公開日:2022/06/08 / 最終更新日: 2022/07/19

  1. メディカル(医療)業界×FAQ

GVP・安全性情報の転職Q&A。転職を成功させるためにすべきこととは?


医薬品業界の転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


Q.GVP・安全性情報として転職する場合、年齢は影響しますか?


A.GVP・安全性のポジションは、20代から60代まで幅広い年代の転職事例があります。比較的長く活躍できるポジションといえます。企業が求める要件とご自身の経験・スキル、しっかりとマッチングを図ることで、年齢に関わらず転職のチャンスがあります。

年齢を重ねたとき、どのような力を求められるのかを理解し、それを早い段階から身に付けるように意識すれば、可能性はより広がるでしょう。

Q.40代でGVP・安全性情報として転職する場合、どういった点が重視されますか?


A. 経験の「深さ」あるいは「広さ」、どちらの軸にしても「自分のコアスキルはこれ」としっかり語れるかどうかが重視されます。

また、リーダーシップやマネジメントなど、プロジェクトの「推進力」も求められるようになります。

与えられた役割をこなすだけでなく、業務改善などの提案・実行を主体的に行ってきた方がプラス評価されます。

Topへ

Q.50代以上でGVP・安全性情報としての転職は可能でしょうか?


A.50代以上での転職事例は複数あります。チームマネジメント、ピープルマネジメントなど、マネジメント経験を生かすことで転職のチャンスがあります。マネジメント経験がなくても、若手をトレーニングできるだけの知識・経験を持ち、柔軟性がある方であれば受け入れられるでしょう。

メーカーからメーカーへの転職のほか、メーカーで役職定年を迎えた50代の方がCROへ部長職などで転職するケースも見られます。

Q.GVP・安全性情報としての転職する場合、ワーキングマザーは不利でしょうか?


A.GVP・安全性は、女性が多い職種です。出産後も経験を生かして働き続けられるよう、多くの企業がフルフレックスやリモートワークなど、働きやすい制度を導入しています。そうした制度を利用し、繁忙期でも時間をコントロールしながら働いているワーキングマザーは多数いらっしゃいます。役職に就いている方も少なくありません。経験者のニーズが高い職種ですので、ワーキングマザーであることが選考で不利になることはまずないと言っていいでしょう。


医薬品業界の転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


医薬品業界関連の転職Q&A


医薬品業界関連の職務経歴書の書き方 サンプルダウンロード付き