ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職エージェントがアドバイスする面接対策

転職活動の中で重要となるのが、企業と直接対面することになる「面接」の場面がその一つ。面接で聞かれる内容は企業によって多少の違いはあるものの、概ね同じです。そのため、想定質問集や企業特有の内容を事前にチェックしておくことで、内定を獲得する確率を高められます。
なかでも、転職エージェントJAC Recruitment(以下、JAC)が無料で対応している面接対策では、応募する企業で質問される傾向をお伝えできるので、対策が立てやすいのが特徴です。

ここでは、JACで面接対策を受ける際のポイントや、企業との面接時に気を付けておくべき注意点などを見ていきましょう。




各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界におけるご自身の市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向など まずはご登録のうえ、JACのコンサルタントにご相談ください。



面接対策はなぜ必要か?

面接は、どのような企業でも必ず行われる、転職ご希望者様との対話の場となっています。
ではなぜ、面接対策を行わなければならないでしょうか。

それは、「自分の伝えたいことを、スムーズに口に出せるようにするため」です。

質問される内容を予め理解しておけば、回答の仕方もある程度決まってきます。その際に何度も口に出して言えるように練習することで、すらすらと自分の伝えたい思いを面接官に伝えることができるようになります。
これがもし、面接対策をせず、突然、本番で行ったとしたら、話の論点がずれた回答をしてしまったり、同じことを何度も繰り返してしまったりして、的を射た回答を返せなくなってしまいます。
そうならないためにも、面接対策は必要不可欠であると言えるのです。これは意外と、転職回数が多く面接に慣れている方でも、またどのような年齢の方でも、当てはまります。



面接に通過しない人の特徴


面接に通過しない人の特徴

書類選考は通過しても面接が通らず苦労しているという方の中には、何が課題なのかが分からないという方が多いです。なかには「自分の良さをわからない企業が悪い」と他人のせいにして、自分には非がないと思っている方もいることでしょう。

そこで、まずは自分が面接になぜ通過しないのか、原因を追究する必要があります。ここではよくある原因について4つほど取り上げて見ていきます。

その1:話に一貫性がない


面接に通過しない人の特徴として、話に一貫性がなかったり、自分で話す内容をしっかり整理できていなかったりする場合があります。
例えば、このような状況になる方です。
・面接で、面接官が聞きたい内容だけを答えればよいにもかかわらず、他の話にも言及して、回答が長くなってしまう。
・論理的に話すことが苦手なため、話している途中で、自分が何を言いたいのかわからなくなってしまう。
・文章を書く際には自分を上手に表現できるにもかかわらず、いざ口に出して喋ろうとするとうまく喋れない。

このようなタイプの方は、自分を表現する能力はあるので、ポイントを1つに絞り、そこから話を掘り下げていくトレーニングを行いましょう。それには何度も口に出して練習する以外に改善の道はありません。面接官に聞かれたことだけをしっかり応えるように努めましょう。

その2:自分自身の整理ができていない


面接に通過しない人の中には、自己分析がしっかりできていない人も多いようです。自分自身の強みや弱みがわかっていないため、どこをアピールポイントとしたらよいのかわかっていない状態で面接に臨んでいませんか?

面接の際、自己紹介、志望動機、転職理由の3つはどこの企業でも必ず聞かれます。必ず聞かれるということは、自分用の定型文を準備しておけばきちんと回答できるということの裏返しです。特に志望動機について回答に詰まってしまう、答えられないということでは企業研究をしっかりしていない、企業に対する強い思いが感じられないと取られても仕方がありません。

その3:希望業界・職種への理解が不足している


業界や職種に関しての事前調査や理解があるかどうかも、面接突破に必要な要素の一つと言えます。業界動向や応募職種に関する職種内容について深掘りしていないと、この業界やこの募集職種で本当にやっていける人材なのか、採用担当者を不安にさせてしまいかねません。

その4:基本的なビジネスマナーができていない


ある程度の社会人経験がある方なら、基本的なビジネスマナーは身に付いているのは当然なことですが、なかには基本的なビジネスマナーがなっていないという理由から、面接を通過できない場合があります。
例えば、以下のようなことです。

・事前連絡なく、面接時間に遅れてきた
・挨拶や敬語の使い方が、年相応でない
・目を見て話せない(オンラインの場合はカメラを見て、目線を合わせる工夫をすることも、トレンドです)
・適度な声量で話せない(特に、声が小さいと、マイナスイメージとなります)
・清潔感に欠けている

面接に限らず、一般的なビジネス現場で当たり前のことができてないということはないでしょうか。もし、いずれかの内容に当てはまる行為を面接時に行っているのであれば、それが面接に通過できない原因かもしれません。




各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界におけるご自身の市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向など まずはご登録のうえ、JACのコンサルタントにご相談ください。



Topへ


転職エージェントで行っている面接対策

以上のように面接を通過できないいくつかの要因を解消するための手段として、模擬面接などを通じ面接対策を行うことが打開策となります。
転職エージェントが行っている面接対策の特徴には

・無料面接対策してもらえる
・転職のプロの目線でアドバイスがもらえる
・転職エージェントは応募書類の添削もしてくれる

といったものがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

無料面接対策してもらえる


転職エージェントの面接対策は無料で受けることができます。それも、納得できるまで複数回、対策してもらえるので、必然と面接への攻略法が身に付きます。面接を通過するまでは、何度でもアドバイスを受けるようにしましょう。

転職のプロの目線でアドバイスがもらえる


転職エージェントのコンサルタントは、転職活動におけるプロフェッショナル。これまで数多くの転職を成功させてきた経験や実績から、面接対策のノウハウを十分に蓄積しており、転職ご希望者様が面接を成功するために何が必要なのか、客観的かつ的確なアドバイスをしてくれます。また、応募企業の面接の特徴や傾向などを熟知していることも多く、特定の企業向けにピンポイントの面接対策も行ってくれることでしょう。

転職エージェントは応募書類の添削もしてくれる


応募書類の内容と面接の内容は連動しています。また転職エージェントでは、面接対策以外にも履歴書・職務経歴書といった応募書類の添削や作成アドバイスを行ってくれます。転職ご希望者様本人では気づかない記載すべき項目や、書類通過率を高める記述方法などを親身に教えてくれるので、面接対策と併せてアドバイスしてもらいましょう。




各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界におけるご自身の市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向など まずはご登録のうえ、JACのコンサルタントにご相談ください。



Topへ


面接対策前にしておくこと


面接対策前にしておくこと

転職エージェントとの面接対策を行うにあたり、事前に準備しておくべき内容・項目があります。面接を通過し、転職を成功させるためには、これらの情報をしっかり頭に叩き込んでおかなければなりません。

一般的な面接の流れ


面接を成功させるには、面接がどのような流れで展開されるのかを知っておく必要があります。いずれの企業でも面接の流れは概ね同じですので、覚えておきましょう。しかし、転職回数や年齢、役職の有無などに応じ、質問内容は異なります。自分の状況に応じた質問がされることを想定し、事前対策を行っておきましょう。

一般的な面接は以下のような流れで行われていきます。
STEP1:自己紹介
STEP2:転職理由(なぜ今の会社を辞めて、転職したいのか)
STEP3:志望動機(なぜこの企業を志望したのか)
STEP4:自分の強みや特技、現職(または過去の企業)での実績について
STEP5:面接官への質問

それぞれのステップでどのような質問がされるか細かく見ていきましょう。



STEP1: 自己紹介

まず面接では転職ご希望者様の自己紹介から始まります。面接官が「自己紹介をお願いします」とおっしゃったら、自己紹介をしていきましょう。この自己紹介で面接官が見ているポイントとしては、「転職ご希望者様がこの会社で働くにあたり、合う人物かどうか」をチェックしていると思ってください。
これまでの経歴から、どのようなことをしてきた方なのか、どのようなことをしてくれそうな方かを判断するポイントとして見ています。

STEP2: 転職理由

次に聞かれるのは転職理由です。面接官が「なぜ今の会社を辞めて、転職をしようと思ったのか」について転職ご希望者様に聞きたい理由は、「この会社に入社しても、同じように転職を考えるのではないか」という不安を払拭できるだけの回答を求めているからです。

転職を考えるということは、現状に何かしらの不満があるからであるのは、面接官もわかっています。その理由がなんであれ、感情的ではなく論理的に説明できるかを見ていると思ってください。例えば「上司が気に入らない」「給料が安い」といった、不満を吐き出しただけのような理由ではなく、「現在の会社で〇〇ができると期待して入社したものの、事業形態が変わってしまい〇〇を行うことが難しくなってしまった」というように、具体的、かつポジティブに転職理由を伝えるようにしましょう。

STEP3: 志望動機(なぜこの企業を志望したのか)

「この会社をなぜ志望したのですか」という質問をすることで、面接官は「この会社について、きちんと理解しているか、求人内容とのミスマッチは無いか」を確認しています。

この場合の回答ですべきことは、この会社である理由を述べること。同業他社ではなく、なぜこの会社でなければならないのかを明確に説明できることが求められます。そのためには、ホームページや業界誌を読み、企業研究をしっかりしておくこと。競合企業についての調査も行っておきましょう。

STEP4: 自分の強みや特技、現職(または過去の企業)での実績について

「あなたの強みは何ですか」「これまで、どのような実績を積み重ねてこられましたか」、面接官からこのような質問を投げかけられた場合、どのような場面で自分の経験が活かせるのかを伝えられるようにしておく必要があります。

例えば、海外展開を行っていない企業の面接で強みを聞かれ、「TOEIC900点を保持し、海外赴任の経験もあります」と言ったところで、その経験を活かせる場所はこの会社にないと判断されてしまうだけです。

自己満足になりやすいエピソードは避けるようにし、募集職種に則した強みや特技、実績を中心に話すようにしましょう。

STEP5: 面接官への質問

面接の最後には「こちらに対して何か質問はありますか」と質問を求められることでしょう。ここでは「特にありません」と返答するのは、避けましょう。必ず質問を用意し、応募企業に興味・関心があることを、アピールしましょう。

質問するといっても何でもよいというわけではなく、「ホームページに載っていない情報」や「入社しないとわからない情報」などを聞いてみるのも良いでしょう。

例えば、「入社した場合にどのような業務を担当することになるのか」「入社するまでに、身に付けておくべき知識にはどのようなものがありますか」といった具合に、入社後に即戦力となれるような人材であることを面接官に植え付けておきましょう。

ただし、給与や福利厚生等についての質問は避けるのがベター。待遇ばかり気にする人物と思われてしまいます。待遇面については、JACのような転職エージェントを通して確認することができるので、面接時に聞けなくても気にすることはありません。




各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界におけるご自身の市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向など まずはご登録のうえ、JACのコンサルタントにご相談ください。



Topへ


面接で気を付けたいポイント・注意点


面接で気を付けたいポイント・注意点

上記のようなステップで面接は行われていきますが、面接での受け答え以外にも、注意すべきポイントがあります。 例えば、下記の点についても本番で恥をかかないよう、JACのコンサルタントとの面談対策時に、しっかりと解消しておきたい課題です。

  • ・はっきりと喋る
  • ・言葉遣いに気を付ける
  • ・表情は明るく
  • ・話が冗長にならないように気を付ける
  • ・聞かれた質問にのみ答える


それぞれ詳しく見ていきましょう。

はっきりと喋る


声が小さくはっきりと喋れないと、相手に自信がない人だと思わせてしまいます。また早口である、活舌が悪いといった人もあまり良い印象を与えることができません。相手が聞き返すことのないよう、ゆっくり、はっきり喋る練習をしておきましょう。
昨今はオンライン会議などが日常化してきているので、オンライン面接で、オンラインでの会話に慣れない様子を見せることは、あまり良い印象を与えません。対面での会話よりも、いっそう大きな声ではっきり話すこと、また、通信状態が不安定になって途切れ途切れになるということがないよう、転職エージェントのコンサルタントと準備をしておきましょう。

言葉遣いに気を付ける


面接での言葉遣い、受け答えも面接官はしっかりと見ています。敬語の使い方、人称名詞の使い方(「僕」「私」など)は、普段の会話がそのまま出てしまうことがあります。悪印象を与えないように、言葉遣いも面接対策の段階で修正しておきましょう。

面接時に気を付けたい表現(例)
  • ・一人称は「わたし」「わたくし」を使用し、「僕」「俺」といった表現は用いない
  • ・応募先企業のことは「御社」を使用し、「この会社」「こちら」といった表現を使用しない
  • ・「わかりました」「了解しました」は避け、「承知しました」を使用する
  • ・「あのー」「えっとー」といったつなぎ言葉は、使わないように心がける

表情は明るく


面接では、緊張から顔がこわばってしまう人もいることでしょう。だからといって終始笑顔でいるのも不自然です。面接中には自然な笑顔を交えながら、表情を明るくするように意識しましょう。状況に応じて適切な表情を見せることが、面接官に好印象を与えるポイントです。
昨今は、オンラインでの面接が増えているので、特に表情については意識しましょう。

話が冗長にならないように気を付ける


普段から話が長くなりがちの人も注意が必要です。面接官は「何が言いたいかよくわからない」「結論が見えない」タイプの会話を嫌います。面接では、できるだけ結論から、端的に相手に伝えることを意識しましょう。「あれもこれも伝えたい」というのではなく、「これだけ伝えればOK」というポイントを、会話の中で見極めることが重要となります。

聞かれた質問にのみ答える


質問の意図が理解できていないと、的はずれな回答をしてしまい、話が脱線していきます。面接官からの質問には、聞かれたことだけを答えるようにしましょう。




各業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界におけるご自身の市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向など まずはご登録のうえ、JACのコンサルタントにご相談ください。



Topへ


面接対策に強い転職エージェントを見つけるには?

面接対策を無料で行ってくれる転職エージェント。なかでも、面接対策をしっかり行ってくれる転職エージェントを見つけるにはどのような点を考慮しておけばよいのでしょうか。
それは、自分の希望業界の求人を多く扱っているかどうかがポイントです。希望業界の求人を多く取り扱っている転職エージェントであれば、業界特有の面接方法や質問内容にも詳しく、対策が取りやすいといったメリットがあります。転職エージェントに登録する際に、自分の希望業界に強いかどうかはチェックしておきましょう。 



JACのコンサルタントと面接対策を

以上、転職エージェントに面接対策を受ける際のポイント、企業との面接時に気を付けておくべき注意点などについて 見てきました。 「書類選考は通過するのに、面接は何度やっても通過しない」という方は、自分では気づかない原因・要因を第三者にチェックしてもらうことで改善する可能性が高まります。その点、JACのコンサルタントは、プロの視点で面接時のポイントを厳しく的確にアドバイスするため、転職ご希望者様は利用しない手はありません。相談は無料です。 まずはJACを有効的に活用し、面接を成功させましょう。



Topへ


あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み