ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

自動車業界の転職:積極的な海外展開と新技術で採用数も大幅増

小池
担当:小池 【横浜支店 Automotiveチーム】

【得意分野】

業種 : 自動車業界

職種 : 営業、技術系職種(設計職、プロジェクトマネジメント職、購買職、品質職)全般

企業タイプ : 外資系サプライヤー

■好調な景況感が続く自動車業界。グロ-バル人材への期待が高まる。
多くの業界において景況感が大幅に改善されている現在、自動車業界では、ADAS(先進運転支援システム)技術をはじめとする新技術の台頭と、シェア拡大を狙う外資系企業の積極的な事業展開にともない、企業の採用活動も活発に行われています。日系企業の海外進出強化の動きもあり、特にグローバルに活躍ができる英語力のある営業職、設計職の他、購買職や品質職の募集が大幅に増えています。
■自動車業界における技術革新と求人ニーズ
技術革新にともなって、大きくふたつの求人ニーズが出ています。
まずひとつ目は、これまでも求人の多くを占めていた機械系部品(エンジン・パワートレイン、内装・外装、シャシー等)の営業、設計(アプリケーションエンジニア)、品質・生産管理、購買などの職種に関する採用です。
その背景として、エンジン・パワートレイン関連、ボディ・内装関連、シャシー関連などについては、引き続き材料からの見直しを含め、一層の軽量化と強度の向上を目指し製品開発が進められています。また、デザイン性についても従来よりもさらに強化領域となっています。このような自動車に紐づく機械部品関係の製品技術は今後も堅調に推移していくと考えられます。
ふたつ目は、今もっとも注目されているエレクトロニクス分野、特にADAS(先進運転支援システム)技術に関するニーズで、この分野において、エレクトロニクス業界の技術者への採用意欲が旺盛です。従来の自動車には無い新しい機能として、カメラ・レーダー技術など高度なエレクトロニクス技術を用いた「危険の感知・止まる/避ける」技術として注目されています。行く先としては完全自動運転技術を見据えて、各社これまでとは異なる技術領域の開拓に切磋琢磨している状況です。技術の進化にともない、今後はソフトウェア、ハードウェア、更にはWeb関連技術者というニーズも出てくるでしょう。
■外資系企業の新たな動きと求められる日本クオリティ
一方、外資系企業でも新たなグローバル化の動きが出ています。
具体的には、日本に製造拠点を持たない外資系企業が、日本のOEM(完成車)の高い品質ニーズに応えるべく、あえて日本の高い品質基準に慣れた方を日本で採用し、中国やインド・ベトナムといった海外製造拠点に駐在させる、または現地採用で日本人を採用する、といった動きです。
求められていることは日本流の生産管理、品質管理のノウハウを海外製造拠点にも徹底させることで、日本の完成車メーカーの細かなニーズに応えることです。今後、このような動きは各社で行われることが予想されます。
■業界未経験、英語力が不安でもチャンレンジを
まず、異業界出身者の方でも、ぜひチャレンジしてみる、という気持ちで積極的にご応募ください。
特にエレクトロニクス業界の技術者の方々には門戸が開かれています。
一方、英語力が必要という求人が非常に多いことも事実です。特に外資系オートモーティブで重要視されるのは、TOEICの点数よりも、どの位積極的に会話を成り立たせられるか、というコミュニケーション能力です。例え、少々苦手意識があっても、英語面接などにも積極的に挑戦していただきたいです。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク