ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

国内最大手製薬企業とグローバルCRO、両者の強みを融合し最高水準のサービス提供を目指す

  • 武田PRA開発センター株式会社 / PRAヘルスサイエンス株式会社

    代表取締役社長
    小川 淳 氏
  • JAC Recruitment

    代表取締役社長
    松園 健

企業の方向性と、求める人材について

写真:小川 淳 氏

松 園: 確かに時代の背景とともに、価値観も変化していくものなのかもしれませんね。 それでは次に、御社の今後の事業の方向性についてと、そこを担っていく存在となる”求める人材像”について教えてください。

小川氏: 我々の今後の動きに関するプライオリティーは、第一に『武田薬品』に対してのサービスの提供。第二に『PRA Health Sciences』に対してグローバルなサービスの展開を行なうことです。 わたしたちが目指すのは一番大きな組織ではなく、一番信頼のおける組織になることなので、そういった姿勢に共感してくださる方と一緒に仕事がしたいですね。 採用活動については、新卒・中途ともに力をいれています。現状、250名の社員のうち1割弱にあたる20数名が新卒採用の社員です。 かといって新人ばかりではまわらなくなってしまうので、採用人数に関しては、CRAの経験者をどのくらいプールできるのかといったところが当面の課題です。 そういった経験者をどのくらい抱えることができるかで、今後の採用計画にも大きく影響してくると考えています。
最も信頼の置ける組織へと成長していくために、今年1年間で新卒を含めて100名近い人員を採用しました。ですが、先ほども触れたとおり、わたしたちは成長のスピードよりも クオリティーの担保に重きを置いているので、人材の確保に関しては具体的な数値目標を設けているわけではありません。
また、わたしたちは今後も成長を続けていくフェーズにいるので、「会社の成長に合わせてフレキシブルに活躍していきたい」と考えられる方を求めています。 そのため、「自分はこの役割しかやりたくない」と、自ら業務範囲に線を引いてしまうような方には向きません。 どんどん新たなフェーズに進んでいくことに喜びを感じる方。且つチームワークを大切に出来る方と一緒に働いていきたいですね。

松 園: 現在抱えている案件の多くは『武田薬品』さんのパイプラインを通じたものということでしたが、具体的にはどのような臨床開発に取り組んでいるのですか?

小川氏: 現在は、オンコロジー(癌などの腫瘍の原因や治療についての研究)や、CNS(中枢神経)やGI(血糖値)に関わる研究を中心に行なっています。 今後はワクチンの開発などにも携わっていく可能性があります。ただ、今ある研究のみに的を絞っているというわけではないので、こうした分野以外のスキル・ご経験をお持ちの方も歓迎しています。
また、「入社される方には長く働いてほしい」というのが、わたしたちの考え方。 そのため、長期的なキャリア形成を希望される方であれば、ライフステージによって働き方をセーブしなければならない可能性のある方などにも積極的に門を開いています。 「社内だけではなく、社外での経験も踏まえて成長していただきたい」というのが、わたしたちの考える社員との向き合い方なのです。 外国の場合は、役割ごとに職責を担うスタイルが一般的なので、一度就職した後にジョブチェンジを行なうことが難しい傾向にあります。 その点、日本はステージごとに適材適所で仕事を任せていけるフレキシブルな雇用制度が浸透しています。 こうした日本の良い文化は残しつつ、グローバルとの融合を行なっていければ、より良い組織作りが実現できるのではないかと考えています。

求職者の方々に伝えたいこと

写真:小川 淳 氏

松 園: 最後に、求職者の方にメッセージをお願いします。

小川氏: 新しいものを作り上げることに誇りを感じる方や、チームで協力して業務を進めることにやりがいを感じられる方に向いている風土の職場です。 当社は社内のカルチャーにも力を入れており、『INSPIRE(インスパイヤー)』というバリューを掲げ、それぞれの頭文字が持つ意味を胸に仕事をしています。

(I)Innovative(今の状況にとらわれず、どうあるべきか ということに目を向ける)
(N)Noticeable(自身の存在を明らかにし、目標を高く設定する。具体例をもって手本を示す)
(S)Self-aware(自分自身およびチームの長所、短所を正しく認識する)
(P)Passionate(自身の業務に目標・目的を持つことで熱意を持ち、チーム内の他者にも自分で発見・行動が出来るような影響を与える)
(I)Inclusive(メンバー各自が主体的に動き、イノベーションを促すチームを作る)
(R)Resilient(あきらめない心、貢献する気持ちを持ってプレッシャーのかかる状況に対処していく)
(E)Enthusiastic(業務に愛着を持ち、仲間と刺激し合いながら前向きに取り組んでゆく)

このように会社としてのカルチャーを確立していくことで、仕事をするモチベーションにも大きく関わってくるというのがわたしたち”PRAジャパン”の考え方。 「どこで働いても同じ」ではなく、「この会社で働きたい」と感じてくださる方がいてこそ、会社としての存在意義が出てくると考えています。 こういった想い・姿勢に共感していただける方。ぜひわたしたちと一緒に働きましょう。」

インタビューを終えて
株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント 代表取締役社長 松  園 :2017年に設立されたまだ若い会社ながら、そのベースは日本の製薬会社大手『武田薬品工業株式会社』であるという大きな強みを持つ同社。
創業は1781年。1925年に株式会社として本格始動してきた長年の歴史と実績、ノウハウを駆使して日本の医薬品メーカーを牽引してきた同社の運営モデルを引き継いだ『武田PRA開発センター株式会社』と米国CRO最大手の一角『PRA Health Sciences』のノウハウをベースに運営する『PRAヘルスサイエンス株式会社』は、今後、最新技術やグローバルな文化などを融合し更なる飛躍を遂げていくことと思います。
また、同社は"必要とする人がいるのであれば、どんなコアなニーズにでも対応していきたい”という姿勢で研究開発に取り組んでいるので開発する臨床技術の幅が制限されていないことも特徴的。製薬業界での幅広い知識・経験を持った方に集ってほしいと考えているそうなので、自身の経験を活かして広いジャンルの臨床開発に取り組みたい方にぴったりの環境だと感じました。 JAC Recruitment 代表取締役社長 松園 健

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク