エージェントを利用すれば、転職活動の段取りを選任のコンサルタントが代わりに行ってくれます。

常に最新の情報や現場でしか知りえない貴重な情報を入手することができるので、転職活動を有利に進めることができます。

JAC Recruitmentは転職エージェントの一つです。特に管理職や専門職のハイクラスに強みを持っています。まずは将来のキャリアパスを、コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職成功者が実践していた情報収集方法。面接の質問は?外資系企業への転職の特徴は?

世の中には、転職に関する情報収集の方法がたくさん存在します。なかでもインターネットを利用した情報収集は、気軽にアクセスできることもあってとても入手しやすいものとなっています。それ以外の情報収集方法と合わせていくつか紹介してきましょう。


  • ・転職サイト
  • ・転職エージェント
  • ・企業のホームページ
  • ・求人情報誌
  • ・ハローワーク
  • ・口コミ
  • ・SNS

転職サイトとは

業種や職種別に求人を探している方に向いています。
転職サイトとは、企業の求人情報を閲覧、検索することができるポータルサイトを指します。掲載されている求人情報も多く、自分で業種・職種を絞って目当ての企業を探すことができます。求人情報以外にも自己診断ツールが利用できるなどコンテンツも充実。自分で求人案件に応募できるので手軽に利用できるものの、企業への応募や面接の段取り、条件交渉などはすべて自分で行わなければならず、手間がかかる点はネックです。
しかし、自分のペースで転職活動を行うことできるので、自分の目指している業界やお目当ての企業が決まっている場合にはおすすめです。



転職エージェントとは

非公開求人含め、質の高い求人情報を知りたい方、転職市場動向を知りたい方、面接や職務経歴書のアドバイスが欲しい方に向いています。
転職エージェントとは、人材を探している企業側と仕事を探している求職者側の間に立って、転職活動を成功させる支援を行うマッチングサービスを指します。転職エージェントを利用すると、コンサルタントが付き、カウンセリングや企業の応募代行、応募書類の添削や面接対策・アドバイス、企業との条件交渉などを行ってくれます。これだけのサービスが無料で受けられるのは大きなメリットです。

JAC Recruitmentは転職エージェントの一つです。特に管理職や専門職のハイクラスに強みを持っており、多くの非公開求人もお預かりしています。まずは将来のキャリアパスを、コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。


企業のホームページ

特定の企業の採用に応募したい方に向いています。
企業のホームページをしっかりと閲覧することも大事な情報収集の一つです。企業理念やミッションをはじめ、会社の歴史が書かれた沿革、サービス内容がぎっしり詰まっています。しっかりと作り込みされた企業のホームページでは、実際に働いている社員の声が掲載されていることもあり、転職後の働くイメージを深めることができます。また社長のインタビュー記事なども参考になります。

採用コストをあまりかけられない中小企業などでは、転職サイトや転職エージェントに掲載せず、自社のホームページに採用情報を載せているというところもあります。ただし中小企業の場合、通年での採用というよりも欠員がでた場合に限った募集、といった限定的な採用となってしまうため、タイミングが勝負です。しかしながら、気になる業界やエリアで絞って検索をかけることで掘り出し物の企業に出会える可能性は無きにしも非ず。ぜひチェックしてみましょう。


求人情報誌

インターネットが主流の現在において、求人情報誌からの情報収集は違った切り口となり、新鮮な情報に出会えることもしばしばです。紙媒体であることから、掲載情報が少なかったり情報の新鮮度が低かったりとデメリットもありますが、エリアを絞った求人情報など、働きたいエリアが絞られている場合にはおススメの情報媒体です。しかし、掲載されている企業は中小企業が多く、大企業で働きたいという方であればあまり向かないかもしれません。


ハローワーク

中小企業や零細企業、また地方の企業に転職を希望される方に向いています。
ハローワークは厚生労働省の設置する「公共職業安定所(職安)」を指します。企業側も無料で求人募集をかけることができるため、取り扱っている求人件数は非常に多いのが特徴です。また、全国からエリア条件を絞らなければならない転職サイトや転職エージェントと違って地元の求人に強いという点もポイントです。コストの関係で有料求人サイトや転職エージェントに掲載できない企業でも気楽に登録ができるので、インターネット上であまり見かけることのない企業に遭遇することもあります。しかし、企業情報が少ないため自分で情報を調べる必要があったり、募集要項と実態が異なったりすることも多く、なかには悪質なブラック企業もホワイト企業に見せかけて求人募集していることもあるようです。

またハローワークを利用して転職活動を行っている方の中には、失業給付金をもらいながらしばらくは自由に過ごしたい、職業訓練を受けてみたい、という方もいるでしょう。これらの制度は非常に大きなメリットにもなりますが、転職市場では就労していない期間が長くなるほど再就職が難しくなるという現実もありますので、注意が必要です。


口コミ

職場の雰囲気やオフィシャル情報として公開されていない企業文化、他の転職者の質問や悩みを知りたい方に向いています。
応募する企業の評判や口コミ情報を見て、リアルな声を聞きたいという方に利用されるネットの口コミサイト。従業員の生の声を知ることができるので有効という声がある一方で、情報の信ぴょう性に欠けるといったデメリットがあります。特に口コミのほとんどはすでに不満を持って退職をした人物であることが多く、悪口が多くなるものです。それに「労働環境が悪い」という書き込みがあっても、それは個人的な意見であって、他の人にとってはそう感じないということもあるでしょう。全て鵜呑みにすることはできませんので、情報の取捨選択に自己判断が求められます。


SNS

昨今は、SNSで採用活動を行うソーシャルリクルーティングが注目されています。このソーシャルリクルーティングは、LinkedInをはじめ、twitterやFacebookといったSNSを通じ、企業が転職ご希望者へ情報提供やコミュニケーションを取る手段として利用されるものを言います。SNSの利用率の高い若年層の転職には非常に有効であり、企業側としては採用コストをかけずに済むため、優秀な人材にコンタクトをとりやすいというメリットがあります。しかし、SNSを通じたやりとりのトラブルも社会問題となっているため、利用には慎重性が求められます。

こうした方法以外にも「働いている社員に直接、話を聞いてみる(OB・OG訪問)」や「IR情報」、「会社四季報・就職四季報」などを参考にする場合もありますが、企業の規模によっては情報収集が難しいものもありますので、志望する業界や企業に適した情報収集を行うようにしましょう。


以上、情報収集に利用できるサイトや媒体などを紹介しましたが、情報収集をする際には「情報の鮮度」「情報源」についてはしっかり確認しておく必要があります。

情報の鮮度

ネット上や雑誌で掲載されている情報が常に新しい情報とは限りません。企業のホームページや新聞・雑誌等のメディア情報、SNSなどを通じて最新の情報には常に目を光らせておきましょう。


情報源

掲載されている情報の情報源についても、信頼できる情報ソースからのものにとどめておきましょう。信頼できる情報源としては、企業人事や転職エージェントが作成する「求人票」や転職サイトの「採用情報」などがあるようです。 一方で信頼の薄い情報源としては、誰が記載したかわからない「口コミサイト」や「ブログサイト」などがあります。これらのページの閲覧は参考程度にしておきましょう。




転職活動を成功させている方の多くは、情報収集に時間をかけています。徹底した情報収集を行わなければ、自分が何をやりたいのかも明確に見出すことができません。それに応募する企業のことを知らずして、転職を成功させることは不可能です。情報収集をしっかり行うことで、企業が求める人材が自分の方向性とマッチしているかを再確認することができるのです。

JAC Recruitmentでは、コロナ禍で変わり続ける転職市場の動向や企業の採用情報を常にアップデートしているので、自分一人では収集できない情報でも、まずはコンサルタントに相談すれば情報が得られます。JACは無料で利用可能なうえ、コンサルタントが転職までのサポートを親身になって行ってくれる大変便利なサービスです。そのため、現在就労している方でも効率的に転職活動を進めることができます。常に企業の最新情報から業界の最新動向、転職市場の今後の展望といった部分までアドバイスしてくれるので情報鮮度は抜群です。 情報収集に行き詰まったら、JACを活用して転職活動をスムーズに進めていきましょう。



転職を考え始めたら、まずは新規登録のうえ、JAC Recruitmentのコンサルタントにご相談を。
お持ちのスキルやご経験、キャリアプランなどを一緒に考え、転職のベストタイミングをご提案します。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み