ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

中国(China)の転職・求人の現地生活・就労許可証(ビザ)情報

広東語や上海語など各地区で方言があるが、共通語は北京語(マンダリン)です。地方都市では英語の使用率は低く、北京語が使われることが多い。上海・北京といった大都市でのビジネスでは英語を使用する場合もあるが、基本は北京語が必須である。

生活情報

言語

各地区での方言(広東語/上海語など)があるが、中国語の北京語(マンダリン)が共通語。地方都市では、ビジネス上での英語の普及率が低い。東北地方の一部では日本語を使える年配者もいるが基本は北京語(マンダリン)が必須。

住居

1998年より外国人への制限がなくなり、外国人も住まいを自由に選択できるようになった。一般的なアパートは、2LDKの物件が中心で(家賃はRMB3,500~)、知り合いと共同生活をしている外国人も多い。家具や家電製品付きの物件が殆どで、不便はないが、設備の問題は多い。ガス漏れや水周りなど問題が発生しやすいので、契約前に必ず確認すること。住宅探しには日系、ローカル系の各種不動産仲介業者があり、斡旋は無料で行っている。また、現地の日本人向けや外国人向けフリー情報誌があるので広告をチェックすることも可能。保証金は一般的には1~2ヶ月分。
契約書は、ほとんど中国語で書かれており、中国語に自信があまりない場合は、知り合いなどに管理費負担者、暖房費用の負担者、契約期間などを必ず確認すること。

交通

北京、上海、天津、シンセンでは地下鉄が運行しているが、公共の交通機関は一部の大都市を除いてあまり発達していない。バスは、北京、上海ではRMB1から。タクシーは、都市部では路上で多く走っており、広州は初乗りでRMB12からと安い。
また、最近では『配車アプリ』や『シェア自転車』など新たなサービスも次々と誕生しており、大都市の交通はかなり便利になってきている。

主要都市では、日本や外国の食材も入手が容易である。外食もローカルの食堂などは極端に安いところ(例:麺類一皿 RMB5~)があるが、衛生状態が悪いところが多いため注意が必要。
また、最近はこぎれいで手軽なファーストフード店も急増している。高級料理店では日本と同じくらいかそれ以上の価格の場合もある。自炊をする場合には、野菜、肉などの食材が一般のスーパーで入手でき安価である。

医療

都市部では、外資系のクリニック、病院も急激に増えているが料金はきわめて高い。一般の病院では外国人専用窓口があるのでそれを利用することも可能。国全体の衛生状態は年々改善されており、広州では政府主導で環境衛生改善に取り組んでいる。生活環境は日本と遜色ない水準まで向上している。

就労許可証(就業証)

  • 労働保障局による許可書を企業が申請し取得しなければ就労許可証がおりないので、会社に確実にこの手続きを行うことを確認。
  • 外資企業(独資/合弁/外国企業駐在事務所)においては、就労許可証がおりないケースはほとんどないが、ローカル企業の場合、外国人を雇用するための理由付けが必要であるため会社がその手続きをよく理解しているか否かを確認することが必須。
  • 前提として外国人被雇用者には4年制大学卒業以上の学歴及び2年以上の就業経験が要求されている。(ただし、技術者など特殊な技能を有する外国人は該当しない。)
  • 金融業での就職は、過去に同種の就業経験を問われるがそれ以外の業界では不問が一般的。
  • 通常、申請から取得まで1~1.5ヶ月かかるため、計画的な申請が必要。
  • ビザ申請時には、中国での現住所を証明する書類の提示を求められるので、アパートの管理会社か、もよりの派出所で証明を取得してビザ申請書類と提出。
  • 指定の病院(検疫検査所)で健康診断を受け、就労許可証申請時に、健康診断書を提出。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク