position
position

HRBPの転職Q&A。転職を成功させるためにすべきこととは?

  1. 管理部門(経理/人事/法務)×FAQ

公開日:2022/06/10 / 最終更新日: 2022/06/20


HRBPの転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


Q.「HRBP」にはどのような方が向いていますか?


A. 人事職というと「管理する仕事」をイメージする方も多いのですが、HRBPは「営業」に近い仕事であるといえます。事業部が掲げる目標に応じ、自身も「目標達成」の意欲を高く持つこと。マネジメント層や現場の課題やニーズをつかみ、課題解決に取り組むこと。関わる人々の懐に飛び込み、信頼関係を築いて、改善や変革のプロジェクトも推進していくこと――こうした役割にやりがい、喜びを感じる人に向いているといえるでしょう。
経営に近い立ち位置で仕事をしたい方、いずれ「CHRO」を目指したい方にマッチするポジションです。

Q.「HRBP」に転職するにあたり、日系と外資系で違いはありますか?


A. 仕事内容には大差ありませんが、組織体制の違いで役割範囲が変わります。日系大手企業などではトップの指示に従って業務を動かす一方、外資系企業では日本法人での戦略を全面的に任されるケースもあります。
なお、外資系の求人ではHRBPとしての専門性を求められる一方、日系企業の求人では、人事経験があればHRBPの経験はそれほど問われません。
もちろん、外資系では英語力も求められます。ただし、入社時点では初級レベルの英語力でも、入社後に磨いていく意欲があればチャンスはあります。

Q.「HRBP」にはどのようなキャリアパスがありますか?


A.日系企業と外資系企業では、キャリアパスの傾向に違いが見られます。
外資系では、HRBPとして長くキャリア積んでいく方が多く、大手であれば事業部を変えてHRBPとしての専門性を発揮していくこともあります。一方、CHROやHRディレクターのポジションを目指す道もあります。

日系企業は、HRBPに関してはまだ歴史が浅く、新しい組織が多いため、明確なキャリアパスの事例は豊富でありません。

Q.「数字の強さ」は、「HRBP」のポジションで生かせますか?


A. 数値分析のスキルについては、生かせるかどうかは企業によって異なります。
数値ベースで議論するカルチャーがある企業であれば、採用の際に必須スキルとされ、強みを生かせるでしょう。一方、数値を出しても、トップの感覚的な判断によって物事が進む企業であれば、ジレンマを感じるかもしれません。
とはいえ、本質的には必要な力ですので、さらに磨き、選考のアピールすることは有効といえるでしょう。


HRBPの転職動向に詳しいコンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


HRBP関連の転職Q&A


HRBP関連の職務経歴書の書き方(サンプルダウンロード付)