ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

会社の成長を支える管理部門で採用が活発化

日系メーカーのグローバル案件や外資系企業の日本進出案件が増加
神奈川県内の多くの企業で経理・人事・総務・法務といった管理部門を積極的に増強する動きが目立っています。
多くの日系メーカーや、メーカー関連の物流企業、エンジニアリング企業では海外進出が加速するビジネス環境の中で、海外新拠点の立ち上げ・既存拠点の利益確保・現地化に伴うグローバルでの統制強化など様々な課題を抱えています。そのため、最近では以前に増して海外子会社管理(管理会計)、海外人事(駐在員人事制度・海外子会社内での人事制度企画・グローバル人材開発)、経理(海外子会社との連結決算業務)、国際法務などのグローバル化に対応するための募集が多くみられます。
一方、外資系企業は回復する日本経済、内需拡大に伴い、日本への投資見直しの動きが出てきています。リーマンショック以降続いていた日本撤退から一転し、対日投資を増やし組織拡大を図る企業や新たな進出企業が徐々に増えてきています。
元来、神奈川県は外資系企業数が多いエリアであり、昨今では羽田空港の国際化によって、より一層、海外との窓口として注目されています。また、官民共に積極的な誘致をしており、優良外資系企業が多く存在します。そのような外資系企業では一般社員層から次世代リーダー、コンフィデンシャルで採用が進む管理職者の採用など、幅広い層で人材強化を考える企業が増えています。
即戦力人材としての活躍
管理部門のようなスペシャリストの職種の場合、資格の有無が注目されがちですが、あくまでも資格は目安であるという判断をする企業がほとんどです。それよりも、日系・外資系問わず、日々刻々と変化するビジネス環境の中で、社内外双方に対しコミュニケーションをとり、業務・ミッションを遂行することが求められています。
業務スキルとしては管理部門の中途採用は即戦力を求めるケースが多く、今までいかに実務を経験してきたか、その経験を新たな環境である転職先でも同じように活かせて、今まで以上に発揮できるか、さらにスキルレベルを伸ばせる可能性があるかということを見ている企業が多いように思えます。
日系企業 ~ 進むグローバル化、語学は習得意欲が大切
最近では日系でも語学力を求められることが多くあります。全世界のヘッドクオーターとして各拠点をリードする必要性が高まっているからです。そのため、海外とのコミュニケーションが可能なバイリンガル人材に注目が集まりますが、実際は高い英語レベルだけを求めているわけではありません。実務重視で語学は最低限素養があり、入社後に学ぶ意欲があれば活躍できるといった企業も多くあります。将来的に海外駐在をしたい、海外と関わりを持ちたいという管理部門スペシャリストの方はあくまでも実務経験を武器に自己PRをしていただくと良いでしょう。
外資系企業 ~ 多様性と相互理解
多国籍の人材をリードし、海外文化を理解した上でマネジメントが出来るような人材が求められます。 外資系企業では、社会背景や慣習、法規制、宗教などが異なる、多様性に富んだ組織の中でパフォーマンスを発揮することが必要です。そのためには、考え方の違いを考慮した上で、相手の特性に合わせたコミュニケーション技術が必要になります。特に神奈川県の企業は中小規模の外資系メーカーが多く、早い段階で海外の部門責任者とのやりとりを求められることがあります。業務スキルと合わせて、海外関係拠点とコミュニケーションが取れる、論理的な表現力が求められます。
>> 神奈川/管理部門の外資系企業求人はこちら
>> 神奈川/管理部門の日系企業求人はこちら

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク