ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

営業

POINT

書類選考を通過して得た自身をアピールする場としての面接。そこでは、“何をアピールすれば効果的なのか”、“そのためにどんな準備をすればよいのか”など、不安は様々にあると思います。このページでは誰もが抱える“面接に対する不安”を払拭していただくために、JAC Recruitmentが持つ面接対策のノウハウをお伝えします。本来、面接の受け答えに正解はありません。正解がないところに合否が発生するのはなぜでしょうか?このページを読み、面接のコツを学んでいただければと思います。

面接前に準備しておくことは3つだけです

  • 職種への志望動機
    「なぜその仕事がしたいのか?」
  • 企業への志望動機
    「なぜ○○社を志望したのですか?」
  • 将来のキャリアビジョン
    「将来、どうなりたいですか?」

特に重要なのは③で、ここが定まっていれば、自ずと①と②は決まってきます。例えば、“③私のキャリアビジョンは○○です。①それを実現するためには、今この仕事をしておく必要があり、②それができるのは○○社だけです。”というふうに考えていくことができるからです。以上の3点を事前に押さえておけば、面接官から何を聞かれても大丈夫です。

書類選考を通過した時点でスキルは合格ラインに達しています

面接ではスキル以外の部分が選考の基準になっている場合が多くあります。もちろん面接官からのスキルに関する質問は必ずありますが、その目的はスキルの再確認ではなく、コミュニケーション能力などを測るものかもしれません。面接では職務経歴書に書かれているスキル以外の部分が選考の対象になっている場合が多くあります。

【Point1】一緒に働きたい人はどんな人ですか?

面接官の立場になって考えてみてください。次のどちらの人と一緒に働きたいと思いますか?“経験・スキルに魅力があるが、社会のルールが守れない人”と“経験・スキル的には少し物足りなさがあるがポテンシャルを感じる人”。経験・スキルだけを基準にしているのであれば前者が採用になるでしょう。しかし多くの方は後者を選ぶのではないでしょうか。面接官も同様に後者を選ぶはずです。一緒に働きたいかどうかも大きな選考のポイントです。面接の選考基準はスキルだけではないのです。

【Point2】話し方(コミュニケーション)

的を射ない話し方はNGです。まずは結論から話して、それからその理由を説明します。理由から話し始めてしまうと、何が言いたかったのか分からなくなってしまう可能性もありますし、話の途中で別の質問をされ、結局言いたいことが言えないということにもなりかねません。なにより、面接官に飽きられてしまう可能性があります。面接官からの質問には、結論からズバリこたえましょう。

例:答えが1つの場合
面接官:「何をしたいですか?」
回答:「私は○○をしたいです。なぜならば~~~」
例:答えが2つ以上ある場合
面接官:「何をしたいですか?」
回答:「私は○○をしたいです。理由は2つあります。1つ目は○○。2つ目が○○です。具体的には…」

以上のことを念頭に、焦らずに自分らしく面接へ臨んで下さい。

面接終了後はコンサルタントに連絡をして下さい

担当のコンサルタントへ感想を伝えてください。我々は皆さんのエージェントです。皆さんの面接感想を踏まえ、企業からどの点を評価されたか?またどの点を懸念されたか?などを確認していき、今後の面接の進め方や対策を一緒に考え「作戦会議」を開きましょう。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク