公開日:2022/06/10 / 最終更新日: 2022/07/20

  1. メディカル(医療)業界
  2. メディカル(医療)業界×転職事例

アカデミアからメーカーMSLへの転職で年収250万円アップ

Yさん
(男性/20代後半)

業 種
アカデミア
大手外資系医薬品メーカー
職種
研究者
MSL
年 収
550万円
800万円


医薬品業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


任期満了を機に、民間企業の「MSL」に興味を抱いた

大学の研究機関で研究員を務めてきましたが、任期が迫ってきたので次のキャリアを考えました。
今後は任期が定められたポジションではなく、長期的に安定して働きたいと思い、民間企業への就職を検討。
研究職のほか、メディカルサイエンスリエゾン(以下、MSL)の仕事にも興味を持っていました。自分なりにMSLについて調べたところ、これまでの経験を生かし、かつ長く働いていけそうだ……と。
けれど、自分がMSLとして活躍できるのかどうか不安がありました。
JACにはこの領域を専門的に担当するコンサルタントがいるということで、情報を得ようと思いました。

MSLの役割と、企業ごとの仕事内容の違いを理解

コンサルタントの方からは、MSLについての詳細な情報を提供いただき、MSLの役割について理解が深まりました。
求人は、可能性がありそうな案件を30件ほど挙げていただきました。その中には、今の専門領域とは異なるバイオベンチャー企業、ヘルステック企業、診断薬メーカーなどの求人もありましたが、やはりMSLを目標に据えました。MSL求人は10数件。コンサルタントの方から、企業によって異なる「仕事内容」や「積める経験」についての情報を得たので、どの企業なら自分の経験を生かせるかを判断しやすかったです。

自分に合いそうな7社を選んで応募。面接対策では、JACのコンサルタントのアドバイスを受け、自分のバックグラウンドが応募先企業でどう生かせるかをアピールしました。「プレゼン面接」で見られているポイントも聞けたので、適切な準備ができたと思います。
結果、大手外資系医薬品メーカーにMSLとして転職できました。

コンサルタントの目線:求める要件をつかみ、適切なアピールをすれば未経験者にもチャンスがある

Yさんを採用したメーカーは、「MSL未経験者OK」という条件で募集していました。「求める領域の経験を持つ若手を採用し、育成する」という方針だったのです。実際、Yさんは転職先の組織でほぼ最年少です。
これまでの研究対象領域のバックグラウンドが高く評価されました。加えて、コミュニケーション力も備えていらっしゃったことから、プラス評価につながりました。

一口に「MSL」といっても、企業によって採用背景や求める要件は異なります。ご自身の経験とマッチする求人を選ぶことで、転職成功率は高まります。
転職エージェントの中でも珍しい、MSL専門のチームを有するJACだからこそ、最適なマッチングと選考対策をサポートできたのだと自負しています。MSL転職を検討されている方は、ぜひ一度JACにご相談ください。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。


医薬品業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


他転職成功事例


一覧へ


医薬品業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。