公開日:2021/11/05 / 最終更新日: 2022/05/12

  1. 外資系企業×転職事例
  2. 海外×転職事例
  3. 金融業界
  4. 金融業界×転職事例

不況下に海外MBAの経験、語学力を活かせる職場への転職を実現

U.A(女性/30代)

業 種
外資系証券会社
投資運用会社
職 種
ミドル・バックオフィス
オペレーションマネージャー
年 収
非公開
非公開


金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


不況の影響で会社の業績が悪化。将来への不安から転職を決意しました。

大学を卒業してすぐに入った日系の証券会社での勤務後、海外でのMBA取得を経て、外資系の証券会社に勤めていました。ミドル・バックオフィスのポジションで働いていて、そこでの仕事にはそれなりにやりがいもあり、特に不満もなく、その時は転職のことなど少しも考えていませんでした。しかし2008年の金融危機にはじまる不況の影響で、会社の業績は著しく悪化、いっきに先行きが不透明になり、転職活動を始めざるを得ない状況になってしまったのです。
実際に転職活動を始めてみると、当時の金融業界の落ち込みは相当なもので、私の経験が活かせる求人なんて皆無に等しい状態でした。大手を含めたほとんどの企業が採用を抑えており、ネットを探しても雑誌を探しても見つからないという状態。金融業界への転職はほぼ諦めてかけていたのですが、最後にダメもとでJAC Recruitmentに登録をしたのです。
JACの面談に行ってはみたものの、仕方がないことなのかもしれませんが、金融業界の求人案件は多くありませんでした。国内の業界の動向は惨憺たる状態で、興味を惹かれる求人はほとんどありません。ただ、その中でも1つだけ、目を引く求人があったのです。それが今働いているシンガポールの投資運用の会社でした。

専門性を磨ける職場というのも転職をする上での条件でした。

その企業は規模的に中堅クラスの会社で、条件的に私が希望する会社ではなかったのですが、コンサルタントの方の話によると、今までの経験が活かせ、しかもやりがいもありそう。それにシンガポールの会社なので英語も活かせます。自分でも求人票を詳しく見て考えた結果、その会社に応募しようと思ったのです。
そう決めてからは、情報収集に力を入れました。JACのシンガポール拠点のコンサルタントの方の力も借りながら、現地の情報を集め、求人票どおりの仕事ができるかどうかを確かめました。色々と調べ、会社のことを知れば知るほど、応募意欲は高まっていき、最終的にその企業に応募。数回の面接を経た後、内定を獲得、入社することを決めたのです。

アジアの現地採用としては破格の年収を獲得することができました。

今は、シンガポールでの研修期間を終え、その会社の日本オフィスで働いています。金融業界への転職はほとんど諦めていたので、ここに転職できたことは非常に嬉しく思っています。年収の面でも破格の600万円以上のオファーをいただき、とても満足しています。聞けば、アジアの現地採用としては極めて大きい数字だそうです。私が当初想定していた500万円でも大きい数字と聞きましたので、そこから年収交渉をしてくれたコンサルタントの方にはホント感謝です。それだけ私を評価してくださったのだと思います。ともあれ、日本国内案件と寸分変わらぬ年収とハイポジション、日本では経験できないアジア市場での経験、語学をフルに活かせる環境を手に入れることができた点、私の転職は成功だったと思います。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。


金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


他転職成功事例集


一覧へ


金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。