ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

若手USCPA資格保持者を登用する大企業が相次ぐ

【経理】国内受験が可能になったUSCPA 若手の資格保持者を登用する大手企業が相次ぐ
今年から大阪でもUSCPAの国内受験が可能になる一方、リーマンショックの影響が後を引く大手監査法人では、多くの希望退職者を募るなど、経理の有資格者をめぐる動きが出ています。
大手企業では、公認会計士、USCPA、簿記一級などの資格を募集条件に挙げる企業が増加しています。また、企業経理の実務経験が一層重視され、従来社内に公認会計士を抱えていた大手企業のみならず、中小企業でも公認会計士の採用へ動くことが予想されます。
また、若手のポテンシャル求人においては、監査法人などの人材募集が絞られがちな現在、企業側では以前よりレベルの高い資格保持者を確保したいという意識も見受けられます。そのため企業の募集条件に、経理実務経験に加えて、簿記一級保持、公認会計士資格保持、受験経験者応募可能という表記のある求人が増える傾向です。従来、経理の素養がある目安になっていた簿記二級が以前ほど転職に有効ではなくなってきています。
経理求人は全体的に競争率が高くなる傾向がありますので、検討されている方は、早めの行動をお勧めします。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク