転職準備

転職の準備でやっておくべきことを紹介|初めての方必見

これから転職活動を始めようと考えている方に向けて、転職活動においてやっておくべき「準備」を段階別にご紹介していきます。

転職を検討中ですか?

今現在、

  • 自分の市場価値を知りたい
  • 今後のキャリアをどうするか整理したい
  • 転職活動を無駄なくスムーズに進めたい

上記のようなお困りごとがございましたら、私たちJACへ相談してみませんか?

各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、JACのコンサルタントにご相談ください。

転職活動の進め方を
相談する


各業界に特化した転職コンサルタントが、
あなたの転職をサポート。
自分でやると手間がかかる企業の情報収集や選考日程調整など、最大限活用しましょう。


転職の準備は何から始める?


転職活動の流れとスケジュール

転職活動は、早ければ退職希望日の6ヵ月前、遅くとも3ヵ月前に始めるのがよいでしょう。

厚生労働省の調査結果によれば、転職活動を始めて退職するまでの期間で、全世代で最も多いのが1~3ヵ月未満となっています。(出典:厚生労働省 令和2年転職者実態調査の概況

転職活動は希望の入社時期から「逆算」してはじめるのがコツです。

退職希望
1ヵ月後
退職希望
3ヵ月後
退職希望
6ヵ月後
転職準備(自己分析・企業研究) 1週間~2週間 1週間~2週間 1ヵ月~2ヵ月
書類作成
(履歴書・職務経歴書)
応募【書類選考】
面接 1週間~2週間 1週間~1ヵ月 1ヵ月~2ヵ月
内定獲得・承諾 1週間程度
退職準備
(意思を伝える)
(引継ぎ・挨拶回り)
1週間~2週間 1ヵ月~2ヵ月 1ヵ月~2ヵ月

上記の図は、退職希望時期から逆算した、転職活動期間の目安です。

逆算して考える場合は、希望退職時期を決め、転職活動にかける予定の期間を決めます。

ただし、転職には明確な期限といったものは存在しないため、むやみに焦ることなく自身のペースやタイミングで進めていくようにしましょう。

転職活動はいつから行うのがベスト?目的別・全体スケジュール

転職活動にかかる期間は? ハイクラス転職は時間がかかる?

転職の準備期間に用意したいものチェックリスト

転職活動を始める前に準備しておきたいもののチェックリストです。

個人のメールアドレスは基本的に必須です。また、パソコンやスマートフォンは情報収集や応募先企業との連絡のみならず、応募書類の作成にも使用できます。

転職エージェントへの登録がおすすめの理由

転職エージェントとは、これまでのスキルや経験、転職先企業に求める条件などを元に、転職に関するアドバイスをしてくれる業者のこと。候補者と企業との間に入って待遇の交渉や、疑問点の解決などを代行してくれる場合もあり、転職の成功をアシストしてくれる存在です。転職エージェントは「案件の豊富な転職エージェント」「専門領域に特化した転職エージェント」「大手の案件が多い転職エージェント」といった具合に会社ごとに強みが異なることもあるので、自分に合った転職エージェントを選ぶことが成功の秘訣です。

転職エージェントの使い方・活用方法

転職活動は何から始めると良い?初めて転職する方必見


各業界に特化した転職コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界における市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向などJACのコンサルタントにご相談ください。


参考自身のキャリア情報を発信する

企業や転職エージェントに向けた自身のキャリア情報の発信も非常に重要です。たくさんの候補者の中から自分を見つけてもらうためには、効果的なアピールが欠かせません。企業や転職エージェントから目を引くような自分のキャリア情報の発信方法を身に付けて、優位に転職活動を進めていきたいところです。

自身のキャリア情報とは、転職サイトや転職エージェント利用の際に必要となる履歴書や職務経歴書、ポートフォリオ、レジュメなどの資料のことです。実は、この情報が転職活動において可能性を広げる重要な一手となるのですが、「どうせ誰も見ていないだろう」と適当に記入したり、すべてが空欄のままになっていたりする方も少なくありません。そのため転職サイトや転職エージェントに登録したら、ファーストステップとして「丁寧に項目を埋めること」を徹底するようにしましょう。

転職準備1:自己分析とキャリアの棚卸し


転職の目的を整理する

転職において、まず押さえておかなければならないポイントは「何のために転職活動をスタートさせるのか?」という目的意識です。
転職活動の目的を明確にするためには、以下のような観点から考察を進めていく必要があります。

・転職の理由:なぜ転職を考え始めたのか
・プライオリティ:転職で優先したい項目は何か
・将来の夢・理想:転職で実現させたいビジョンはどのようなものか


転職活動で重視したい点は、「仕事のやりがいを求めたい」「スキルアップが期待できる仕事に就きたい」「今よりも成果主義の会社に入りたい」「労働時間が自由なほうがいい」「福利厚生が何より重要だ」など、人によって大きく異なります。
まずは、自分が転職に求めている希望や項目を挙げ、「転職に求めるものや、特に優先したい事項は何なのか」という点をクリアにすることから始めましょう。

選考に通りやすい「転職活動の軸」の考え方や伝え方

キャリアとスキルの棚卸し

自分のキャリア情報をまとめる際には、アピール材料を揃えることが重要です。選考における第一関門は書類選考。魅力的な応募書類を作成するためには、自己分析や経歴の棚卸しをするとともに、企業や業界の研究が必須です。

これまでどのようなポジションでどのような経験を積んできたのか、目標達成率や売り上げなどの実績はどうだったのかなどをすべて洗い出します。客観的にこれまでのキャリアを見つめ直すことにより、今後のキャリアビジョンや実績のアピールポイントが明確に見えてきます。

自己分析とは、自分の経験や考え方を整理する作業です。転職就職活動における自己分析の目的は、多角的に自分を分析することで、自分の強み・弱み・やりたいことなどを知り、適切な企業・職種選びにつなげること。自分が本当にやりたいことや、目指したいものが明確になるため、転職時のミスマッチを避けられるというメリットもあります。
自己分析を進めていくうちに、「自分にどんな仕事が向いているのか」「どんなスキル・経験が身についているのか」などを見直すきっかけにもなりますので、欠かさず行いましょう。

キャリアやスキルの棚卸し

転職における自分の市場価値を高める4つの方法

キャリアアンカーで自分の価値観と適職を知る【診断シート付】

転職準備2:情報収集


求人情報の収集

求人情報を集める際には、「自分の興味のある会社」「能力やスキルが生かせそうな会社」など、あらかじめ選んでおいた企業選びのプライオリティに沿って選ぶのがおすすめです。

求人情報を得られる手段には、下記のようなものがあります。
・企業の採用ホームページや転職サイトといったWEB媒体
・求人情報誌や新聞、チラシ、フリーペーパーなどの求人広告といった紙媒体
・転職セミナーをはじめとするイベント
・ハローワーク
・転職エージェント

人によって「どの媒体が使いやすいか・情報収集しやすいか」などは異なりますので、まずはメインで求人を探す媒体を一つ決めておくと良いでしょう。ただし特定の媒体でしか掲載されていない求人情報もあるため、特定の媒体に偏りすぎるのは注意が必要です。

求人票の見方・見るべきポイントを解説

業界・企業研究

企業研究とは、単に企業や業界の情報集めをすることではありません。企業の設立背景や理念、アイデンティティを理解するとともに、同業他社との比較をしながら、「なぜその企業でなければならないのか?」という理由を明確にすることが大切となります。また、「将来その企業に入って目標をしっかり実現できるのか?「やりたいことや求めるものが手に入るのか?」などを緻密に分析していくことが求められます。

転職前の情報収集のやり方や方法を解説

転職時の企業研究はどこまで必要?やり方やポイントを解説

転職準備3:応募・書類選考の準備


自己分析、キャリアの棚卸し、企業・業界研究が一通り完了したら、次は実際に応募に必要な書類を準備するフェーズに入ります。

履歴書・職務経歴書の作成

転職において必要な書類は
・履歴書
・職務経歴書

の2点が基本です。

自分のことを全く知らない人が読んでも理解できるように詳しく記載しましょう。経験やスキルのアピールだけでなく、業務上で工夫したことや改善したことなど具体的に記述してください。数字を交え、説得力ある文章になるよう心がけてください。

履歴書は基本的にどのメーカーの商品でも規格は類似していますが、職務経歴書には定められた形式が無いため、特に転職が初めての方は迷うこともあるでしょう。職務経歴書は「書き方によって選考が左右されやすい書類」とも言われていますので、なるべく魅力が伝わりやすいフォーマットを選んで書くことが大切です。

JACでは、基本的な履歴書、職務経歴書、英文レジュメの書き方の解説や、ダウンロードできるサンプルデータをご用意しているだけでなく、職種別にも職務経歴書の解説やサンプルデータをご用意しております。

「履歴書」書き方の基本マニュアル 見本(サンプル)・テンプレート付き

職務経歴書

転職準備4:面接の準備


まずは書類選考を通過したということに自信を持ってください。あなたの経験・スキル・実績は評価されています。その上で面接選考を行うのは「会わなければ分からないポイント」をお互いに確認するためです。

面接対策

ご自身の経験・スキルを中心に「自分を採用すると企業にとってプラスになる」ということを伝えましょう。 あなたが「この企業は本当に自分に適しているかどうか」を確かめる場でもあります。企業ホームページや求人票の内容との相違や面接官の人柄など、確認するつもりで臨みましょう。
面接は、自分がジャッジされるだけでなく企業のリアルな情報を採用担当者から直接聞ける貴重な場です。面接における立ち位置を「単に自分が質問される立場」だと考えるのではなく、企業とのマッチ度を測る場として臨むことで、より一歩踏み込んだ質問をすることもできます。特に中途採用の面接では、「最後に質問や伝えたいメッセージはありますか?」と聞かれるケースも少なくありません。そうした質問にも的確に答えられるように、事前にしっかり準備しておきましょう。

面接対策

転職面接でよく聞かれる30の質問一覧と回答例

転職準備5:退職・引継ぎ準備


「志望する会社への転職が決まった」「複数の会社からオファーが来ている状態」なったら、転職活動の最後のステップ、退職に向けた準備を行います。
「引き継ぎが難航して入社時期を変更せざるを得ない」「離職票を出してもらえず新しい会社での入社手続きができない」といった退職にまつわるトラブルは数多く存在します。

退職までの日をトラブルなく過ごすためにも、着実にステップを踏みましょう。

退職

【保存版】退職交渉ガイド|切り出し方のコツ・難航したときの対策・メール例を解説

転職準備に不安を感じたらJACにご相談ください


JAC Recruitmentは、採用企業と転職希望者様の双方とのコミュニケーションを、同じ一人のコンサルタントが行う「コンサルタント型」というスタイルを取っています。採用企業と転職希望者様の担当者がそれぞれ異なる「分業型」と異なり、双方のニーズを深く理解したうえで、求人情報をご紹介することができます。

また、求人のご紹介のみならず、経験豊富なコンサルタントによるキャリア面談や履歴書・職務経歴書(レジュメ)の添削、企業を熟知した面接対策などのサポートも全て無料で行っています。

もしお一人での転職準備に不安を感じたら、JACに登録して転職のプロによるサポートをぜひご活用ください。


各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


この記事の筆者

株式会社JAC Recruitment 編集部

株式会社JAC Recruitment

 編集部 


当サイトを運営する、JACの編集部です。 日々、採用企業とコミュニケーションを取っているJACのコンサルタントや、最新の転職市場を分析しているJACのアナリストなどにインタビューし、皆様がキャリアを描く際に、また転職の際に役立つ情報をお届けしています。