公開日:2021/10/13 / 最終更新日: 2021/12/07

  1. メディカル(医療)業界
  2. 転職市場

製薬業界 マーケティング関連職(MSL・MA)の採用動向

業界再編の進む製薬メーカー


大手製薬メーカーは、内資・外資問わず主力製品の特許切れや、ジェネリック医薬品のシェア拡大などによって、生き残りをかけた業界再編が進んでいます。

マーケティング関連職の採用動向


マーケティング関連職種は、プロダクトマーケティング、MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)、MA(メディカル・アフェアーズ)などが挙げられますが、いずれにおいてもこれまで以上に、専門性を求めるスペシャリスト採用が行われています。

特にMSLに関しては、その製薬会社が注力している疾患領域、研究内容にフォーカスした求人ニーズがあり、営業的な数値分析経験よりも、高いサイエンスレベルが要求されます。
現在、多くの製薬メーカーが、KOL(キーオピニオンリーダー)と同等の知識の深さを持ち、対等に疾患領域、治療方法、研究内容について語ることのできる人材獲得に注力しています。

転職アドバイス


マーケティング関連職の採用は、1ポジションにつき1~2名といった傾向がありますが、今後は新薬上市のタイミング、適応拡大への対応、LCM(ライフサイクルマネジメント)など業務拡大が見込まれるため、即戦力となる中途採用求人は引き続き発生します。

また、マーケティング関連職は、事業・経営戦略に関わる部門でもあるため、非公開求人が増えており、直接人材紹介会社に人材サーチを依頼するケースが増えてきており、Web上に求人が公開されるころには、他の方の採用選考が進んでしまい、採用が決定してしまうこともあります。応募タイミングを逃さないよう、転職をお考えの方は、常に高くアンテナを張っておくことが重要です。

プロダクトマネージャー職

プロダクトマネージャー職については、市場分析や競合分析・販売予測および計画の立案に加えて、KOL対策をいかに行ってきたかが重視されます。

MSL

MSLについては高いサイエンスレベルが求められます。
また、開発職等と同様に、海外とのやりとりも頻繁に発生するため、高い英語力をお持ちの方は選考において有利といえるでしょう。

製薬メーカーのマーケティング関連職の求人は、前述のとおり、以前にくらべ大きく変化しています。転職をご検討中の方は、情報収集も兼ねお気軽に当社にご登録ください。魅力的な求人と出会えるかもしれません。

(2014/11/25)

この記事の著者

小川

医薬 バイオチーム

【得意分野】

業種 : 製薬メーカー、バイオベンチャー
職種 : 臨床開発、品質保証、事業開発、薬事・CMC
企業タイプ : 外資製薬(先発)メーカー(企業規模問わず)、バイオベンチャー


関連コンテンツ


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。