1. メディカル(医療)業界
  2. 転職マーケット×メディカル(医療)業界

CRA(臨床開発モニター)の転職事情や評価されるスキルを解説

製薬メーカーのパイプラインの増加を背景に、メーカー・CROともにCRA(臨床開発モニター)の求人が増えています。メンバークラスからシニアクラスまで幅広いポジションの求人があり、「グローバルスタディの経験を積む」「最先端領域の経験を積む」「年収アップ」など、志向に応じた転職がかないやすい環境です。変わりゆくメディカル業界におけるCRA(臨床開発モニター)の転職市場動向について、業界に精通している、JAC Recruitment(以下、JAC)のコンサルタントが解説します。


製薬業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


CRA(臨床開発モニター)の転職事情


日系・外資系ともに製薬メーカーのパイプラインが増加していることを背景に、CRAの求人が増えています。
製薬メーカーとCRO、それぞれの採用動向をお伝えします。

製薬メーカーの採用動向

製薬メーカーは、治験をCROにアウトソーシングする企業と自社内で手がける企業とに分かれています。
自社で手掛ける企業ではCRAの採用を行っており、求人数は増えています。採用枠は数名と限られており、CRAとしての高い経験値や実績をお持ちの方が求められます。

CROの採用動向

CROでは、数十名規模の大型採用を行うケースもあります。
リーダー経験を持つ方を歓迎しますが、メンバークラスのニーズも高く、CRA経験2年程度以上あれば評価の対象となります。

外資系CROでは、特定の製薬メーカーの専属チームを設けて、そのメーカーのモニタリング業務を一括受託する「FSP(Functional Service Provider)」モデルを強化。受注が拡大しており、FSP部門でもCRA採用を行っています。求められる要件は通常のCRA採用と同様です。
CROでは通常、さまざまな試験を経験しますが、1社に絞り、メーカーに近い働き方を志向する方にはFSPモデルがマッチするでしょう。

志向に応じた転職が可能

最近のCRAの転職事例では、CROからCRO、あるいはCROからメーカーに移るケースが多く見られます。
求人の選択肢が多い現在は、次のような目的・志向がかないやすい環境といえます。

●新たな領域の経験を積みたい

近年の開発で増えているのは、オンコロジー領域。また、希少疾患や中枢神経系(CNS)も増加の傾向が見られます。これらの領域の経験を積みたいけれど、自社のパイプラインにはない、あるいは異動が難しい……といった場合、転職によってかなえられるチャンスがあります。

●グローバルスタディの経験を積みたい

グローバルな治験が主流となっている中で、グローバル治験の経験を積みたいという方も多いです。そのため、ローカル治験が中心の日系CROから、グローバルスタディを多く手がけるCROへ、移る方が多くいらっしゃいます。

●年収を上げたい

転職によって年収アップを狙うことも可能です。
目安として、年収5%~10%程度アップとなるケースが多数(例:年収500万円であれば525万円程度)。
日系CROから給与レンジが高い外資系CROに移れば、年収10%程度アップも実現しやすくなります(例:年収500万円であれば550万円程度)。

●フレキシブルな働き方がしたい

在宅勤務制度やフルフレックスタイム制度など、フレキシブルな働き方を求めて転職するケースも見られます。
コロナ禍を機に、新たに在宅勤務やフレックスなどの制度を導入する企業が増加したため、この希望はかないやすくなっています。遠隔地からの就業も、企業に交渉しやすくなっています。


製薬業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


「リモートモニタリング」「バーチャル治験」が普及へ

コロナ禍により、モニタリング業務の在り方も変化しました。施設に足を運ぶことなく治験を行うリモートモニタリング、バーチャル治験なども取り入れられるようになっています。

今後普及していく可能性がありますので、こうした働き方に興味がある方は情報にアンテナを張っておいてはいかがでしょうか。情報収集の場として、JACを活用されている方も多くいらっしゃいますので、お気軽にご相談ください。

CRA(臨床開発モニター)の採用で評価される経験・スキル


CRA(臨床開発モニター)の採用選考において評価されるポイントをお伝えします。

グローバルスタディの経験

近年、グローバルスタディ「グローバルスタディ」が非常に増えています。これらの経験は、メーカーでもCROでも求められる要件となっています。
マニュアル・報告書が全て英語であるうえ、グローバルが主体となってプロジェクトを進めるため、タイムラインが非常にタイトになり、スピードが必要となります。
また、ICH-GCP遵守のために入手しなければならない書類が多い、報告事項が多いなど、業務量もローカルとは大きく異なるため、グローバルスタディの経験が求められています。

大学病院・がんセンターなどでの対応経験

どのような施設を対象としてきたのかも注目されるポイントです。難易度が高いといわれる施設――大学病院やがんセンターなどでの経験を持つ方がプラス評価をされます。
こうした施設では、施設側が定める細かなルールに対応する必要があり、タイムラインも厳しいためです。
CROの場合も、間にSMOが入っていない場合は自分たちで対応する必要があるため、経験を持つ方が求められます。

業務を円滑に進めるための英語力

グローバルスタディに携わる文書が全て英語なので、読み書きの能力は必須とされます。
会話力はそれほど必要とされませんが、外資系企業であればポジションアップにともなってグローバルとのテレフォンカンファレンスなどが増えるため、ゆくゆくは会話力も必要となります。
外資系に転職する場合、入社時点では読み書きレベルの英語力で可とされても、入社後に会話力を磨いていく姿勢が求められます。


製薬業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


症例獲得のために工夫した経験

症例数の目標を達成した経験について、症例獲得のためにどのような工夫をしてきたかが問われます。難易度が高い試験ほど、どのような計画を立て、実践していったかを具体的にアピールできるようにしておくといいでしょう。

試験の立ち上げの経験

工数が多く、試験の成否にかかわる重要なフェーズである試験の立ち上げ経験は重要視されます。このような経験は、職務経歴書で伝わるようにしておくことをおすすめします。

主体的な行動力・セルフマネジメント力

パーソナリティの面では、受け身で業務をこなすだけでなく、主体性を持って動けるかどうか、学習機敏性やリーダーシップなどが重視されます。 リモートワークが増えてきている現在は、周囲の目がない環境下であっても自走できるセルフマネジメント力も見られています。

CRA(臨床開発モニター)のキャリアプラン


CROにおいてCRAとして経験を積むと、試験のマネジメントを行うスタディマネジャー、次にプロジェクトを横断的にコントロールしていくプロジェクトマネジャーへステップアップしていきます。
あるいは、CRAをマネジメントするラインマネジャー、さらにダイレクターレベルにポジションアップしていく道があります。

製薬メーカーにおいては、理系修士・博士などサイエンスのバックグラウンドを持つ方であれば、CRAから、「クリニカルサイエンティスト」として、治験の企画・立案といった上流工程を担うキャリアや、「プロジェクトマネジャー」として試験全体のマネジメントを行うキャリアもあります。

メディカルサイエンスリエゾン(MSL)に移る方も

キャリアチェンジのパターンとしては、メディカルサイエンスリエゾン(MSL)に移る方も増えています。
KOLと呼ばれる影響力が高い医師とコミュニケーションをとり、自社の製品情報を提供する仕事ですので、サイエンスのバックグラウンドを持つ方がキャリアチェンジを果たしています。

このほか、日系CROを中心に、ファーマコビジランス(PV)といった安全性領域、メディカルライティング、レギュラトリーアフェアーズ(薬事)、監査、DMなどのポジションに移る道もあります。

「IT×医療」への興味が強い方は、医療用アプリなどを手がけるヘルステック企業、医療機器の開発職などに転職するケースも見られます。

転職を希望どおりに進める方法


まずは、ご自身の経験を整理し、強みを認識することが大切です。そのうえで、その強みを求めている企業を選ぶことで、納得のいく転職につながります。
JACのコンサルタントは、経験内容や強みの整理、強みを生かせる企業やカルチャーがフィットする企業のご提案、面接対策などをお手伝いします。

また、JACでは、CRA(臨床開発モニター)に専門特化したチームを設けています。この体制は、数ある転職エージェントのなかでも稀有といえるでしょう。
専門コンサルタントは、職種についてより深い知識を持ち、マーケットの最新トレンドを常に把握しています。求人企業側とも密にコミュニケーションをとっているため、各社の採用背景、求める人物像もつかんでおり、その情報をもとに適切なマッチングが可能です。

私たちは中長期視点でキャリアを捉え、転職市場や転職希望者の方の市場価値などを踏まえ、現時点での最善な選択肢をご提供します。そのため「今すぐには転職せず、現職で経験を積んだ方がよい」というご提案をすることもあります。
転職するかどうかを迷っている段階でも、お気軽にご相談ください。


製薬業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


Topへ

製薬業界関連の転職アドバイスQ&A


製薬業界関連の転職成功事例


製薬業界関連の職務経歴書の書き方 サンプルダウンロード付き


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。