公開日:2022/06/23 / 最終更新日: 2022/09/14

  1. ハイクラス
  2. 最新記事
  3. 転職マーケット×外資系企業
  4. 転職市場

30代で外資系に転職する方法。ポイントを徹底解説

30歳を目前に控えた方や、35歳間近な方。こういった節目の年齢になり、ご自身のキャリアプランについて振り返る機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。中途採用が多い外資系企業では30代での転職も十分可能です。しかし外資系企業への転職を成功させるには、「即戦力として活躍できるスキルがあるか」「専門性の高い知識を持っているか」など、転職を成功させるためのポイントがあります。

今回は、ミドル世代が知っておくべき外資系企業の転職方法をご紹介します。


JACは英国創業以来、40年以上にわたり、外資系企業への転職を支援し続けています。
外資系企業への転職のご相談(無料)は、JACへ。


30代の外資系企業の転職事情


日系企業で働いている方にとって、外資系企業がどのようなものか、想像しにくいという方も多いかもしれません。30代の転職ご希望者様は、どういったスキルや経験を求められるのでしょうか。具体的にご紹介いたします。

マネージャークラスへの転職を視野に入れる

外資系企業が募集している30代向けの求人は、マネージャーや管理職のポジションが目立ちます。つまり外資系企業側が30代の方に求めているのは、即戦力としてチームや部署を管理できるマネジメントスキルやリーダーシップ。管理職としての実務経験があると有利に働くでしょう。

既に経験がある方や、スペシャリストの道を究めるという方は問題ありませんが、もしマネジメントやリーダーといった経験がないという方は、現在の職場でそういった経験を積んでから、転職を検討するという方法もおすすめです。

30代の場合、ライバルとなるのは海外駐在経験者やマネージャー経験者

外資系企業への転職を目指す上で知っておきたいのが、選考過程でライバルとなる人材のキャリアやスキル。日系企業の海外支社で働いていた駐在経験者など、語学堪能なことは大前提として、グローバルな環境で働いてきた方々がライバルになります。

また募集職種や部門によっては、MBA取得者やマネジメント経験者と天秤にかけられることもあるということも、理解しておきましょう。

前半・中盤・後半同じ30代でもニーズは異なる

一口に30代といっても、年齢によって求められることは異なります。20代の延長ともいえる30代前半はポテンシャルで採用される可能性も少なくありません。

一方で、30代中盤に差し掛かってくると、統率力やマネジメント力が重視されることも増えてくるでしょう。「35歳転職限界説」といわれていますが、実力主義の外資系企業では、企業側が求められているスキル、経験さえ備えていれば転職は可能ということが多いです。 30代後半では管理能力に加えて、指導力や課題解決力など複数スキルを持つ方が有利となる傾向です。

語学レベルは求人の募集内容ごとにチェックを

外資系企業でも、事業内容や募集職種によって、必要となる語学力のレベルは異なります。一部の業務内では英語を使用しないというケースもありますが、TOEICの点数だけではなく、高いスピーキング・ヒアリング・ライティングスキルを求められる求人もあります。ご自身が希望する業務で必要となる語学レベルや語学スキルは事前に調査し、習得しておくことをおすすめします。

スペシャリストとして、狭く深くを意識

オールラウンダーな人材を育成する日系企業とは異なり、外資系企業では専門知識を持つ人材が重宝されます。30代に突入しているとなると、20代で培ってきた専門領域の知見を問われる場合もあるでしょう。「広く浅く」というよりは、「狭く深く」を意識して、自分の得意分野をより極めることが、転職成功の秘訣といえます

外資系企業の本国の傾向を知ることも重要

米国系、欧州系、アジア系など、外資系企業の資本元がどの国かによって、風土やカルチャー、経営方針は大きく異なります。国ごとの企業の特徴を調べたり、有識者に相談したりと、事前に知識を入れておくと入社後のギャップも少なくて済みます。


JACは英国創業以来、40年以上にわたり、外資系企業への転職を支援し続けています。
外資系企業への転職のご相談(無料)は、JACへ。


Topへ

30代で、外資系企業への転職を成功させるには


ここからは外資系企業の転職を成功に導くためのポイントをご紹介します。

最新かつ詳しい情報を得ること

無事採用されたとしても、入社後に「予想と違った」とミスマッチを感じてしまえば転職成功とはいえません。外資系企業への転職活動において重要なのは、ネガティブなギャップがないよう、業界や企業の最新情報を取得しておくことです。インターネット上での情報だけでなく、リアルな情報を得るためにも、企業に在籍している社員や転職事情に詳しい転職エージェントへ相談することをおすすめします。自分が希望する部署や職種の実態、年齢に応じた転職メソッドを確認しておきましょう。

英文の履歴書や英語面接のブラッシュアップ

外資系企業への転職では英語での面接や英文履歴書が必須となるケースもあります。「一人でそこまでできるか自信がない」とハードルの高さを感じている方は、事前に準備をしておく方が良いでしょう。

評価されるスキルを理解しておく

社内外との折衝能力

ビジネスでは、相反する意見を持つ相手と話し合い、上手く折り合いをつける折衝能力が必要不可欠です。折衝力は、社内外問わず、人間関係を構築するうえでも必要となる場面が多いといえます。折衝能力を持った方は、外資系企業でも重宝される傾向にあります。

即戦力の根拠となる実績や専門性

外資系企業が30代の転職ご希望者様に問いたいことは、即戦力として活躍できるかどうか。今までの実績や習得した専門的知識を示せる具体的なデータやエピソードがあると、面接などでスムーズにアピールできるでしょう。外資系企業が求めている能力とあなたが持つ能力が合致していると、転職成功に近づけます。

英語でのロジカルなコミュニケーション

英語力を求めている外資系企業の場合でも、必ずしもTOEICの点数が良ければクリアというわけではありません。重要なのは生きた英語を使いこなせること。特に論理的思考を求める外資系企業では、自分の意見をロジック立てて説明する必要があります。英語を使ったロジカルなコミュニケーションは、採用を左右する重要ポイントといえます。

また、キャリアプランを明確にしておくことも重要です。

外資系企業への転職によって成し遂げたいことや経験したいことを明確にしておきましょう。キャリアプランが描けていると、転職活動の軸をぶらさずに進めることができます。また面接などでキャリアプランを聞かれることも。

将来のビジョンが明確な人材は、モチベーションが高いと見なされ、有益になることが多いです。


JACは英国創業以来、40年以上にわたり、外資系企業への転職を支援し続けています。
外資系企業への転職のご相談(無料)は、JACへ。


30代で外資系に転職する利点


30代で外資系企業に転職することの利点は以下のような点があります。

評価も昇格も実力次第

年功序列型の日系企業に対し、外資系企業の多くが成果主義です。輝かしい学歴やキャリアがあっても、外資系企業では役に立たないのが実情。言い換えると、自分の経験や能力を最大限発揮して結果を出せば、いくらでも上を目指せる環境があります。

高収入を目指せる

日系企業と比較して、外資系の給与は高いと言われています。理由としては、外資系企業はJOB型(全世界統一のグレーディング)であること、また、年俸制を取っていることなども給与の高い理由です。

休暇を取りやすい

日系企業に勤めている方の中には、周りの状況に配慮しながら有給休暇を取得している方も多いかもしれません。外資系企業は自分のやるべき仕事をこなしていれば、有給休暇を取りやすいです。


JACは英国創業以来、40年以上にわたり、外資系企業への転職を支援し続けています。
外資系企業への転職のご相談(無料)は、JACへ。


30代で外資系に転職する場合の懸念点は?


良い意味でも悪い意味でも成果主義である

徹底した成果主義の外資系企業。日系企業と比べると、リストラの基準がシビアなので、常に成果を出すプレッシャーは、人によっては大きいかもしれません。

しっかりと対策をして30代で外資系企業に転職を


いかがでしたか。30代で外資系企業への転職を成功させるには、いくつかポイントがあることが分かりました。転職に向けて事前に対策をし、自分の目指すキャリアプランを歩んでいきましょう。JAC Recruitmentでは、多くの30代の外資系への転職希望者様をご支援してまいりました。そのノウハウを生かして、英語面接対策や英文履歴書の添削も行っています。本番で本領発揮できるよう、語学力の対策を講じておくと転職成功率がアップします。

Topへ


JACは英国創業以来、40年以上にわたり、外資系企業への転職を支援し続けています。
外資系企業への転職のご相談(無料)は、JACへ。


外資系の転職の関連コンテンツ


英文履歴書(英文レジュメ)の書き方。サンプルダウンロード付


外資系企業や日系グローバル企業に応募する際には英文履歴書(英文レジュメ)が必要です。英文履歴書は日本語の履歴書と似て非なるもので、書類選考を通過するためには適切なポイントを抑えることが不可欠です。詳細はこちらをクリック

転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。