化学業界の転職成功事例|会社の将来性に不安、思いがけない業種で年収120万円アップ

  1. 20代×転職事例
  2. 化学メーカー(化学/素材業界)×転職成功事例
  3. 営業(セールス)
  4. 年収600万円以上×転職事例

公開日:2022/06/30 / 最終更新日: 2024/07/05

Sさん(男性/20代後半)

業 種
大手機器メーカー
大手素材メーカー
職 種
営業
営業
年 収
500万円
620万円

化学業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


市場の縮小で将来性に不安。価格競争中心の営業活動から脱したい

大手機器メーカーで営業を務めていましたが、主力とする製品は今後市場の伸びが見込めず、会社の将来性に不安を抱きました。営業活動においても、お客様側では「コスト削減」のニーズが強く、価格競争を強いられる状況。自分としては、付加価値を提案するような営業をしたいと考え、成長性がある業種への転職を決意しました。また、せっかく転職するなら年収も上げたいと考えました。転職に成功した友人からJAC Recruitmentをすすめられ、相談しました。

思いがけない業種で高い評価を受け、年収アップを

JACのコンサルタントの方から多数の求人をご紹介いただきました。化学・素材・半導体・電池・自動車部品など、多様な業種でこれまでの経験を生かせることを知り、驚きました。
勤務地や企業の安定性などを優先条件として、複数社に応募。面接対策にあたってコンサルタントの方からアドバイスを受けたのは、「転職理由」+「志望動機」の伝え方です。転職理由は今の会社への不満や不安だったのですが、それをそのまま伝えるのはNGなのだとか。そこで、どのように表現するかを相談して、「○○がしたい」というポジティブな言い方に転換しました。
また、未経験の業界の場合、相手企業が納得する「志望動機」を語る必要があると助言を受け、コンサルタントの方から得た企業の情報をもとに自分が興味を持ったポイントを整理し、面接で伝えました。
結果、素材メーカーから年収120万円アップのオファーをいただき、満足の転職となりました。

コンサルタントの目線:これまでの経験を生かし、異業種で活躍できる可能性を提案

異業界へのチャレンジでしたが、「コミュニケーション力」「海外営業経験」が評価され、年収アップでの採用となりました。A社から、「社内外の人を巻き込んで推進する力がありそう」「アジアの市場開拓を任せられそう」と期待していただけたのです。
入社を決めたA社に対して、Sさんは当初、あまりピンと来ていなかったようです。より社名に聞きなじみがあり、前職の業界に近い他社に興味を向けていらっしゃいました。
そこで、A社製品の今後の成長性、Sさんのこれまでの経験が生かせるポイントをお伝えしたところ、可能性を感じられ、第1志望となりました。
今、製品の用途や取引先業界が拡大している化学業界では、異業種での営業経験を生かせるポジションが多数あります。これまでのご経験がどんな分野・企業にマッチするのか、コンサルタントからご案内しますので、お気軽にご相談ください。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。


化学業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


営業職の転職関連情報


転職に役立つ、営業職の転職成功事例や職務経歴書の書き方・よくある質問も合わせてご確認ください。

この記事の筆者

株式会社JAC Recruitment 編集部

株式会社JAC Recruitment

 編集部 


当サイトを運営する、JACの編集部です。 日々、採用企業とコミュニケーションを取っているJACのコンサルタントや、最新の転職市場を分析しているJACのアナリストなどにインタビューし、皆様がキャリアを描く際に、また転職の際に役立つ情報をお届けしています。