公開日:2021/11/08 / 最終更新日: 2022/01/25

  1. 外資系企業×FAQ
  2. 管理部門(経理/人事/法務)×FAQ

外資系企業への転職に必要最低限なスキル

Q. 外資系企業で働く上で最低限必要なものはありますか?


今、日系の企業に勤めています。転職先に外資系企業も視野に入れているのですが、自分に合うのかどうか分かりません。日系の企業であれば、なんとなく想像が付くのですが…。業界ごとに違ってくるのだと思うのですが、ざっくりと外資系企業で働くために必要な心構えみたいなもの、そして最低限必要なものなどを教えていただければと思います。

A. 外資系企業で働くのであれば英語は重要なファクターになります。


年齢やポジションにもよりますが、やはり英語は重要です。外資系企業で、管理職や経営層になると、本国を含めた各国とのミーティングに参加することになりますし、レポーティングに至ってはほとんどが英語です。また海外出張の機会もあり、英語力はあるのが当然というレベルです。
ただ、長く日本に根ざしている企業であれば、今現在の英語力ではなく“基礎力”と“習得意欲”といったポテンシャルの部分を評価してくれる可能性もあります。それでも入社後の何年か後には必要になってくるので、継続的に英語を学んでいく必要があります。結論を述べるとすると、ポジションによって求められるレベルは異なるものの、外資系企業で働くのであれば、英語は最低限必要なベーシックスキルであると言えます。

他の転職Q&A