TVCM
TVCM

2023年予測 採用/教育・研修・人材開発の転職市場動向

  1. 転職マーケット×管理部門
  2. 転職市場

人事職の採用は、数年前からの「働き方改革」、昨今の「人的資本の情報開示」などの潮流にともない、人事部門の強化を図る企業が増えているためです。
JAC Recruitment(以下、JAC)では、人事職の転職を専門的にサポートする組織を有し、採用企業の規模ごとに専門性をもって転職の支援をしています。
今回は、人事分野に精通しているJACのコンサルタントが、採用/教育・研修・人材開発の転職市場動向、求められる要件、求人の特徴、転職成功のポイントなどについてご紹介します。


管理部門に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。
業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、
JACのコンサルタントにご相談ください。


採用/教育・研修・人材開発、最新の転職市場動向


「人事職」の採用に際して、ご本人の経験に応じて「採用」あるいは「教育・研修・人材開発」からスタートする、という前提の求人が多くを占めています。なかでも潮流や、ビジネス拡大に向けて、人事改革・整備の推進を担うリーダー~マネジャークラスのニーズが高まっています。

大手企業の採用動向

大手企業においては、事業部ごとに採用機能を持たせ、その事業部が求める人材の採用活動を行うケースが増えています。その事業部門の「ビジネス」を理解したうえで、適切な採用活動を行える採用担当者が求められています。

教育・研修・人材開発についても、近年、力を入れる傾向が見られ、専門スタッフの求人が出ています。

中小企業の採用動向

ビジネスを軌道に乗せ、拡大フェーズに入ったベンチャー企業において、採用担当者のニーズがあります。
ただし、まだまだ人事部門が整備されていない状況のため、採用専任ではなく、人事部門の幅広い業務を兼務するポジションの求人が多数を占めます。

教育・研修・人材開発についても同様であり、専任担当ではなく人事業務全般を担うポジションの求人が中心です。

Topへ

採用/教育・研修・人材開発の年収相場


採用/教育・研修・人材開発の年収相場は次のとおりです。

メンバークラス/年収500万~700万円
リーダークラス/年収700万~800万円
マネジャークラス/年収900万~1000万円

なお、求人数は少ないのですが、外資系企業の場合は上記にプラス100万円程度が相場です。

Topへ

採用/教育・研修・人材開発の転職で求められる経験・スキル


採用/教育・研修・人材開発の採用において求められるスキルは、以前と比較して変化しています。 昨今の評価のポイントをご紹介します。

採用担当者に求められる経験・スキル

●中途採用を行った経験                       

大手企業ではかつて新卒一括採用が中心でしたが、近年は事業戦略の変化にスピーディに対応するため、中途採用も増えています。
そのため、新卒採用経験だけでなく、中途採用の経験が求められるようになっています。

採用を行う事業部門の長とコミュニケーションをとり、課題やニーズを把握し、人材の要件定義を行い、その人材を集めるために適切な採用手法を選択する力が重視されます。

大手企業の場合は、「年間で数十名以上」など、どの程度のボリュームの採用を手がけてきたかも評価のポイントとなります。

●「ダイレクトリクルーティング」をはじめ、多様な採用手法を活用する力

近年、採用手法が多様化しています。従来の「求人メディア」「転職エージェント」のほか、「ダイレクトリクルーティング」「SNS活用」「リファラル採用」など。求める人物像に応じて適切な手法を選択し、活用することが期待されています。
特に、「ダイレクトリクルーティング」の経験者が求められるケースもございます。

● 採用戦略の策定の経験・スキル

採用オペレーションを回すだけでなく、上流の採用戦略を立ててきた経験者は高く評価されます。
特に、最近では新卒採用も中途採用でも、良い方を採用する事が課題となっている企業が多くなっています。そのため、採用実務の経験だけでなく、採用についての戦略立案・企画業務などの経験は重視されます。

● IT人材の採用経験

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する企業が多いなか、IT人材のニーズが高まっています。IT人材採用に力を入れる企業では、IT人材の採用を成功させてきた経験者が歓迎されます。

教育・研修・人材開発に求められる経験・スキル

●「階級別」の研修企画経験

大手企業を中心に、教育・研修に力を入れる動きが目立ち、研修への投資額も増えています。
近年、「管理職向け」など、階層別の研修に注力する企業が増えており、階層別研修の経験を持つ人のニーズが高まっています。

また、既存の研修プログラムを運営するだけでなく、課題に応じて研修の企画を行ってきた経験が求められます。

●「組織開発」の知見・経験

人材開発と組織開発を同時に進める取り組みも、最近のトレンドです。 担当が分かれているケースも多いのですが、人材開発の一環として、社員のエンゲージメント強化や風土改革などにも携わっていると、プラス評価につながります。

Topへ

採用/教育・研修・人材開発の将来性、キャリアプラン


大手企業などで、「採用のみを10年間担当してきた」といった方は、転職で苦戦するケースが多いのが事実です。
なるべくなら、採用だけにとどまらず、教育・研修、制度企画などの人事業務経験も積んでいく方が、先々のキャリアの可能性が広がるでしょう。

また、英語力を身につけておくのも有効です。
これからの時代、日系企業でもさらなるグローバルな採用活動が増えていくと見込まれ、英語力が必要になる可能性もあります。英語力を磨けば、外資系企業への転職チャンスも生まれます。

教育・研修・人材開発も同様で、他の人事業務へと幅を広げていくことをおすすめします。
先ほども触れたとおり、「組織開発」の分野にも展開していくと、将来「求められる人材」になれる可能性が高くなります。

Topへ

転職を成功させるために、人事領域を得意とする転職エージェントの活用を


人事職の採用においては「非公開求人」が多いですが、転職エージェントを活用することでチャンスに出会いやすくなります。
また人事領域については、企業の成長フェーズによっても課題が異なり、求める人材像、役割なども異なりますので、ミスマッチのない転職を叶えるなら、転職エージェントを活用することをお勧めします。

JACでは、人事職の転職を取り扱う管理部門専門チームがあり、また大手・中小ベンチャーに担当が分かれているため、これまでのご経験内容や今後のご希望に応じ、よりニーズに合った情報をご提供できます。
また、企業との密なコミュニケーションにより、採用背景や求める人材像はもちろん、入社後のキャリアパス・ジョブローテーションに関する情報もつかんでいます。
転職後、人事領域でどのようなキャリアを積んでいきたいかをお聞きし、そのキャリアパスをかなえられる企業をご紹介することが可能です。

転職エージェントには管理部門職に専門特化している企業も多数ありますが、JACの強みは、あらゆる職種分野の求人を手がけている点にあります。
人事職として転職を検討している企業について、他部門とも連携して情報を入手し、その企業の特性や内部情報をお伝えすることが可能です。
たとえば、「A社は○○分野の研究開発で競合優位性が高い」「B社は○○のマーケットで今後の成長が期待できる」といった情報もご提供することができます。 転職先を選ぶにあたり、多面的に検討するためにも、JACの転職サポートサービスをご活用ください。

Topへ

この記事の著者

幸谷

幸谷

アカウンティング&ファイナンス第1ディビジョン


JAC Recruitmentでは管理部門職種専任コンサルタントとして 管理部門職種を専門に、転職支援と企業側の採用支援の双方を担当。 これまでメーカー、IT、金融、再エネなど業界を横断し、人事・ファイナンス・経理・法務などのミドルクラス~管理職人材の転職支援に従事。現在は大手クライアントの管理部門職種を専門とするチームのマネージャーを行っている。


採用関連の転職アドバイスQ&A


採用関連の転職成功事例


人事職関連の職務経歴書


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。