ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

畜電池業界の転職・採用動向

黒崎
担当:黒 崎 【医療機器セー
インフラ/プラント業界】

【得意分野】

業種 : 再生可能エネルギー業界(太陽光、蓄電池)、重電、空調

職種 : 技術職、Project finance、営業、購買等

企業タイプ : 日系

非常に活況な畜電池業界
家庭用蓄電池は2011年の大震災以降、非常用電源として注目され、今では一般家庭にも普及されはじめています。普及の背景には、それだけでなく太陽光発電システムとの連携(HEMS、BEMS)(※1)や電気自動車への利用、スマートハウス関連の補助金、そして国の方針としての2020年に向けてのZEB/ZEH(ゼロ・エネルギー・ビル/ゼロ・エネルギー・ハウス)(※2)などの住宅への蓄電池設置の義務など様々な事柄が挙げられます。
将来的に、更なる普及が進むと予測され、飛躍的に伸びると言われている業界の一つです。
※1(HomeEnergyManagementSystem、BuildingEnergyManagementSystem)
※2 消費する電力量を発電する電力量で相殺する住宅
電気、化学業界経験者および太陽光業界経験者の採用が増加
>蓄電池の業界では、各社営業職の募集をはじめ、競合優位性やコスト低減に向けた電池の研究職、そして製品の製作にあたっての設計職(電源、ソフトウェア)など多数の求人があります。
営業職では、住宅向けの営業経験や太陽光関連の営業経験者、ESCO事業に携わっていた方などはニーズが高いです。
設計職はインバータなどの設計をご経験されているなど豊富な強電の知識が必要とされます。
転職者アドバイス
蓄電池業界は、急拡大中のマーケットですので、営業職ではベンチャー気質を持ち、日々様々な変化に対応しつつ、自身で動いて営業をすることに長けている方にはおすすめな業界と言えます。
企業から採用ニーズのある方の全般的な傾向としても、蓄電池の市場に近い業界での経験がある方が望ましいですが、そのご経験がなくともプレイングマネージャーとして自らが動き、マーケットを開拓されている方などは転職に成功しやすいと言えます。
一方、技術職では即戦力を求めている傾向が非常に強いです。様々な技術職がありますが、電源の設計であればインバータ、コンバータ、UPSなどの取扱い経験のある方、ソフトウェア開発であれば組込みソフトウェアの設計経験者といったように、電池技術に関連するご経験があれば転職はできるマーケットです。
最後に、転職は一生に数回しかない機会です。その機会を無駄にしない為にも準備、情報の収集は非常に大切です。
そしてもう一つ加えてお伝えしたいこととしてタイミングが重要です。企業の採用が活発な時期もあれば、そうでない時期も当然あります。そしてご自身の活動のできるタイミングもしっかりと考える必要がございます。
現職の方であれば時間を作ることも大変になりますので、志望度の高い企業の準備は前もってしっかりと応募準備をおこなう必要があります。そういった準備や、ご自身のキャリアプランの整理などもご相談いただいておりますので、転職をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。
>> エナジー・インフラ・プラント関連の求人検索はこちら

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク