ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

>2014年度エレクトロニクス業界採用トレンド
~日系企業の採用活発化・Newマーケットへの取り組み強化~

全体的には買い手市場が続くも、中堅層や注力市場向け要員は売り手市場にシフト
【半導体】 ~ 一部企業での採用復活 ~
半導体デバイスメーカー再編の影響で、採用企業数が相当数絞られている厳しい市場ではあるが、リーマンショック以降の景気悪化の底打ちを経て、日系のメーカー・商社などで積極的な中途採用活動実施。次世代・新規技術に向けた採用が多いこともあり 若手~中堅・次世代リーダー候補の採用が中心だが、車載向け・アナログ系半導体領域、あるいは外資系企業では、中堅~ディレクタークラスでの採用の動きもあり。
【電子部品】 ~キャリア採用復活~
大手メーカーを中心に、キャリア採用が復活。電機メーカーの優秀な技術者の取り込みの動きも。国内の大手顧客(電機メーカー)ニーズの減退を受け、各社 海外メーカー向けのビジネスを強化。それに伴う、海外事業要員の案件などが増加。また、半導体同様に車載向けビジネス強化に向けた「営業」・「品質」などの採用も活発化している。
【完成品(AV機器・家電等)】 ~まだまだ厳しい市場感続くが、新興企業で採用の動き~
完成品メーカーの中途採用市場は、全体的にシュリンク。逆に、早期退職の影響により求職者が増加傾向。
ただし、一部の新興家電メーカー・ジェネリック家電メーカーは成長を続けており、大手メーカーからの優秀な技術者の獲得に向けた採用活動なども実施。
■Newマーケットへの取り組み
【車載市場】
外資・日系ともに、同転職マーケットにおいて車載向けビジネスの強化が命題。 カーエレクトロニクス市場の発展・電気自動車の普及により、自動車向けの電子部品・半導体・センサーの需要が増えており、各社がこの市場向けの要員を積極採用中。特に外資系企業・日系商社においては、電機メーカーの不振も重なり、車載市場でのシェア獲得が急務となっており、車載向けビジネス経験者に関しては、完全な売り手市場が今後も続く見通し。
【海外市場】
日系企業での海外市場強化要員ニーズの高まりが顕著。これまでの、国内の大手クライアントの海外進出に紐づく海外展開だけではなく、海外現地の顧客基盤(特に中国・東南アジア)の開拓の為の要員が必要とされている。
それに伴い現地法人を開拓できる「営業」、ならびに生産工場の海外移管に伴う、「海外製造周り・品質」などの経験者採用ニーズが高まっている状況。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク