40代の転職成功事例|営業から未経験の事業企画への転身

  1. 40代×転職事例
  2. 事業企画職
  3. 化学メーカー(化学/素材業界)×転職成功事例
  4. 年収900万円以上×転職事例

公開日:2022/06/27 / 最終更新日: 2024/07/05

Hさん(男性/40代後半)

業 種
大手素材メーカー
大手素材メーカー
職 種
営業統括
新規事業企画
年 収
920万円
990万円

化学業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


営業部門で「事業提案」を経験し、面白さを実感。事業企画への転身を目指す

大手素材メーカーで営業部門に勤務していました。新規市場開拓を担い、顧客に対して自社の材料を活用した新しいビジネスの提案などを行ううちに、「新規事業創出」に特化してキャリアを積みたいと考えるようになったのです。しかし、自社は新規事業に注力する方針ではなかったため、転職を視野に入れ、情報収集を始めました。しばらくの間、希望に合う求人案件に出会えずにいたのですが、JAC Recruitmentのコンサルタントの方と対話する機会があり、まさに求めていた求人を1社、紹介いただきました。

過去の経験を深掘りし、面接で「具体的なエピソード」を語って成功

このチャンスを逃すわけにはいかないので、選考対策は綿密に行いました。面接での受け答えをコンサルタントの方にチェックいただいたところ、抽象的である点、面接官に響き難い点を指摘されました。そこで、コンサルタントとの対話を通じて、過去に経験した具体的なエピソードを掘り起こしていきました。このエピソードを面接でプレゼンし、「これまでの経験を御社の新規事業企画ポジションで生かせる」というアピールに説得力を持たせることができました。また、採用企業への事業の提案書もパワーポイントで作成して提出しました。こうした対策が実り、新規事業企画の素養が認められ、転職を実現できました。

コンサルタントの目線:経験豊富な人ほど、採用企業のニーズに合わせたアピールが重要

ご紹介した1社は、Hさんの前職と同業であり、これまでの経験を生かせる可能性がありました。しかし、営業から事業企画への転換ということでハードルは高く、経歴の「見せ方」によって合否が左右されると感じていました。Hさんと面接対策のすり合わせをしていたとき、Hさんはご自身の経歴の「全体像」を伝えることに意識が傾いていました。そこで、より具体的な「場面」にフォーカスして、どう考え、どんな行動をとったのかを具体化。それを面接で伝えたことで、採用企業も入社後の活躍ぶりをイメージすることができたのです。

新規事業企画のポジションでは、新たな発想力はもちろん、事業部を横断して、多くの人を巻き込みながらプロジェクトを推進していく力が求められます。面接ではそれをアピールすることが重要であり、Hさんも周囲を巻き込み、連携した経験を伝えたことで、採用に至りました。

30代~40代の方々は多くの経験をお持ちですが、それを全て伝えようとするよりも、企業に求められている要素を理解し、自身の経験の中のその要素を伝えることが大切です。 私たちコンサルタントから、「企業が求める要素」をお伝えしますので、選考対策にお役立てください。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。


化学業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


事業企画職の転職関連情報


転職に役立つ、事業企画職の転職成功事例や職務経歴書の書き方・よくある質問も合わせてご確認ください。

この記事の筆者

株式会社JAC Recruitment 編集部

株式会社JAC Recruitment

 編集部 


当サイトを運営する、JACの編集部です。 日々、採用企業とコミュニケーションを取っているJACのコンサルタントや、最新の転職市場を分析しているJACのアナリストなどにインタビューし、皆様がキャリアを描く際に、また転職の際に役立つ情報をお届けしています。