公開日:2021/10/21 / 最終更新日: 2021/12/07

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント×管理部門

アカウンティング&ファイナンスディビジョン  岩橋

書類や面接の通過率を意識した対策に力を入れています

岩橋写真

【得意分野】 管理部門(経理、財務、人事、法務、総務、経営企画等)

Profile
入社以来約15年間、一貫して管理部門の転職を支援。延べ3000人以上の求職者と面談してきたプリンシパルコンサルタント。前職は法律系・会計系資格試験予備校で弁護士や公認会計士本試験対策の指導を10年以上にわたり経験。豊富な法律、会計系知識をベースとして、管理部門の転職における精度の高いコンサルティングサービスを展開している。

得意分野


管理部門(経理、財務、人事、法務、総務等)


管理部門のミドルからマネージャー、管理部長や人事部長、法務責任者まで幅広く転職をサポートしてきました。業界を横断して転職できるのが管理部門人材における転職の特徴です。

成功させるには、それまで積み重ねてきたキャリアがとても重要になります。つまり、やりたいことに紐づく経験があるかどうかがとても重要になるというわけです。出来ることを強みとして、即戦力として仕事ができるのかを企業は見ています。

キャリアアドバイザーとしての経験をもとに、私が担当するご登録者向けの初回面談ではレジュメ添削はもちろんのこと、キャリアステージにあった転職先の選び方、さらにはレジュメに記載のない部分においても強みを引き出し、転職をサポートしていきます。

メッセージ


キャリアステージとライフステージを意識したコンサルティングを心がけています。


転職はリスクだと聞くことがありますが、本当にそうなのでしょうか?
我々エージェントは、そのリスクと思われる「見えない不安」を可視化することで、想定外を最小限にする役割を持っていると考えています。聞いていない、知らなかったということを、一つでも二つでも可視化していくことで、転職ご希望者様の決断は不安から希望へとつながると考えています。時には転職が選択肢にならないケースもあり、お薦めしないこともあります。

採用企業様とのヒアリングでは、募集背景や企業のフェーズ、これから向かっていく方向やビジネスプラン、面接官の特徴から採用に至っていないボトルネックをさまざまな角度から共有しています。時には採用部門の責任者や取締役クラスとのミーティングを通して企業理解を深め、採用における精度を高めていきます。このような活動を通して採用企業のニーズをもっとも理解しているエージェントとして、皆様のご転職をサポートしています。