公開日:2022/06/23 / 最終更新日: 2022/07/06

  1. メディカル(医療)業界×転職事例

【医療機器マーケティング 転職】日系から外資系への転職で年収250万円アップを実現

Mさん
(男性/40代後半)

業 種
日系大手医療機器メーカー
外資系医療機器メーカー
職種
マーケティングマネージャー
アジアマーケティングマネージャー
年 収
850万円
1100万円


医療機器業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


マーケティングのキャリア+生涯年収をキープしたい

日系大手医療機器メーカーで長年マーケティングを手がけてきました。しかし、社内異動によりマーケティング領域から離れざるを得なくなったのです。私としては今後もマーケティングとしてのキャリアを継続したいと考え、転職活動を始めました。

マーケティング職であれば、商材や対象市場、企業規模などにはこだわらず幅広く検討するつもりでした。

ただ、将来のライフプランを現職の退職金込みでシミュレーションしていたので、退職金制度がない企業に移ることになった場合は、退職金分を組み込んだ年収額を確保したいと考えていました。

社長面談で手応えを得て、立ち上げ間もない外資への転職を決断

JAC Recruitmentに相談したところ、コンサルタントの方からは日系・外資系、両方の提案を受けました。

その中で興味を持ったのが、外資系医療機器メーカー・A社です。前職でのアジアマーケティングの経験が生かせるポジションでした。しかし、A社は日本拠点立ち上げから日が浅い企業であり、日系大手から移って風土になじめるのか、求められる役割を果たせるのか、不安がありました。それでも、社長面談を含め、計6回の面談を組んでいただいたことで不安点が解消され、納得して決断できたのです。

コンサルタントの方からは、A社が選考で重視するポイントについてアドバイスを受け、適切な準備をしてプレゼンすることができました。結果、年収250万円アップもかないました。

コンサルタントの目線:企業との密なコミュニケーションにより最適なマッチングを

Mさんは主に海外マーケティングを手がけていたので、外資系企業からは「日本のマーケットについてよく知らないのではないか」と思われる可能性がありました。そこで、Mさんがマーケの前の営業担当時代に日本のマーケットの知見を養っていること、アジアマーケティングの経験がアジアヘッドクォーターのマネージャーポジションで生かせることをポイントにA社とのマッチングを行いました。

Mさんのように転職先を幅広く検討したい方に対しては、これまでのご経験がどの企業で生かせるかを考えて選択肢をご提案しています。私たちはA社の社長とも直接やりとりを行っていたので、求める人材像の詳細を把握しており、Mさんの経験が生かせると判断したのです。

選考途中、A社サイドがMさんを高く評価し、採用意欲が高いことをつかんだタイミングで年収交渉も行い、希望以上の額のオファーを出していただくこともできました。

このように企業と密接なコミュニケーションをとっていることも、私たちJACのコンサルタントの強みの一つです。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。


医療機器業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


医療機器業界 他転職成功事例


一覧へ


医療機器業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。