転職活動の流れマニュアル - 転職ノウハウ&ポイント -
外資系・海外転職は転職エージェント「JAC Recruitment」

転職活動の流れ

転職活動には、大きく4つのステップがあります。いつ、何をしたら良いのか。直前になって慌てないよう、あらかじめ転職の流れを把握し、事前準備に努めましょう。

ステップ1.転職の目的を考える

案外おろそかにしがちなのが、このステップです。転職の際に選ぶ企業や部署によって、仕事を通じて実現できる「満足」は異なります。転職活動は、人生の大きな転換期。であるならば、この転職によって何を実現したいのか、目的と優先事項を明確にしましょう。
「仕事のやりがい」「仕事の内容」「給与の高さ」「労働時間の自由さ」「勤務地」「福利厚生は充実しているか」など、いくつかの項目を挙げ、それらのうちであなたが優先したいのはどの項目か考えましょう。また、多少条件が悪くてもガマンできるのはどの項目でしょうか。答えは、個人によってまったく異なるはずです。すべての項目で100点満点の満足を得られる職場は、存在しません。転職とは、自分が仕事に求める条件を見直し、ストレスの少ない、のびのびと力を発揮できる環境を見つける作業でもあります。家族や友人に相談する、転職コンサルタントに相談する、ネットや雑誌で情報を集める等して、転職の目的をじっくり考えましょう。スタートはそれからです。

ステップ2.求人情報を集め、パーソナルデータを発信する

求人情報を入手できる媒体は、インターネット上の求人情報サイト、企業の採用ホームページ、求人情報誌、新聞の求人広告、転職フェア、ハローワーク、そして転職エージェントのコンサルタントなど、さまざま。 求人情報を集める際には、「自分が興味を持てる会社」を探すことは当然優先すべき行動ですが、自分ひとりで見つけられる求人広告には限りがあります。同時に、企業側に自分を見つけてもらうための情報発信も大変重要です。求人情報サイトでは丁寧にレジュメを書く、転職フェアでは積極的に人事担当者へ話しかける、転職コンサルタントに積極的に相談する、前職での業務も手を抜かず希望する業界とのコネクションがある人に働きぶりを評価してもらうなどして、自身の可能性を目一杯に広げる努力が、このステップでの重点課題となります。

ステップ3.応募書類と面接でアピールする材料を考える

応募する会社が具体的にイメージできたら、いよいよ実際に応募書類を作成して、面接に臨みます。気を付けるべきは、人事の要望に合った人物像をアピールできているかどうかです。 求人の数だけ企業が求めている人物像は異なります。応募する企業が国内企業なのか外資なのか、経験者を求めているのかフレッシュな若手がほしいのか、求めている条件によって、アピールする材料は使い分けましょう。 自分の強みはコレしかない!と思い込んで、一方的なアピールを押し付けるのは採用が遠のく典型的なパターン。いわば企業から提示された「入試問題」とも言える企業の求人票をよく読んで、採用ホームページや転職コンサルタントの情報を駆使しながら、応募先に合わせた最適のアピールを心がけましょう。

ステップ4.退職の作法

引き継ぎが難航して入社時期を変更せざるを得ない、離職票を出してもらえず新しい会社での入社手続きができないなど、退職にまつわるトラブルは多いもの。どんなに不満を抱えていたとしても、立つ鳥跡を濁さず。表面上は穏やかに、前職に悪いイメージを残さない退職を徹底したいものです。具体的なポイントとしては、 「1~3カ月前には退職の意志を伝える」「繁忙期を避ける」「現職への不満を言わない」などを心がけましょう。
特に、責任が重いポジションの退職ほど、後任を探して引き継ぎを完了するまでに時間とコストがかかると心得て、余裕のある退職スケジュールを考えましょう。

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


転職相談会


ページの先頭へ戻る