1. 転職マーケット×IT(通信/ソフトウェア/SI/コンサルティング)

2022年下半期 社内SEの転職に強い JACによる転職市場動向

コロナ禍でも需要が絶えない社内SE。社内SEは、IT系エンジニアの中でも比較的人気の高い職種といえます。また一口に社内SEといっても企業によって業務内容が異なるため、求められる人材も異なります。そのため、社内SEの転職を検討する際は企業がどういった社内SEを求めているか、ご自身がどういった社内SEでのキャリアを描きたいかを転職時に考えておくことが重要です。また、より良い転職を行うためにも、最新の社内SEの転職市場動向を把握しておくことが不可欠です。

社内SEの転職を数多く成功させてきたJAC Recruitment(以下、JAC)のコンサルタントが、最新の社内SEの転職事情について解説します。


各業界に特化した専任コンサルタントが、社内SEの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


最新の社内SEの転職市場動向


新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、外資系企業や若手の営業職などの求人は減少した時期がありました。一方でコロナ禍におけるテレワーク推進、およびそれを実現させるためのリモート環境構築の急速な需要を受け、社内SEを含むIT人材の需要は増加。また、社内SEの採用を加速させる企業も増えてきています。

また、これまでは大手企業でも年間数名の退職者の後任採用や年間数名の新規採用を行う程度でしたが、「DX推進」をキーワードにDX実行組織が立ち上がり、社内DX・社外DX含めたビジネス×ITを牽引できる人材の獲得競争が大変活況となっています。大手企業をはじめ、中堅中小企業も複数名の社内SEを採用する企業が増えています。そのため、現在社内SEであり、転職を検討されている方にとっては、転職に良い時期であるといえます。

また、ITトップにITコンサルタント出身者を置く企業やCIOやCDOを据える企業が増えており、会社全体として社内のITに対する考えを変えようとしているフェーズに来ています。

社内SEの年収相場 デジタル×ビジネス課題の解決が鍵 


一般的に認知されているPCやサーバーの管理・運用や基幹システムの開発などの役割を担う社内SEの年収相場は、500~700万円程度です。しかし、JACが得意とする、おおよそ35歳以上のミドルクラスや、40代以上のハイクラスの社内SEの場合は600~1200万円になります。また、ERP等の基幹システム導入経験・グローバルプロジェクト経験、クラウドアークテクト経験、RPA/業務改善経験等を有する社内SEの場合は、比較的若手層でも700~1000万円程度の処遇提示となる市況感です。
もちろん情報システム部長やCIOなどのエグゼクティブクラスの社内SEともなると1200万~2000万円の処遇となるケースもあります。

最近の社内SEの転職の傾向としては、業務データ分析等の業務において、データ分析やPythonやR言語等のプログラミングスキル、スマートファクトリー推進経験、サイバーセキュリティ等の技術・経験をお持ちの場合、800~1,000万円程度で採用されるといったケースも出てきています。また、よりビジネス寄りの知見を有し、デジタルと掛け合わせができる人材、ビジネス課題の解決等を実現できる社内SEの方であれば、転職を経て、高年収で迎えられる傾向にあるため、転職を検討することもおすすめいたします。


各業界に特化した専任コンサルタントが、社内SEの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


Topへ

社内SEへのキャリアチェンジ


社内SEへのキャリアチェンジで最も多いのは、Slerやコンサルティングファームからの転職です。SIerなどから、社内SEへ転職、キャリアチェンジの際にポイントになるのが、開発上流工程の経験の有無です。社内SEの業務では、下流の開発工程は外部ベンダーに委託する場合が多くなりますので、プログラミングなどの下流工程よりも、要件定義やアーキテクト設計など、「どういったシステムが必要か?」を判断できるような上流工程の経験があれば、社内SEとしての転職後、即戦力として活躍できます。

また、逆にシステム内製化を進めている企業もあるためプログラミング経験を活かせる社内SEの求人も増えております。ソフトウェアベンダー(自社パッケージシステム開発)から社内SEへのキャリアチェンジするケースもあります。

社内SEの裁量

社内SEの場合は、もちろん納期などは定められているにしても、「何をどのように進めていくのか?」という裁量権をある程度与えられています。これにより自らコントロール領域が増え、それが働きやすさにつながります。加えて、「よりユーザーや意思決定者に近い場所で働く事ができる」「自社のためにシステム導入・管理ができる」点も社内SEの人気の要因です。社内SEは、SIerやコンサルティングファームとは違い、自らが開発したシステムがどのような成果を上げているかを実感できます。そういった点も、社内SEという仕事の大きなメリットでしょう。

社内SEに求められる役割

同じ社内SEでも会社の規模によって求められる役割が異なります。従業員300~500名程度の小規模の企業の場合は、数名~10名程度の人員で全社システムの管理運用等を担います。そのため、各人が担当する領域は非常に広く、インフラ周りからアプリケーションの管理、ヘルプデスクなど多くの業務をこなす必要があります。そこでの社内SEは、幅広いゼネラリストとしての知識と経験が重視されます。自身がどういった仕事を行いたいのか、を考えて転職を検討しましょう。

社内SEの転職事情・将来性


30代および40代の、年代別社内SEへの転職事情には次のような違いがあります。

社内SEの30代の転職事情

30代の社内SEの転職・採用事例は、現在とても多くなっています。30代前半か後半かによっても状況は少し異なりますが、30代前半はポテンシャル採用も含めて、特に転職にチャンスが広がっています。そのため、今現在転職を検討されていない方でも、ご自身の社内SEとしてのキャリアデザインや、転職市場動向、自分の市場価値を知るために、一度転職エージェントへ相談してみることで、自分では気づかなかった可能性に気がつくかもしれません。
経験年数を経るにつれて、よりリーダー経験や即戦力性が求められるケースが多く、経験値は求められていきますが、企業側としては未来の管理職候補として期待値も高く、経験もあり、将来性もある一番ニーズが高い世代と言っても過言ではありません。

社内SEの40代の転職事情

40代の社内SEの転職では経験値・即戦力性・マネジメント経験等が求められます。40代の社内SEの転職で焦点となるケースが多いのが、組織マネジメントの有無やマネジメントを担える人材かという点です。社内SEは、プロジェクトマネジメントの経験をお持ちの方は多いですが、それに加えて組織マネジメントの経験が求められるケースが多いのが実情です。ただ近年、日本も欧米のようにジョブ型採用へと移行傾向にあり「本人が持つスキル・経験によってスペシャリストとして採用する」企業が増えつつあります。上記に加え専門性のニーズも高まってきています。組織マネジメント経験がなくても、専門性があれば良い条件の企業へ転職も可能になってきています。

Topへ

社内SEの転職を成功させるために


領域別に、社内SEの転職成功に向けて準備しておきたいポイントをまとめています。

インフラ領域の社内SE

インフラ領域の社内SEの転職ではサーバーやネットワーク、PCクライアントなどの導入・構築・運用・保守経験が必要になります。また、AWSやAzure、GCPなどのクラウドへの移行や構築経験を持っていると、社内SEとしての採用ニーズは高くなります。

アプリケーション領域の社内SE

アプリケーション領域の社内SEには、人事・給与・会計をはじめ、販売管理や在庫管理システムなどの会社の基幹となるシステムの導入・構築・運用・保守経験が求められます。加えて、SAPやOracle EBSなどのERPパッケージの導入経験をお持ちの場合は、採用ニーズが高まります。グローバルでの導入プロジェクトの経験を持ち英語力のある社内SEの方であれば、転職する際に、年収が100~200万円アップする要素になります。

社内SE転職を成功させるにはPythonやR言語などのスキルも

近年、「データ分析基盤を社内で構築したい」というニーズも増えてきているため、それに適したPythonやR言語などのスキルを磨いておくことも、社内SEでの転職を成功させる上で、良い選択肢になるでしょう。

社内SEのキャリアパス


社内SEのキャリアパスとして、まず第一に、自社内の情報システム部門で成果を出し、マネージャーから部門長、最終的にはCIOを目指すというキャリアが挙げられます。その他、マネジメントコース・スペシャリストコースと人事制度を設けている企業もあり、専門家としてキャリアアップしていく社内SEの方もいらっしゃいます。その他、社内のDXを推進する部門へ転属、ITによるビジネス変革を実践することでキャリアを積まれる方もおられます。一方で転職先として、社内SEからSIerやコンサルティングファームなどへ転職されキャリアを積まれるという方もいらっしゃいます。

社内SE求人の専門チームを持つJACに1度転職のご相談を


JAC では、業界や職種に精通したコンサルタントが、求人企業と日々コミュニケーションを取っており、最新の社内SEの転職市場動向を把握しています。また、社内SEの転職希望者様に対しては、選考通過しやすい職務経歴書の準備や面接の取り組み方についてのアドバイスはもちろん、ご自身がうまく気付けないような強みや特技を発見するお手伝いを行い、社内SEへの転職を成功に導きます。

また、JACには、エグゼクティブやハイクラスの方、35歳以上のミドル・ハイクラス層の即戦力とされる方のご紹介や転職支援の実績が多数あり、それが強みとなっています。さらに、JACでは1人のコンサルタントが企業側と候補者側の両面をサポートする仕組みを採用しています。転職を希望される方に企業が「何を期待されているのか」を適切に把握し、転職希望者様に募集の背景や組織体制、課題など判断に必要な情報をお伝えできるメリットがあります。

企業担当とご登録者担当に別れる分業型の転職エージェントの場合はコンサルタント1人で100~200社程度を担当することが多いのですが、JACのコンサルタントが担当するのは5~20社程度になります。そのため、各社が求める人材の要件から社内カルチャーに至るまで、転職希望者様にきめ細かい情報をお届けできます。

JACには「社内SE求人の専門チーム」もございます。社内SEへのご転職を考えている方は、ぜひ一度、JACのコンサルタントに転職についてご相談ください。


各業界に特化した専任コンサルタントが、社内SEの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


社内SE職関連の転職アドバイスQ&A


社内SE職関連の転職成功事例


社内SE職関連の職務経歴書の書き方



各業界に特化した専任コンサルタントが、社内SEの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。