ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる





~英文履歴書・英文レジュメの書き方を外資転職の専門コンサルタントが徹底解説~

外資系企業や日系グローバル企業に応募する際には英文履歴書(英文レジュメ)が必要です。英文履歴書は日本語の履歴書と似て非なるもので、書類選考を通過するためには適切なポイントを抑えることが不可欠です。
multi-national-company1
「検索エンジンで調べて、なんとなく書き方はわかったが、正しい内容か不安…」
「自分なりに英文履歴書を作成して応募しているけど、書類選考が通らない」
「周りに英文履歴書の書き方を相談できる人がいない」
「もっと効果的なアピール方法や、見本が知りたい」

そんな悩みを密かに抱えている方も多いのではないでしょうか?
大量の応募書類の中から、採用担当者に最後まで読んでもらえる英文履歴書の書き方を、JACリクルートメントの転職コンサルタントが紹介します。


目次/Index

multi-national-company1

英文履歴書(英文レジュメ、CV/Resume)とは

英文履歴書は日本の履歴書と職務経歴書を合わせたもので、日系企業への応募に使う和文の履歴書を単純に英訳すれば良いものではありません。
JIS規格の履歴書のような定形は無く、アピールしたい内容に応じて3つのパターンを使い分けるのが一般的です。
1. 年代別に職歴を記載する「逆編年体式(Chronological Resume)」
職歴を“逆”時系列に沿って書く形式です。
最新の職歴からさかのぼっていくようにして記載するので、どのような職歴を積んできたのかが分かりやすい書式です。同職種のポジションへの応募や、経歴の一貫性をアピールしたい方には最適なフォーマットだといえます。
最新の職歴に目が止まりやすいため、即戦力を求める中途採用において最もポピュラーな形式となっています。
初めて作成する方はまずは作成しておくと安心です。
2. 職務ごとにまとめる「キャリア式(Functional Resume)」
経験した職務について、自分のスキルや能力、成果を記載する書式です。応募するポジションに合わせて、PRしたい自分のスキルを具体的に記述し、職歴は社名、ポジション、在籍期間のみを記載します。転職回数の多い方やブランクのある方、キャリアチェンジを目指す方には有効なフォーマットです。
ある職種の経験が短い場合や相対的に勤務経験が少ない場合、インターンなど無期雇用以外の経験も併せてスキルとしてアピールすることもできます。また、職種転換をしてさまざまな経験をされている場合も、応募先のポジションに関連する経験を列挙し、強調することもできるため有効なスタイルといえます。
3. 1と2をミックスさせた「混合式(Combination Resume)」
経験した職務について、自分のスキルや能力、成果を記載する書式です。応募するポジションに合わせて、PRしたい自分のスキルを具体的に記述し、職歴は社名、ポジション、在籍期間のみを記載します。転職回数の多い方やブランクのある方、キャリアチェンジを目指す方には有効なフォーマットです。
しかしながら、記載内容が重複する可能性があるため、内容に緩急をつけるなど、冗長な印象を与えないまとめ方の工夫が必要です。
person 07

■コンサルタントからのアドバイス
どのレジュメタイプが優れている、ということはありません。あなたのことを、相手にもっとも解りやすく伝わる形式を選ぶことと、望んでいるキャリアとこれまでの経験のギャップの大きさによっても異なります。日本語の経歴書をもとに、Chronological Resumeを作成し、キャリアコンサルタントとの面談を経て応募時までにブラッシュアップしていくのもよい戦略です。

■POINT
・仕事に関係ない資格は書かない。
プロフェッショナル(=職業関連性が高い)資格のみ記載しましょう

日本の履歴書では運転免許や武道の段位、取得した資格を漏れなく記載することは珍しくありませんが、英文履歴書では仕事に関係ない情報を記載する必要はありません。むしろ、応募するポジションに関連する資格を保有していることが、端的に解る方が好まれます。応募先のポジションに一切関係ない資格は省きましょう。
・ケアレスミスでマイナスな印象を与えないことに集中しましょう
スペルミスや文法ミスはそれだけで、いい加減な人という印象を与えますので当然ながら気を付けたいポイントです。さらに、目的を持って転職してきたことが伝わるよう、下記のように工夫してみましょう。
〇社内異動と転職はインデントや文字の太さなどを変え、ひと目で分かるように整理
〇能力をアピールする際の形容詞を適切に使用
〇あえて、難しい単語を使わず、わかりやすい文章を使用

英文履歴書のサンプル

あなたの英文レジュメを魅力的にするには

multi-national-company1
それでは、具体的なサンプルを、逆編年体式をベースに紹介します。
基本のルール
● 手書きではなく、PCで作成
● 用紙はA4サイズ、1〜3枚に抑える
● フォントはTimes New Roman、Centuryなど一般的なビジネス文書で使用されるシンプルなもの。デザイン性の高いフォントやレイアウトは逆効果。
● 文字サイズは本文が11〜12ポイント、見出しは本文より2ポイント程度大きくする
● 印刷する際は、白などベーシックな色合いの用紙で
● 文字の色は、黒で統一


箇条書きでシンプルにまとめ、堂々とアピールする
アピールポイントを箇条書きでまとめましょう。一人称の主語は省き、動詞や名詞から文を書き始めるのが基本です。過去の経験や実績は過去形の動詞を使い、継続中の業務や経験は進行形の動詞を使いましょう。

また、経験や能力をアピールする際に謙遜は不要です。面接で会いたいと思わせるためにも、臆せず自己アピールをしましょう。作成する前に自分の経験を棚卸しし、応募先求人の要件と強みをすり合わせておくと良いでしょう。
学歴の書き方
学歴は最終学歴で取得した学位の名称、大学名、所在地、学位を取得した年(卒業年)のみ記載しましょう。

学位の書き方
学士号 Bachelor of ○○○
修士号 Master of ○○○
博士号 Doctor of ○○○ もしくは PhD in ○○○

主な専攻、学部・学科名の書き方
法学 Laws / 工学 Engineering
経済学 Economics / 理学 Science
商学 Commerce / 建築学 Architecture
経営学 Business Administration / 情報科学 Information Science
文学 Arts (Literature) / 農学 Agriculture
外国語学 Foreign Studies / 医学 Medicine
教育学 Education / 薬学 Pharmacy
社会学 Sociology / 国際学 International Studies
※大学によっては異なる場合がありますので、不明な場合や上記に当てはまらない場合は出身大学に確認しましょう.
スキルを効果的に表現するAction Verb(アクション・バーブ)
英文履歴書では主語を省き、動詞から書き始めることが一般的です。ここで重要なのは、担当者の目を引くような動詞を活用することです。職歴やスキルを、シンプルかつ効果的に伝える動詞を「Action Verb」と呼びます。 以下は代表的なAction Verbの一覧です。うまく活用して、あなたの経歴を効果的に伝えましょう。

マネージメントに関する動詞
確認する / Identify
監督する / Supervise
管理する / Manage
構築し直す、リストラする / Restructure
再編成する / Reorganize
指揮する / Direct
承認する / Approve
人員配置する / Staff
推薦する / Recommend
先導する / Head
代表する / Represent
任命する / Assign
評価する / Evaluate
業務に関する動詞
間をつなぐ / Interface
与える / Provide
アップグレードする / Upgrade
インストールする / Install
うみ出す / Generate, Produce
運用する / Operate
教える / Instruct
開拓する / Pioneer
改訂する / Revise
開発する / Develop
拡張する / Enhance
形にする / Formulate
交渉する / Negotiate
交流する / Interact
再設計する / Reengineer
参加する / Participate
支援する / Assist
実行する / Conduct, Perform
示す / Demonstrate
準備する / Prepare
セットアップする / Set up
説得する / Persuade
選択する / Select
選別する / Screen
創造する / Create
促進する / Expedite, Facilitate
組織化する / Organize
構成する / Structure
構築する / Build
立ち上げる / Launch
調査する・研究する/Research
調整する / Coordinate
使いこなす / Utilize
提案する / Propose
提示する / Present
デザインする / Design
統合する / Consolidate
トレーニングする / Train
プロセス化する / Process
分析する / Analyze
見直す / Review
優先順位をつける / Prioritize
予測する / Forecast

成果に関する動詞
解決する / Resolve,Solve
確実にする / Ensure
拡大する / Expand
完成する / Complete
簡略化する / Simplify
貢献する / Contribute
向上する / Improve
最小化する / Minimize
最大化する / Maximize
受賞する / Award
スリム化する / Streamline
達成する / Accomplish, Attain
手にいれる / Obtain
到達する / Achieve
増やす / Increase
主な使用例
チームをマネジメントしたとき / Managed〜 もしくはDirected〜
上司と業務を行っていたとき / Support〜 もしくはAssist〜
目標を達成したとき / Achived〜
計画を立案したとき / Designed〜
提出前に要チェック!失敗しがちなミス一覧
これまで紹介したポイントの他にも、注意しておきたいポイントをまとめました。提出前に該当する項目がないか必ず確認しましょう。

☑数字はアラビア数字(1,2,3の形式)を使用しているか
☑全角を使用していないか
☑丸囲み文字や数字などの機種依存文字、記号や絵文字を使用していないか
☑スペルミスや文法ミスはないか
☑ピリオドの打ち忘れがないか
☑同じ単語や表現を繰り返し使い回していないか
☑誕生日、配偶者の有無、写真添付、趣味など不必要な個人情報を記載していないか
☑退職理由や達成できなかった業績など、不要な情報を記載していないか
☑適宜余白を取るなど、読みやすくする工夫をしているか
☑氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先に誤りがないか
person 07

■POINT
代行業者に頼むのはOK?NG?
あなたの経歴をもとに英文履歴書を作成してくれる代行業者を依頼するという方法もあります。相場は3〜5万円、個人間取引サービスなら数千円で代行するケースもあります。 対応範囲は業者によってバラバラで、和文経歴書をベースに翻訳するサービスもあれば、不自然な表現や意味が伝わりにくい部分を指摘するのみのサービスもあります。ただし、応募先企業に応じた対策ができないことや、最新の人材トレンドを意識した対策ができないというデメリットがあります。

JACリクルートメントでは、英文履歴書の添削を、無料で対応しています。書類だけを代行する業者を利用するのではなく、あなたのキャリアとプラン、そして応募先企業に応じた書類を作成できるエージェントを活用することをお勧めします。

英文履歴書に添えるカバーレターが必要な場合と、不必要な場合

multi-national-company1

英文履歴書を提出する際には、カバーレター(Cover Letter)と呼ばれる書類を添付する場合があります。昨今では以下のようなケースの場合に限ります。

・人材エージェントや求人サイトを使用せず、ご自身で直接企業に応募する場合
・ヘッドハンターから応募前に提出を求められた場合
・役員〜部長クラスへの応募の場合

企業や応募ポジションに求められるスキルや経験、マインドを把握したうえで、英文履歴書と内容をリンクさせるカバーレターが必要です。戦略的に作成しないと、人事担当や決裁者へのアピールとして機能しません。
web上に公開されているテンプレートをそのまま使用したり、見本に沿って作成したりしても、アピールすべきポイントが含まれていないと、「余計な書類を送ってきた」と受け止められてしまい不利に働きます。絶対に避けましょう。

人材エージェントを通じて応募する場合には、カバーレターの役割を担う文章をコンサルタントがメールで企業に送付しますので、ご自身で用意する必要はありません。
JACリクルートメントではコンサルタントが企業の人事担当者と密にコミュニケーションをとっていますので、求められるスキルや経験、マインドを把握したうえで、効果的なカバーレターの作成を代行します。効率良く転職活動を成功させるためにも、ぜひJACリクルートメントの転職支援サービスをご活用ください。

プロが教える!初めての英文履歴書でやりがちな失敗ベスト3

multi-national-company5
3位 応募先の職務に関係ない情報を書いている
日本の職務経歴書では趣味や資格欄を充実させることが推奨されますが、仕事に関わりのない情報は書かないでください。
日系企業と比較して外資系企業の採用は非常にドライです。文章が長く、読むのに疲れる内容だと最後まで読まれず、無駄な情報があればそこで読むのをやめて不採用の烙印を押されることも珍しくありません。
ポイントは採用担当者が関心を持ちそうな情報を簡潔に書くことです。応募するポジションに対する思いの丈を綴るのはグッとこらえて、まずはシンプルにまとめることに専念しましょう。

2位 日本の履歴書や職務経歴書のように長文になりがち
基本的には事実を箇条書きでまとめましょう。補足説明が必要な際も3〜5行で収めましょう。PMであればメンバー数や期間、予算規模、プロジェクトの概要を、営業のポジションであれば達成した売上、担当クライアントなど、関わった仕事の規模を端的にまとめると同時に、プロジェクトやチームの中で、あなたがどのような行動を起こして結果を出したのかをまとめましょう。

外資系の採用担当者は採用目的が日系企業と比較してかなり明確です。記載した取引先の社名が先方にとって、コネクションを作りたい企業であれば、採用にも有意に働きますので、実績はハッキリ記載することを心がけましょう。

1位 誤字脱字・意味不明な表現
自分では正しく書いているように見えて、第三者が見ると意味不明な文法になっていたり、支離滅裂な内容であったり、あなたにしか伝わらない言葉を使っていたりすることがあります。
JACリクルートメントの転職支援サービスでは、各業界に精通した外資系転職のプロが書類を添削しています。無料で利用できますので、ぜひ活用して下さい。

転職サポート サービスの流れ

  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク