ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

CFOとは?転職に必要なスキルや特徴について解説



キャリアコンサルタントはあなたのライフパートナー
JAC Recruitmentのご登録者は中長期的なキャリアプランに対する意識が高いビジネスパーソンが多く、 転職を検討していない時期でもキャリアコンサルタントに業界動向や市場価値について情報交換することが珍しくありません。ライフプランを相談し、保険や金融商品の見直しをするファイナンシャルプランナーのように、ご自分のキャリアについて、キャリアコンサルタントや転職エージェントを利用されています。

銀行、投信銀行における30~40代の転職動向

経理・財務分野のスペシャリストとして経験を積んでいる皆さんのなかには、将来のキャリアパスとして「CFO(最高財務責任者)」を目指している方も多いのではないでしょうか。

昨今、CFOのニーズは高まっており、求人の選択肢も増えています。

そこで、CFOの役割、求められている背景、必要なスキル・経験・資格、年収相場、転職事情などについてお伝えします。

目次/Index

CFOとは?


CFOとは「Chief Financial Officer」の頭文字をとった略称で、「最高財務責任者」を指します。

その名のとおり企業の財務部門のトップですが、従来の「財務部長」とは位置付けが異なっています。 財務に関連する業務を統括・管理するだけにとどまらず、経営戦略の意思決定に深く関わり、経営戦略を踏まえた財務戦略を策定し、実行する役割を担います。

つまり「一部門の責任者」ではなく、「経営陣」の一人なのです。 財務戦略をなくして経営戦略は立てられないと考えられる今の時代。 欧米において、CFOはCEO(最高経営責任者)に次ぐ、ときにはCEOと肩を並べるほどの重要なポジションにあり、高いステータスを確立しています。

日本においては、まだまだCFOの概念があいまいで、「経理部長」「財務部長」の延長として捉えられることもあります。しかし、本来の意味での「CFO」を担える人材へのニーズは年々高まっています。 なお、日本企業として初めてCFOを導入したのはソニー。その初代CFOに就任した伊庭保氏は、「CFOは企業価値の番人」を持論としています。 メディアのインタビューに応じた伊庭氏は、CFOの役割についてこう語っています。

「企業価値とは、株主価値(時価総額)のほか、非財務的価値も含む。非財務的価値には、イノベーティブで魅力ある商品やサービスを生み出す力、品質、ブランド、マーケティング、就職人気度、CSR(企業の社会的責任)、トップの社会的プレゼンスも含まれる」 「企業価値は財務的評価と非財務的価値を総合したものであり、企業価値の源泉は企業理念」 「CFOの役割は、企業理念に照らし、また企業理念を実現するための経営戦略に従って、経営資源を適切に配分し、企業価値が向上しているかどうかを評価する」



なお、現在のソニーグループ代表執行役会長兼社長CEOである吉田憲一郎氏は、CFOを経て現在のポジションに就任しています。吉田氏がCFO時代に実施したコスト構造改革が、業績改善の要因の一つと言われています。

CFOの役割とは?

日本CFO協会によると、CFOの役割は次のように定義されています。

  • ●企業価値の向上を図る
  • ●世界の基準に合わせた透明性を確保する財務管理力を強化する
  • ●財務戦略を経営戦略に取りこみ企業活動をマネジメントしていく

  • CFOが手がける業務としては、次のようなものが挙げられます。

    ・財務諸表の管理/財務分析
    ・事業キャッシュフローの予測
    ・タックスプランニング
    ・予算配分
    ・資金調達
    ・利益の還元(配当支払い・内部留保など)
    ・リスクマネジメント
    ・M&Aの検討
    ・コーポレートガバナンス/内部統制
    ・IR

    特に、近年のCFOに期待される3つの役割に注目してみましょう。

    1.資金調達


    事業・組織を拡大するための資金を調達します。資金調達の方法は次の2とおりに分けられます。

    ●金融機関に対して事業計画のプレゼンテーション・交渉を行い、「融資」を受ける
    ●「出資」を受けるにあたり、出資元(ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家など)を選定し、交渉。条件や発行する株式数などを検討、決定する

    近年、CFOの重要性が増した大きな要因として、「資金調達法の変化」が挙げられます。 「金融機関からの資金調達」から「市場からの資金調達」へのシフトが進んだのです。 1990年代初頭あたりまで、企業の資金調達は「メインバンク」からの融資が中心でしたが、バブル崩壊以降、金融機関は簡単には融資をしなくなりました。 そうした状況下で、業歴が浅く、経営が安定していない中小ベンチャー企業などは、投資家からの資金調達に力を入れるようになったのです。 金融機関が相手である場合、自社の「現在の財務状況」と「今後の財務計画」を説明すればいいのですが、市場から資金調達をするとなると、それ以上のアピールが必要です。

    「投資価値がある」と見なしてもらうためには、自社が手がけている事業の「市場成長性」「競合優位性」、そしてそれらを踏まえた「経営戦略」「事業戦略」などをプレゼンテーションする必要があります。 この役割を担うには、「財務部門の担当者」には荷が重すぎます。一方、社長(CEO)は、財務の専門知識が乏しい、あるいはまったくないケースも多数。 そこで、財務のスペシャリストという立場で経営戦略に関わるCFOが求められるようになったのです。 近年は、新たなテクノロジーを活用したビジネスモデルやサービスで勝負するスタートアップ企業が増加。事業拡大に向け、資金調達を担うCFOのニーズが高まっています。

    2.財務戦略の策定・実行


    事業・組織が拡大していくにともない、「予実管理」の重要性が高まります。 商品・サービスの開発費、営業経費、広告宣伝費、採用活動費、人件費、オフィス賃料など、運営に関わるコストが多様化し、増加。そこで、事業計画や目標数値と照らし合わせ、適切な予算配分を行います。 企業が持つ資産から生まれるキャッシュフローをいかに最大化するかを考え、どのような活動や設備にどれくらいの資金を投入するかを策定し、全般の数字をマネジメントします。

    3.IPOに向けた内部統制・外部との交渉


    IPO(新規株式上場)への準備段階に入った企業では、CFOは内部統制の体制構築、監査法人や証券会社の選定・交渉を担うようになります。 このフェーズでは、経理・財務・法務・IRなど多くの部門・職種が関わってくるため、チームが連携して円滑に進められるよう、マネジメントも重要となります。 また、IPO達成後には、機関投資家などとの対話も行います。 近年、IPOの数は増加しており、今後も高水準で推移すると見られています。IPO準備経験を持つCFOのニーズが高まっています。

CEO、COO、CRO、CMOとの違い


CxO(最高○○責任者)の種類は多様。CFOと比較的近い位置にいるCxOとの役割の違いは、次のとおりです。

CEO(Chief Executive Office)最高経営責任者
CEOは、経営方針・経営戦略の決定権を持ち、企業経営に関する全ての責任を負います。

COO(Chief Operations Officer)最高執行責任者
CEOが策定した戦略を部門での実務オペレーションに落とし込み、遂行します。CEOに次ぐ「No.2」と見なされることが多いポジションです。

CRO(Chief Risk Officer)最高リスク管理責任者
多様化・複雑化している企業リスクに向き合い、危機管理対策を行う責任者。CEOが策定する戦略においても、起こり得るリスクを想定し、未然に防ぎます。

CMO(Chief Marketing Officer)最高マーケティング責任者
市場調査・競合調査などのマーケティング活動において、関連する部署をとりまとめ、マーケティング戦略を策定・実行。ブランディングの役割も担います。

従来型の日本企業では、「社長」がCEO・COO・CFOなどの役割を一手に担ってきました。 しかし、今後は役割を分担し、CEOが経営戦略に集中できる体制をとる企業が増えていくでしょう。

CFOの年収相場は?

CFOの年収は、企業やキャリアによって大きく異なります。 JACリクルートメントが保有するデータによると、CFOのポジションに就いている方々の年収は、企業規模やキャリアにより900万円台~3000万円超の開きがあります。 平均値・中央値をとると、1600万円前後です。 スタートアップ企業や成長途上のベンチャー企業では、この年収相場よりも金額が低くなります。 「700万~800万円」からのスタートとなる求人が多いようです。 転職サイトに掲載されているCFO(CFO候補)の求人情報では、次のような年収提示が見られます。

●800万~1200万円
●800万~1500万円
●1000万~1700万円
●1200万~1500万円
●1400万~1700万円
●1200万~2500万円
●1000万~3000万円
●1800万~3000万円

1社の求人でも、年収幅を広く設定している実態が見てとれます。 高度なスキル・実績を持ち、会社に利益をもたらせる人材であれば、高額な年収を出しても迎えたい企業が多いといえるでしょう。 なお、スタートアップ企業などに低い年収で入社したとしても、成長を遂げてIPOを果たせば、大幅な収入アップとなります。給与アップはもちろん、ストックオプションによって大きな資産を得るケースは多数あります。



CFOに必要なスキル・経験は?

CFOが求められるスキル・経験としては、次のようなものが挙げられます。

●経理/財務/会計の専門知識・経験
●財務分析をベースにした、経営戦略の企画・立案力
●外部へのプレゼンテーション力
●外部との交渉力
●マネジメント力
●リーダーシップ

「CFOの役割とは?」で挙げたとおり、CFOがカバーするのは広範囲。会計の専門知識だけでなく、今の時代に即したファイナンス理論、統計学の知識、税法の知識など、多様な知識が必要です。 M&Aを積極的に行う企業では、企業価値評価に関する知識も必要となります。 グローバル化が進むなかでは、英語力や海外でのビジネス経験が求められるケースもあります。 実際に、CFO(CFO候補)の求人情報に記載されている「求めるスキル・経験」の一例を挙げてみましょう。

●財務会計もしくは管理会計の経験
●資本戦略の策定、執行の経験
●管理部門のマネジメント経験
●事業計画の構築経験
●IPO準備経験
●デットおよびエクイティでの資金調達経験
●証券会社もしくは投資銀行の経験
●高度なコミュニケーション力

また、スタートアップ企業においては、自身の役割や業務範囲を限定せず、管理部門の幅広い業務に柔軟に対応する姿勢が求められます。



CFOになるために必要な資格は?


CFOの役職に就くために「必須」とされる資格はありません。 しかしながら、CFOの役割を果たすための能力を育成し、認定する資格はあります。 日本CFO協会では、グレードとジャンル別に4つの資格認定を行っています。

1.スタンダードCFO(基本コース)


経済産業省「経理・財務サービス・スキルスタンダード」に完全準拠。 認定要件/経理・財務スキル検定(FASS検定)(※)でレベル「A」の取得 ※経理・財務スキル検定(FASS検定)/経済産業省が開発した「経理・財務サービス・スキルスタンダード」をベースに米国テスト理論を取り入れることで、経理・財務分野における客観的な実務知識・スキルの習得度を測る検定試験。合否ではなく、A~Eの5段階で評価される。日本CFO協会が経済産業省の委託事業として開発し、検定試験を運営・実施。

2.プロフェッショナルCFO(上級コース)


企業財務の様々な課題を解決できる専門知識を身につけていることを証明する資格。経済産業省の「地域金融人材育成システム」に完全準拠。 認定要件/プロフェッショナルCFO資格試験(企業価値向上のための財務戦略エキスパート試験)の合格。

3.グローバルCFO(国際コース)


グローバル企業の企業財務に必要な知識を幅広く身につけていることを証明する資格。 認定要件/米国CTP、米国CPA、米国CMAの合格者。

4.ジェネラルCFO(MBAコース)


MBAのファイナンスコースのコア知識を身につけていることを証明する資格。 認定要件/会計専門職大学院、ファイナンス専門大学院等、日本CFO協会が認める経営財務分野の大学院課程の修了。 このほか、「MBA」「公認会計士」などの資格があれば、CFOとしての転職に有利となることもあります。



CFOのキャリア


CFOのポジションに就いている方がこれまでに歩んできたキャリア(業種・職種)としては、次のようなパターンが見られます。

●財務部門、経理部門のマネジャー
●監査法人勤務の公認会計士
●ベンチャーキャピタリスト
●金融機関(銀行/証券会社)勤務
●コンサルティングファームのコンサルタント
●事業会社の経営企画

上記のバックグラウンドを持ち、専門知識だけでなく、経営の視点やノウハウ、マネジメント力などを身に付けた人に、CFOとしての道が拓けるといえるでしょう。 そして「IPOに強いCFO」「M&Aに強いCFO」など、自身のブランドを築くことで、CFOとしてステップアップ転職を重ねていくことも可能となります。 なお、昨今は企業にCFOとして勤務しながら、「副業」として別の企業のCFOを務める人、フリーランスの立場で複数企業のCFOを「業務委託」の形で兼務する人も増えてきました。 「より『経営』を主導するポジションに行きたい」と志向する人は、CFOとして経験を積んだ後、転職によってCOOやCEOのポジションに迎えられるケースもあります。事業企画の経営企画に転職するケースも見られます。



CFOに転職するためにはどうすればいいのか


CFOの求人は、多くの場合、一般には公開されません。 企業は人脈を活用した「リファラル採用」を行うほか、転職エージェントやヘッドハンターに候補人材の紹介を依頼するケースがほとんどです。

CFOへの転職を目指す場合、知人を介する方法もありますが、条件が合わなかった場合に断りづらい、入社後に不満を感じても辞めづらい……といったデメリットがあります。何より、選択肢が限られてしまい、比較検討して選ぶことができません。

転職エージェントを利用することで、「非公開」の求人案件を入手でき、複数の選択肢を比較検討することができます。 また、「CFO」と一口に言っても、企業ごとに求められる役割が異なります。そして、経営陣の一員になるからには、経営トップや他の役員たちとの「相性」、理念やビジョンに共感できるかどうかも重要です。 それぞれの企業の内情や人材に求める要件を把握している転職エージェントに相談することで、自身が活躍できるポジションに出会える確率が高まるでしょう。

また、「CFOのキャリア」でも触れたとおり、CFOの先には「他社のCFOへの転職」「COO/CEO」「経営企画」など、さまざまなキャリアが広がっています。 自身が先々どんなキャリアを築いていきたいかによっても、選ぶべき転職先は異なります。多様なキャリアパスを見てきた転職エージェントのアドバイスを活用してはいかがでしょうか。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク