外資系企業へ転職 - 転職事例集 -
外資系・海外転職は転職エージェント「JAC Recruitment」

転職事例集 転職のきっかけ、内定までの道のり、入社の決め手、無料転職サポートのメリットなど、転職を検討している方は参考にして下さい。

家族サービスのために、外資系企業へ転職。

O.K(男性/30代)

業種 職種 年収
日系通信会社 営業 700万円

外資系大手ハードウェア・ソフトウェアベンダー

営業

700万円

IT業界での営業一筋。仕事には何の不満もなかったのですが…。

IT業界一筋、もう15年以上にわたり、営業を経験してきました。そのこと自体に不満はなく、むしろ人に会える営業職として働けることを喜びであると感じていました。しかし40歳を前にして、ふと転職のことを考えたのです。理由は、あまりポジティブなものではないのですが…、労働環境の問題です。毎月、残業が多く、帰宅も深夜に及び、ゆっくりと家族の時間が持てていなかったのです。若ければそれでもいいと思うのですが、40歳を迎える身として、今のままでは・・・と、考えるところがあり、転職活動を始めたのです。

転職の理由を応募先企業にどう伝えるのかが問題でした。

ポジティブな理由でないだけに、応募書類や面接時に苦労をしました。はたしてホンネを言っていいものかどうか。数社応募をしましたが、どうもそれが問題で落ちているような気がしてなりません。どうすれば良いのか、その答えを探しているときにアドバイスをくれたのが、人材紹介会社のJAC Recruitmentでした。JACのキャリアコンサルタントの方いわく、転職の理由よりも志望動機に重きを置いたほうが良く、明確な志望動機さえ打ち出せれば大丈夫とのことでした。もちろん応募先企業にもよると思いますが、私の場合は、それで面接の通過率も向上。最終的には内定をいただくことができました。

成果主義を採用している外資系企業を転職先に選びました。

成果を出し続けていれば、基本的に何をしても問題なく、もちろん早く帰るのも良い。そういう外資系企業ならではの社風に魅力を感じて、転職をしました。それが今の会社です。ここでなら、今まで培ってきた経験・知識も活かせるので、言うことありません。入社してまだ日が浅く、まだ会社に慣れていない部分もありますが、それでも前の会社よりも早く帰れています。そこが、嬉しいですね。家族も喜んでいますよ。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。

他の転職事例集

未来の自分をアピ―ル
Y.A(男性/30代)
[業種]インターネット関連企業→CRMソリューション企業
[職種]法務→法務
[年収]480万円→500万円
異業界・異職種への転職
K.Y(男性/30代)
[業種]日系大手Sler→ブライダル企業
[職種]管理用サーバ設計・構築→社内SE
[年収]400万円→500万円
働きながらの転職活動
A.T(男性/20代)
[業種]大手通信事業会社→ネットワークインテグレーション企業
[職種]国内営業→ソリューション営業
[年収]450万円→500万円

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


ページの先頭へ戻る