公開日:2022/06/14 / 最終更新日: 2022/06/20

  1. IT(通信/ソフトウェア/SI/コンサルティング)×FAQ

SaaS営業の転職Q&A。転職を成功させるためにすべきこととは?


SaaS営業の転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


Q.どういった経験があれば、転職成功できますか


A.企業からの評価が高い経験は以下の3つです。
1.新規開拓の実績
成長期のベンチャー企業が多いため、マーケットを自ら開拓した経験はどういった業界であれ高く評価されます。
2.エンタープライズ市場での営業経験
中小企業向けに特化したSaaSを除き、多くのSaaS企業がトップシェアを確保するために大企業の顧客開拓を進めています。大企業の動き方を熟知されている方や大企業出身者、大企業とのコネクションがある方は転職でも有利にはたらくでしょう。
3.スピード感を持ってPDCAを回した経験
SaaS企業の動きは非常に早く、仮説通りに進まない場合にはすぐに軌道修正するといった臨機応変な対応が欠かせません。

Q.40代以降の転職は、難しいでしょうか。また、難しい場合、どういったことをすれば転職ができますか


A. 40代の方も転職は可能です。JACでも40代の方の転職事例は年々増えています。40代以降の転職では企業が求める人材の要件とご自身の経歴が本当にフィットしているか、そして企業がミドル層の人材を求めているかを見極めることが重要です。近年、SaaS系企業の求人が急増していることもあり、転職エージェントによってはミドル層の採用を行っていなくても求人を紹介するケースがありますので、企業のニーズをしっかり理解した転職エージェントを利用するようにしてください。
またミドル層の特徴として経験が豊富であるがゆえに話が長くなる傾向があります。まずは結論から伝え、その根拠や理由を先方が求めている要件を意識しながら端的に伝えるようにしましょう。こうした対策をする意味でも転職エージェントの利用は非常に有効です。

Q.SaaSの業界の魅力や、今後の将来性について気になります


A.SaaS業界は、年々規模を拡大しています。実際に2025年度のSaaS市場規模は2020年度の約2倍とも言われており、これからSaaS業界を目指したいという方にとっても申し分ない業界であると言えるでしょう。SaaS系のサービスは明確な課題に対してのソリューションをシンプルな仕組で安価に提供する点に特徴があります。すなわち、大企業から中小企業に至るまで共通の課題を解決できるSaaSであれば、一気に市場のトップに躍り出る可能性があります。また近年はIPO(新規上場)を果たすSaaS企業も増えており、この勢いは当面の間は続くと予想されます。

Q.他業界からの転職は可能ですか


A.SaaS業界の歴史が浅い事もあり、他業界から転職される方のほうが圧倒的に多いのが実情です。
他業界からSaaS企業へ転職する場合には現職との親和性があるソリューションを選ぶことをお勧めします。
例えば、広告代理店にお勤めの方であればデジタルマーケティングに関連したSaaS、小売業界にお勤めの方であれば小売×DXのSaaSなど、これまでの知見が活かせる企業をSaaSの中身で選ぶと良いでしょう。

Q.年収UPは可能ですか


A.多くのSaaS企業が成長期のベンチャー企業ということもあり、入社時に大幅に年収がアップするケースは少ないといっていいでしょう。基本的には現年収+αでの提示が基本となります。

一方で成長と共に給与体系やボーナスも変動しますので、企業によっては年俸の見直しが年1回ではなく複数回ある企業や、成果主義に基づいて実績を出した社員には年収アップやストックオプション付与などの報酬で報いるケースもあり、入社後に年収がアップする方は少なくありません。


SaaS営業の転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


SaaS営業職関連の転職Q&A


SaaS営業職関連の職務経歴書の書き方(サンプルダウンロード付き)