ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

新卒採用面接と中途採用面接との違い

新卒採用の面接ではすべての応募者が社会人としての経験をもたないため、採用基準は自己PRと志望動機に重点がおかれます。目に見えない「将来性」が評価される訳です。一方、中途採用の面接では、応募者は社会人経験の中で現実に行ってきた、行動、努力、発想を評価されます。面接で重点的に聞かれる内容は、自己PRと志望動機の他に、前職での仕事内容、問題解決の手段、身についた技能や考え方、実績、退職理由と具体的です。
人事担当者は新卒採用時よりも正確に、応募者が自社の求める人物像に即した人間なのかどうかを見極めやすいと言えるでしょう。条件に該当する応募者がいなかった場合には、全員不採用という例も珍しいことではありません。
ただし、応募者は人事担当者の目が厳しくなったことを恐れる必要はありません。
転職活動とは、企業側が提示する条件と応募者側が希望する条件のマッチングを確認する作業です。応募者にとっても、人事担当者が「うちの会社に合うかどうか」を適切に判断してくれれば、入社後に「この転職は失敗だった」と後悔する可能性は減るはずです。
自分は転職に何を求めているか、企業は自分に何を求めているか。事前に自己分析と情報収集、そしてしっかり面接対策に努めれば、転職面接は新卒面接よりも努力が結果に反映されやすい、と言えます。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク