ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる


転職のベストタイミング

自身の転職のベストタイミングは?

5種類の状況に分けて、

おすすめの転職時期を解説

   


転職を考え始めたら、まずは新規登録のうえ、JAC Recruitmentのコンサルタントにご相談を。
お持ちのスキルやご経験、キャリアプランなどを一緒に考え、転職のベストタイミングをご提案します。


おすすめの転職タイミングはいつか?実は、人によってベストなタイミングは異なります。40代、50代といった将来のキャリアパスを検討し、自身の経験やスキルをどう磨いていくか、どのような転職を考えるべきなの…。
かつては同じ会社で定年まで働く終身雇用型のワークスタイルが主流でしたが、最近ではスキルアップやより良い職場環境・待遇を目指して転職をするビジネスパーソンも少なくありません。
しかし、転職はあくまで自由意思であり、「いつまでに何をしなければならない」という明確な基準がないため、なかなか行動に移せなかったり、知らぬ間にタイミングを逃してしまったりするケースも多いようです。またスキルには「伸ばし時」、人材には「売り時」がある、といわれるように、転職においてタイミングはとても重要。

いつがご自身のベストタイミングなのか分からないという方のために、今回は具体的な転職のタイミングを5つに絞ってお伝えしていきます。

転職を考えているビジネスパーソンのなかには、「そもそも転職にベストなタイミングなんてあるの?」と疑問に感じている方もいることでしょう。当然ながら、どのビジネスパーソンにも当てはまる「ベストな時期」というのは存在せず、そのタイミングは人によってそれぞれ異なります。

同業種に転職する場合

今の職場での経験・スキルが大きな武器になることは間違いありません。転職の際の面接においても、「今の職場でどんな経験を積んできたのか?」「新たに入社する会社でどんなスキルを提供できるのか?」といった点を聞かれるケースが多く、その分野のエキスパートや経験豊富な人材は重宝されやすい傾向にあります。 そのため、「現在の職場でできる仕事はすべてやり切った」「身に付けたスキルを新しい場所でも存分に発揮したい」といった理由でのステージチェンジは、企業側からも好意的に受け止められる可能性が高いです。

しかし一方で「その会社での経験や知識が十分に蓄積されていない状態」や「与えられた仕事やプロジェクトを完遂していない状態」の場合には、転職するベストタイミングとは言い切れません。特にプロジェクトの途中という場合は、印象が良くないです。会社から引き留められる(退職できない)というリスクだけでなく、転職活動における採用面接でも「プロジェクトの途中で投げ出したのではないか」「責任感が不足しているのではないか」といったネガティブな印象を持たれかねません。
転職をする意思が固いのであれば、なるべく「年度内に仕事を片付けておく」「プロジェクトが完遂したタイミングで転職活動をスタートさせる」など、スケジュール感や業務の進み具合を判断してから、退職の時期を決めるようにしたいところです。

キャリアアップを目指して転職活動を行う場合

まずは自分のスキルや経歴の棚卸しをして、新たなステージで自分が何を提供できるのか、をしっかり言語化できるように準備しておくことが大切です。その中で、「やはりまだこの会社でできることがある」「自分には〇〇の部分での経験や知識が足りない」と思ったら、それを実行してから転職活動を始めても遅くはありません。
転職活動を遅らせるというとネガティブに感じることもあるかもしれませんが、その経験がのちの転職活動でプラスに働くこともあるので、焦らずに、まずは自分の状況を客観視してみることをおすすめします。

異業種へ転職する場合

新しい業界や企業の文化や習慣などに、転職者がスムーズに適応できる年齢は30歳前後といわれています。これまでのキャリアやポジションに関係なく、転職先では「未経験者」や「初心者からのスタート」となることは理解しておく必要があります。
なかには、社会人経験が浅いことを理由に、異業種への転職にチャレンジするのを迷っている方もいるかもしれません。しかし、過度な不安を持たず「思い切って新しい業界に飛び込んでみる」「今すでに持っているスキルに目を向ける(入社後にどう活用するかを考える)」など、具体的なアクションを取ることでチャンスは掴み取れるもの。
これまでに学んだビジネスパーソンとしての心構えは転職先で通用するものも多いため、自信を持ってチャレンジしましょう!




ではここからは、転職にベストなタイミングについて、5種類の状況に分けて詳しく解説していきます。

現在お勤めの会社でのキャリアアップが困難で、転職を考えるというビジネスパーソンは多いです。
実は、キャリアを停滞させる理由には、
・スキルの極地化
・成長スピードの鈍化
・将来像が不透明
・組織の制約
・体力や気力の問題
といったものがあります。それぞれ具体的に解説していきましょう。

スキルの極地化

キャリアの停滞の中でも、悩む人が多いのが「業務内容が狭いことによる獲得スキルの極地化」です。スキルの極地化(行き詰まり)を感じたときには、まず「この会社で本当にキャリアアップが望めないのか?」「もう社内で学べることはないのか?」と冷静に考えることが大切です。
その上で、「やはりスキル習得や学びに限界がある」と感じた場合には、転職を考える良いタイミングとなります。

具体的には、
・語学力を活かして海外営業職への異動を希望していたが、海外事業部が閉鎖してしまった
・成績トップの業績を上げているにもかかわらず、キャリアアップが望めない
といったものが挙げられるでしょう。

ただし、今いる会社への不満を転職の理由にするのはNGです。転職を希望する企業の採用担当者に、「不満からまた転職をするのではないか」「この人の単なる力量不足なのではないか」と思われる可能性もありますので、ネガティブな要素を出すことは避けるようにしましょう。

成長スピードの鈍化

成長スピードの鈍化はスキルの極地化に近い面もありますが、長年同じ仕事を続けていて「もう社内ではスペシャリストと呼ばれる域に達してしまった」「自分がその分野の第一人者であり、社内ではこれ以上成長を期待できない」といった場合に起こります。 社内で長年経験を積むのも悪いことではありませんが、すでに熟練者レベルにまでスキルや知識が達しており、自分があまり成長できていないと感じた場合には、転職を考えてみるのも一つの手です。
また同じ規模・フローの業務で、今後も異動や昇進が望めない場合やマンネリ化が続く場合にも、転職は有効な選択肢となり得ますので、検討してみると良いでしょう。

将来像が不透明

「同じ仕事の連続で、このまま企業人生を終えてしまうのだろうか」「企業にビジョンが無く、将来性を感じられない」「理想とするキャリアを築いている先輩がいない」といった悩みを持ったときは、転職のサインかもしれません。
将来像が不透明だと仕事へのモチベーションが下がりやすく、「仕事が面白くない→パフォーマンスが下がる→評価がもらえない」といった、負のスパイラルに陥る可能性が高いです。しかし、働く環境を変えることでパフォーマンスが向上したり、仕事ぶりが評価されたりするケースも存分にあり得ます。もちろん、社内の異動や配置換えなどによって希望が実現する可能性もありますが、「異動も配置換えも望めない」「そもそも会社自体のビジョンが不透明」といった場合には、転職への選択肢がより現実味を帯びてくるでしょう。

組織の制約

組織の制約とは、
・年功序列制のため、どれだけ成果を出してもキャリアアップが望めない
・成果報酬制でなく、自分が頑張ったことが数字で評価されない
・社内に昔から続く習慣や文化があり、それを守り続けるのがつらい
・数年に1回は必ず転勤がある
といった、個人ではなかなか変えることのできない会社全体のルールのことです。新入社員のころはあまり気にしていなかったものの、「年齢やスキルが上がるにつれて会社のスタイルが合わなくなってきた」「結婚や出産といったライフスタイルの変化に伴い、会社のルールに従うのが難しくなってきた」ということは往々にしてあります。

会社のルールや文化・習慣などの大きな改革は、自分一人ではなかなかできないものです。もちろん、同士を募ってプロジェクトを発足させるといった対応もできますが、時間的・体力的にパワーが割けない場合も少なくありません。そんな時には、転職を選択肢に加えてみるのも良いでしょう。

体力や気力の問題

体力や気力の問題も、転職においては見逃せないポイントです。例えば、新人の頃は深夜までの業務が苦にならなかった方も、年齢が上がるにつれて「体力がついていかなくなった」と思うケースは多いですし、ハードワークで「腰や膝を悪くしてしまった」なんてこともあるでしょう。
そんな時「もっとペースが緩やかな仕事にチェンジしたい」「立ち仕事の少ない業務をやりたい」といった思いを持つようになったら、それは転職のタイミングです。しかし、配置転換や部署異動などで軽減できる場合もありますので、「転職をするほど自分にとって重要な問題かどうか」はよく見極めましょう。

「キャリアアップに限界を感じた」以外の理由で、転職のタイミングとして多いものの一つが「他社から声がかかったとき」です。これはいわゆる引き抜きのこと。もともとは転職のことなんて考えもしなかったという方が、「うちで一緒に働いてみないか?」「今こんなポストが空いているのだけどチャレンジしてみないか?」と声をかけられて、心が動くケースは少なくありません。

「今までお世話になった会社になんとなく悪い気がする」と感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、そんな時は、自分の知識やスキルの棚卸を行うとともに、「仮に転職したらどんな未来が待っているのか」「何が実現できるのか(それは今の会社では難しいか)」などを冷静に判断したうえで、転職を検討するのも良いでしょう。

引き抜きのメリットとは

引き抜きのメリットは、希望のポジションや年収といった条件面が優遇されやすい点にあります。基本的に、相手はあなたの実力やスキル、能力などを高く評価しているケースがほとんどなので、今の会社よりも「より良い待遇」を提示してくれるはずです。

ただし、待遇面だけを重視するのは少々危険です。オファーしてくれる企業のビジョンや働く環境などに共感できる場合は問題ありませんが、なかには「引き抜きをされて転職したけど、働く環境は前の職場のほうがよかった」「給与は高いけど、求められるスキルが高すぎて精神的にきつい」といった場合もあります。引き抜きをされた際には、相手先の職場環境をよく理解したうえで、転職するかどうかを決めましょう。

将来的に就きたい職種に関する資格が取得できた時も、転職のタイミングのひとつといえます。
具体的なケースでは、
・「社労士」の資格が取れたので大企業へ転職をする
・「設計士」の資格を取得して、ハウスメーカーへの異業種転職を目指す
といったものが挙げられます。
資格は自分のスキルの証明になるほか、資格を取れたことそのものが転職へのモチベーション、自信になる場合もありますので、この時期に転職を考え始めるのも良いでしょう。

資格を取得してすぐに転職するには要注意を

資格を取得して転職を検討するビジネスパーソンのなかには、「長年その資格を取って、その業界で働くのが夢だった」という方もいることでしょう。しかし、「資格が取れたからすぐに今の仕事を辞める」ということでは、仕事への責任感や社会人としてのマナーを疑われかねません。また、資格を取得したことが必ずしも転職で評価されるとは限らないため、自分のスキルや強みなどを事前にしっかりと棚卸し、転職市場における自分の価値を把握してから、転職活動に臨むようにしましょう。

企業の求人状況は、景気や災害や疫病などといった不測の事態、企業の事業戦略や組織都合に左右される場合も多く、毎年必ず人材募集がかかるとは限りません。そのため、就職後に「新卒の際には募集していなかった憧れの企業が経験者を募集している」「自分が目指していた職種でたまたま募集がかかっている」といったケースに遭遇することもあるでしょう。 そうしたチャンスは滅多に現れないばかりか、次にチャレンジできる可能性があるとも限らないので、「絶対に応募したい!」「この機会は逃せない!」と強く思ったら、臆せず転職に挑戦するべきです。

ただし、飛びつきたくなるような求人があったとしても、先述したように「プロジェクトや期の途中での退社」は転職においてマイナスとなる場合もありますので、基本的なマナーを守りながら転職活動を進めていくようにしましょう。

未経験の職種にチャレンジする場合のポイント

憧れていた職種が未経験である場合には、会社に対する思いや熱意といった感情的な部分を前面に押し出してしまいがちですが、それだけでは転職の内定を勝ち取ることはできません。
多数のライバルがいる中で、転職を優位に進めていくためには、自己分析と業界・会社研究を行いながら「今までの経験が生かせる点」「アピールポイント」「その会社で実現したいことやビジョン」などを具体化していくことが大切です。企業が求める人材と、自分のスキルやPRポイントをいかにマッチングできるかが、成功のカギとなりますので、入念な分析をするとともに、日ごろからアピールセンスを磨いておきましょう。

結婚や出産、介護など大きなライフイベントがあった場合も、転職を考える一つタイミングとなります。
例えば、
・結婚して家を買ったため、転勤族のようなスタイルでは仕事をしたくない
・子どもが生まれたので、残業の少ない仕事や土日休みの仕事に切り替えたい
・子どもの受験に際して金銭的な負担が増えるため、今より高い給与の会社で働きたい
・親の介護が必要となり、テレワーク勤務がメインの会社に移りたい
といったケースです。
現在は、産前産後休暇(労基法で規定)や育児休暇、子の看護休暇、介護休暇などが認められている企業も増えてきましたが、なかには制度が十分ではなかったり、制度はあるけれど雰囲気的に使いづらかったりする場合もあるでしょう。そんな時には、転職によって環境を変化させるのも有効な選択です。

転職の際のリスクも念頭に

転職すればすべてが解決するとは限りません。「介護休暇が認められている会社に転職したが、配属先はとても取得できる雰囲気ではなかった」「転勤のない会社に転職したつもりだったが、部署異動で転勤をすることになった」「子どもの看護休暇を使っている実績がほとんどなかった」など、入社してからはじめてわかる事実もあります。
そのため、転職の際には「各休暇の具体的な取得実績」や「入社後のキャリア」など、気になる部分のデータ・情報収集を抜かりなくやっておくことをおすすめします。

今回は、「転職のベストタイミングが知りたい」という方のために、具体的な転職のタイミングを下記の5つに絞ってご紹介しました。
タイミング1:キャリアアップに行き詰まりを感じているとき
タイミング2:他社から声がかかったとき
タイミング3:資格が取得できたとき
タイミング4:希望していた会社や職種で求人が出たとき
タイミング5:大きなライフイベントがあったとき

転職には人それぞれ「旬」があります。ベストなタイミングで転職へのスタートが切れるように、「転職スケジュールの入念なチェック」「後任への引継ぎ」「現行のプロジェクトの完遂」など、しっかりと事前準備も行っておきたいところです。自分史上最高のパフォーマンスが発揮できるよう、最適なタイミングを見計らって転職活動を行いましょう。 そのためにも、転職のアドバイスを常に行っており、多くの転職成功事例を持つJAC Recruitmentのコンサルタントに相談することをおすすめします。




転職を考え始めたら、まずは新規登録のうえ、JAC Recruitmentのコンサルタントにご相談を。
お持ちのスキルやご経験、キャリアプランなどを一緒に考え、転職のベストタイミングをご提案します。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み