ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職希望者必見!面接でよく聞かれる8つの質問への対策

転職時の面接において、「どんな質問をされるのだろうか」「想定していなかった質問に対し、どのように受け答えすれば良いのだろう」と不安になる方は多いのではないでしょうか。

どんな質問をされるか全く分からない場合には、対策しようにも対策を立てようがありませんし、実際の転職時の面接で回答するのにも時間を要してしまうかもしれません。しかし転職時の面接では、どの会社でも頻繁に聞かれる「8つの質問」があり、まずはこの8つをしっかりと攻略しておけば、比較的スムーズに面接に臨むことができます。

そこで今回は、転職時の面接でよく聞かれる8つの質問の目的とその回答ポイント、回答例について、徹底的に解説していきます。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




面接でよく聞かれる8つの質問とは?

では早速、転職時の面接でよく聞かれる「8つの質問」について見ていきましょう。

8つの質問の内容は、以下のようなものになります。

  • ・なぜ当社に応募したのですか?
  • ・希望する職種を選んだ理由は何ですか?
  • ・転職(退職)理由は何ですか?
  • ・他の会社を受けていますか?
  • ・採用されたらいつから出社できますか?
  • ・現職/前職の仕事内容を教えてください。
  • ・あなたの強みは何ですか?
  • ・最後に何か質問はありますか?

これらの質問は、転職活動時、比較的どの会社でも質問される傾向にあります。そのため、募集ポジションで求められるスキルや経験、マインドセットなどをしっかり理解し、事前にある程度の回答を用意しておけば、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。

ここからは、上記8つの質問に対する質問の目的と回答ポイントを一つずつ詳しく見てきます。転職の面接において、答えを丸暗記することはNGですが、「どう回答すれば自分の自己アピールに繋がるのか?」という視点でチェックしておくと、実際の転職の面接にも役に立つでしょう。



転職時の面接の質問 1.なぜ当社に応募したのですか?

【質問の目的】

この質問の目的は、同じような企業や業務内容の求人が多数ある中で、「なぜこの会社でなければならないのか?」という理由の確認と、入社への意欲を見ることにあります。もちろん業界の知識や他社の状況を把握しておくことは必要ですが、他社批判を前面に出すのではなく、あくまでも会社の特徴や自分自身が魅力に感じている点にフォーカスして、回答するようにしましょう。

【回答のポイント】

似たような業務をしていたとしても、会社によって得意な分野や扱う商品などはそれぞれ異なります。転職の面接を受ける予定の会社の業務・仕事の進め方・会社の雰囲気・待遇などを注意深く見ていくと、そこには「会社の個性」が表れるものです。その中で、自分自身が何に共感しているのか、何を重視しているのか、現職/前職での経験がなぜ会社の個性に適合するのか、といった点を具体的に掘り下げていくことで、会社に対する興味関心・意欲などを存分に伝えることができます。漠然と、「御社の商品に興味があります」「御社の経営方針に共感しました」としか言えないようでは、面接官から企業研究や自己分析が不足していると判断されかねませんので、気を付けておきましょう。

【回答例】

多店舗経営を行う同業の企業は多々ありますが、御社では自社ブランドを大切にし、堅実な経営でお客様から高い信頼を得ている点に大きな魅力を感じております。なかでも、御社の行動指針をもとに社員が一丸となって、お客様のために期待以上の満足度を追求する姿勢に深く共感しています。これまでに培ってきた営業力や提案力といった強みを活かし、私も御社の一員としてブランドのクオリティを高めることに貢献できればと思い、この度応募した次第です。



転職時の面接の質問 2.希望する職種を選んだ理由は何ですか?

【質問の目的】

この質問の目的は、職種への理解と意欲を確認することにあります。特に未経験者や経験の浅い応募者の場合には、転職の面接時に、よく聞かれるケースが多いようです。

【回答のポイント】

その職種に対する経験がない、または少ない場合には、現職/前職で培った経験や知識をベースに新たな職種の仕事にチャレンジすることで実現される目標や成果を明確に伝えると良いでしょう。単に「興味があったから」「給料が良かったから」といった具体性のない簡潔な回答はNGとなります。あくまでも、自分の経験や意欲が「企業にどんな利益を提供できるか」「どんなところに貢献できるか」といった視点を念頭に話をするべきです。高い報酬は、その結果に過ぎないことを理解しておきましょう。

【回答例】

(職種未経験の場合)私は、大学時代システムエンジニアになるための勉強をしておりました。新卒では、関連する職種にも多数エントリーしましたがご縁が無く、不動産会社の営業として約5年経験を積んでまいりました。営業成績は社内で表彰されるなど決して悪いものではありませんでしたが、大学で学んだ知識を活かしたいという思いが捨てきれず、このたびシステムエンジニア職にエントリー致しました。営業時代に培ったコミュニケーション能力は、チームでひとつのものを創り上げる御社の方針にも必ず役に立つと考えております。また、お客様との打ち合わせに参加できる場面も多いようですので、持ち前の提案力を活かしてお客様の課題解決に貢献できれば幸いです。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




転職時の面接の質問 3.転職/退職理由は何ですか?

【質問の目的】

この質問は、「応募者が自社で活躍してくれそうか」「採用後にすぐにやめてしまわずに長期間勤務できる人材なのか」を確かめる目的で、面接時に聞かれることが多いようです。つまり、会社と応募者の相性チェックをしていると考えると分かりやすいでしょう。当然ながら、すべての条件で100点満点のスコアを出せる企業が存在するはずはありません。そのため面接時には、上司への不満、人間関係のトラブル、待遇への不満といったことを回答するのは、ネガティブな印象を与えてしまうので避けておくのが無難です。

【回答のポイント】

仮に、上司や待遇への不満、人間関係のトラブルが転職の原因だったとしても、それらを口にするのはかなり危険です。面接官にも「また同じような理由で、うちの会社を辞めてしまうのではないか?」と思わせてしまうことになり、採用はかなり遠のいてしまいます。回答する際のポイントとしては、「自身の長いキャリアの中で、この転職がどんな役割を持つのか」という長期的な視点で退職理由を分析することです。たとえ、さまざまなネガティブ要素があったとしても、そこは「前向きな目標の中での選択」「ステップアップのための必須条件」として転職に至ったことを伝えるようにしましょう。

【回答例】

前の職場では、海外市場での拡販を狙う営業職として働いていました。海外では商文化の違いから、度々すれ違いやコミュニケーションミスが起きることもありましたが、折衝能力やコミュニケーション能力を身に付け、自社サービスを通じてお客様の課題解決することに心血を注いできました。営業成績でナンバーワンになった経験もあります。 今後は仕事の内容の幅を広げ、マネジメントにも挑戦したく、現在の職場より自分のスキルを試せる職場にチャレンジしたいと思ったため退職に至りました。



転職時の面接の質問 4.ほかの会社を受けていますか?

【質問の目的】

この質問は、ほかにも類似の業種・職種・採用条件の企業を受けているかどうか、つまり転職活動の軸をもって応募先を選択しているかを確認する目的で、面接時に 聞かれます。面接官は、面接時に話している転退職理由や応募理由と他応募先の選択に一貫性があるかを見ています。こういった類の質問を企業が転職者へダイレクトで聞く理由は、入社意欲を確認し、内定辞退されるリスクをなるべく回避したいと思っていることが背景にあります。

【回答のポイント】

企業はなるべく内定辞退者を出したくないという思惑がありますから、それを踏まえると、仮に本当の第一志望ではなかったとしても、もし「第一志望はどの会社ですか?」と聞かれた場合は、「御社が第一志望です」とは伝えておきたいところです。ただし、転職活動では複数の企業に同時応募するのは当然のことでもありますので、あえて「御社しか受けていません」といった嘘をつく必要はありません。あくまでも、第一希望である旨を伝えたうえで、他の企業とは異なる魅力、入社したい理由などを具体的に話し、自身のアピールの場として活用しましょう。

【回答例】

前職でゼネラルマネージャー職に就いておりましたので、現在はその経験を活かせるような管理職のポストを3つほど受けております。御社はマネージャー職の裁量権が大きく、新規プロジェクトの立ち上げにおいても、これまで自分が組織やチームを率いてきた経験・スキルが大いに役立つと考えています。面接を受けている企業には、外資系企業の日本支社なども含まれていますが、御社の理念に大変共感していることもあり、御社が第一志望です。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




転職希望者必見!面接でよく聞かれる8つの質問への対策

転職時の面接の質問 5.採用されたら、いつから出社できますか?

【質問の目的】

この質問は、在職中の場合には必ず聞かれる質問のひとつです。企業側も採用者を受け入れるにあたってさまざまな準備が必要であり、それに際して計画を立てたり受け入れ体制を整えたりしなければなりません。そのため実務的な意味で面接時に聞かれることが多いですが、入社の意欲を問う質問でもありますので、嘘偽りなく答えることが大切です。

【回答のポイント】

採用枠が多い求人の場合、入社日は比較的融通が利きやすいですが、欠員補充を目的とした経験者採用の場合には、少しでも早い着任を企業側が求めている可能性が高いです。とはいえ、在職中でありながら「すぐにでも働けます」と安請け合いをしてしまっては、任された仕事を途中で放り出す責任感のない人、という印象を持たれかねません。そのため、ここでの回答では可能な限り早く着任する意思を伝えたうえで、「一定の引継ぎ猶予を貰いたいのですが」と率直に相談してみるのも良いでしょう。
一方で、失業中の場合には、「採用が決まり次第すぐに出社できること」を伝えます。なかには、「入社前に少しだけ羽を伸ばしてから・・」なんてことを考える方もいるかもしれませんが、甘い発想を見透かされてしまうと仕事への姿勢を疑われたり、マイナスの評価を受けたりする場合もありますので注意が必要です。

【回答例】

(在職中の場合)なるべく早くに入社したいと考えておりますが、現職の就業規則上、退職の1カ月前に申し出る必要があります。また、担当部署の後任への引継ぎもありますので、内定をいただいてから遅くとも2カ月以内には入社が可能です。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




転職時の面接の質問 6.現職/前職の仕事内容を教えてください

【質問の目的】

この質問は、入社後に業務に活かせる経験や社会人としての成功体験、さらに自身の職務内容を他者に簡潔に伝える情報伝達能力を推し量る目的で行われます。

【回答のポイント】

面接においてかなり聞かれる頻度が高い質問です。なかには「自信はないのですが」と必要以上にへりくだる転職者の方もいるようですが、ここでは謙遜や遠慮は必要ありません。経験したこと、錬磨した結果身につけた技術や能力があれば、面接時に、堂々と具体的に答えるようにしましょう。また「さまざまな業務に携わってきたので、いろいろなことができます」というあいまいな表現も避けたほうがベターです。重要なのは、汎用できる経験・知識・適性を、どこで、どのように、どれくらい身に付けたかを、相手にしっかりと伝えることだと覚えておきましょう。

【回答例】

前職では、課題を抱えている企業から依頼を受け、その課題を解決に導く戦略系コンサルティングの仕事をメインにしておりました。企業のM&A戦略や企業の中長期戦略といった会社全体の課題解決はもちろんのこと、新規事業戦略や新製品開発戦略のほか、マーケティング支援、IT支援なども実施しており、幅広いプロジェクトに関わってきた経験があります。多数のプロジェクトをこなす上で、重視していたのは優先順位をつけることです。膨大な業務を円滑に進めるため、優先順位をつけ、最も効率の良い進め方を常に試行錯誤しながら、高いパフォーマンスを出す工夫を重ねてきました。またデータに基づく緻密な分析が得意であり、データに基づいて振り返りや検証を定期的に行うことで、生産性を前年比で130%以上アップさせた実績もあります。



転職時の面接の質問 7.あなたの強みは何ですか?

【質問の目的】

人気のある求人の場合、優れた経歴や特徴を持った応募者が相当数殺到することでしょう。そのような時、「ライバルと比較して、あなたを採用するメリットがどこにあるのか?」を知る目的でのこの質問がなされます。「強み」という表現を使わずに、「自己PRをしてください」「アピールポイントはどこですか」といった質問をされる場合もありますが、これらもほぼ同じ意図で面接時に質問されていると考えてよいでしょう。

【回答のポイント】

この質問で大切なのは、入社後の業務にも応用が利くような成功体験やエピソードを、相手にも分かる形で具体的に説明できること。特に、営業・後輩指導・接客・対人折衝・業務改善・情報収集・分析といった経験は、転職市場でも評価されやすいです。ここでも、「誰よりも意欲がある」「採用したら御社に得になる」といったあいまいな表現は避け、具体性を持って表現することを心がけましょう。

【回答例】

私の強みは、傾聴力とリーダーシップです。前職では、新規店舗立ち上げのプロジェクトにおいて、統括リーダーとして全体のスケジュール調整やスタッフ教育にあたりました。自分より一回り以上、年が離れているスタッフも多く、はじめは距離感を掴むのに苦労しましたが、持ち前のコミュニケーション力と傾聴力を活かして、一人ひとりと対話をする機会を設けました。また朝のブリーフィングを徹底し、些細な変化や疑問を伝え合えるようなチームビルディングを行いました。そうした関係構築が功を奏し、開店1年目で売上目標120%を超え、社内でも表彰されるまでになりました。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




転職時の面接の質問 8.最後に何か質問はありますか?

【質問の目的】

この質問は、面接官からの質疑応答の最後に必ずといっていいほど聞かれます。もし面接のタイミングで「入社後の担当業務」「福利厚生(住宅手当の有無など)」といった質問や確認漏れがある場合には、面接時に尋ねておくと良いでしょう。

【回答のポイント】

「質問はありますか?」と聞かれているからといって、どんなことでも質問しても良いというわけではありません。たとえば、すでに求人広告に掲載されていることと同じ内容や、面接中に出た話題を何度も質問し直す、細かい条件を問い詰めるように質問する、といったことは避けるべきです。なぜなら、採用条件はあくまでも内定後に最終決定されるものであるため。もし質問をする場合には、「どんな条件でも受け入れるけれども、あえて参考までに聞いておきたい」という姿勢をアピールすることが大切です。
また、それまでの質疑応答で十分に言いたいことが伝えられなかった場合には、最後のチャンスととらえて自己アピールに徹するのも一つの手です。ただし、この質問に至るまでにおおよその評価は決まっていることが多いので、「これまでの質問でうまく自分を表現できなかったら、最後で巻き返せばいいや」と考えておくのはNGです。最後の質疑応答がないまま終わるケースもありますので、それまでの質問の中でしっかりと受け答えができるように準備しておくことが大切です。
もし自己アピールの場として最後の質疑応答を使うのであれば、入社の意思を念押しするとともに、これまでの面接に対しての感謝を伝える程度にとどめておくと、スマートな印象を残せます。

【回答例】

<質問がある場合の例>
・私のような転職者が、入社後に業務を遂行し始めてから実績を残すまで、どれくらいの期間がかかることが多いでしょうか?
・私は積極的に意見を言う方なのですが、私が所属することになる職場環境でも、積極的に伝えてもよいでしょうか?
・〇〇様(面接官)にとっての御社の魅力や、どういったときに仕事のやりがいが感じるからを教えていただけますでしょうか。

<質問がない場合の例>
本日は、私の経験を親身になって聞いていただき、ありがとうございました。実際に仕事の内容を伺ったことで、より業務へのイメージが明確になりました。この新プロジェクトにおいては、これまでの経験を活かして企画・マーケティングの分野で即戦力として御社に貢献できると考えております。面接を通じて、その気持ちがより一層強いものになりました。ぜひ、ご検討のほどよろしくお願いいたします。




ハイクラス転職に強いJAC Recruitment。
多くの過去事例を元に、転職時の面接を有利に進めるための面接対策を、徹底サポートします。
まずは登録のうえ、転職コンサルタントにご相談ください。




JACでは面接対策も一緒に準備

今回の記事では、転職時の面接でよく聞かれる8つの質問について、質問の意図や回答のポイント、回答例を詳しく解説していきました。

面接では、「企業から一体何を聞かれるのか?」と不安になることもありますが、事前に質問に対する答えを準備しておけば、落ち着いて回答をすることができます。なかでも、今回ご紹介した8つの質問はどの面接でも頻繁に聞かれるものばかりですから、面接前にオリジナルの回答を考えておくことをおすすめします。ぜひ回答例を参考にしながら、自分なりにカスタマイズしてみてください。

JACのコンサルタントは、各業界、各企業について多くの情報を持っておりますので、面接対策についても深いアドバイスができます。もし面接の準備が一人でうまく進められない際は、ぜひご相談ください。

あなたのスキルを活かせる求人

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み