ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

WEB業界はスマートフォン知識も問われる傾向

【WEB業界】多様な職種で採用拡大 今後はスマートフォン知識も問われる傾向に
大手、中小企業問わずWEB業界の求人は増加の一途です。その理由は大きく2つ挙げられます。
1つめは震災の影響で通常のマス広告やバナー広告が使いづらい状況になり、各企業が直接的に集客を見込める自社サイトやECサイトにコストをかけ始めていること。2つめは巣篭もり消費やスマートフォンの浸透で、WEB上でモノやサービスを探すユーザーが増加しているためです。
制作・コンサルティング会社の求人としては、WEBプロデューサー、WEBプランナー、WEBディレクターの採用が強化されています。サイトをより効率的に見せたいというニーズの増大により、UIデザインの求人も増加。分析やマーケティング施策の立案・運営に長けているなど、PDCAサイクルにより具体的な数字面での結果を残せる人材が特に求められています。
またWEBメディア企業(ポータルサイト・クチコミサイト等)、デジタルコンテンツ企業(スマートフォンアプリ・オンラインゲーム等)の求人としては、サイトやコンテンツに人を集めるためのオンラインマーケティング担当、サイトやコンテンツの企画担当及び開発担当(エンジニア)の求人が増加。いずれもスマートフォン関連の経験がある人材のニーズが非常に高くなっています。特にエンジニアの採用は急務のため、高額の入社一時金を付与する企業があるなど、各社が採用に力を入れています。
従来PCとモバイルである程度分化していた感のあるWEB業界ですが、スマートフォン浸透の加速化で、境界線が曖昧になっています。転職を希望される方は、少しでもスマートフォン関連の業務経験を積んでおくと今後の転職が有利になるでしょう。特に企画や開発との連動が重要視されているため、企画の方は開発を、開発の方は企画のスキルを少しでも持つことが望まれています。
また先行者利益の大きなビジネスなので、大手企業では、日本で成功したインターネットサービスを海外(特にアジアの新興国)に早めにランディングさせたいという動きが強まっています。今後は海外事業展開のノウハウを有する人材のニーズが高まっていくでしょう。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク