製薬業界:生産・品質関連職の採用動向- メディカル(医療)業界転職マーケット情報 -
外資系・海外転職は転職エージェント「JAC Recruitment」

メディカル(医療)業界

転職マーケット情報

製薬業界:生産・品質関連職の採用動向



担当コンサルタント

喜田

喜 田 【医薬バイオチーム】

【得意分野】
業  種 : 製薬メーカー、CMO、バイオベンチャー
職  種 : 品質保証、品質管理、生産技術、製剤開発
企業タイプ   : 日系・外資製薬メーカー、CMO(医薬品受託生産)



製薬業界の最新動向

コスト削減を迫られる新薬メーカー
ブロックバスターとなる新薬のパイプライン枯渇や、主力製品の特許切れにともなう、後発品参入での収入減など、新薬メーカー各社はかつてないコスト削減を迫られています。
これにともない複数のメーカーで、2013年から2014年にかけ早期退職を実施しています。

拠点統廃合及び事業者変更が進む、生産拠点
コスト削減の一環として、また生産効率化を目指し複数の企業が生産拠点の統廃合を進めています。日本の製薬メーカー(中堅~大手企業)は合併を経験している企業が多く、生産拠点が日本各地に分散し、生産効率が悪いというジレンマを抱えておりました。

また、2005年の薬事法改正にともない医薬品の全面製造委託が可能になったことから、維持コストのかかる生産拠点をCMO(医薬品受託製造業)に事業譲渡を行う流れが加速しています。

他方、市場のニーズの高まりから今後益々の生産量増大が期待されかつ、多くの品目の安定供給を目指すジェネリック医薬品メーカーにおいては生産拠点拡大の動きがあり、前述の新薬メーカーの事業所を譲りうけるという流れも目立ちます。

全体感として、2014年に目立った新薬メーカーの製造拠点をジェネリック医薬品メーカーやCMO(医薬品受託製造業)へ譲渡するという傾向は今後もあると考えられ、それにともない人材の流動性も増している状況です。

品質関連職・生産関連職の採用動向

新薬メーカー、ジェネリックメーカー、CMO各社それぞれ課題が異なりますので、採用ニーズは様々ですが大まかにいうと、以下のような傾向にあります。

品質関連職
新薬、ジェネリック問わず製薬各社において、品質関連職種の募集が非常に活発です。
特に新薬以上の品質を対外的に発信したい、ジェネリック医薬品メーカーやCMO(受託生産)において、採用ニーズが高い状況が続いています。

急速にグローバル化が進み日系企業でも外国人社長が誕生している中、ドメスティックな産業であった医薬品業界だけに、英語力をおもちの人材はマーケットに絶対的に不足をしている状態です。特にビジネスシーンで英語を使用したご経験のある方は、高いアドバンテージがあります。

生産関連職種
製剤開発や生産技術と言われるような、スケールアップや生産効率の改善を行う職種の方々は特に生産コスト削減が命題となっているジェネリックメーカーやCMOにおいて採用が活発です。また、新薬メーカーにおいても技術を委託先へ移管する業務経験も採用ニーズが高い職種です。

転職アドバイス

転職活動は情報戦です。ご自身の経験もさることながら、情報を如何に収集し対策を立てられるかによって転職の成功が決まるといっても過言ではありません。
どの職種においてもそうですが、中途採用のポジションには求められるポイントがあります。

わたしも普段より、各企業の採用のキーパーソンとなるご担当者さまとコンタクトをとり、ポジションや組織全体の課題感、それにともなう求人や採用のポイントを、弊社にご登録者のみなさまに、お伝えするようにしています。
特に生産拠点や研究拠点に勤務されている方は情報源が少なくなりがちですので、転職エージェントを上手く使い、情報収集のアンテナを高く張って頂くことをお勧めします。
電話だけでなく随時出張での面談会・相談会も承っておりますのでお気軽にお問合せください。

2014/12/22

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録

採用企業情報


ページの先頭へ戻る