公開日:2022/04/21 / 最終更新日: 2022/05/11

  1. 転職マーケット×金融業界

【動画解説付き】今、注目度が高いM&A業界の転職事情

金融業界のなかでも注目度が非常に高くなっている、M&A業界での転職。今、キャリアプランや転職を考えている方に向けて、ハイクラスに強い転職エージェントJAC Recruitmentの専任コンサルタントが、現在のM&A業界の転職事情についてお伝えしていきます。

JAC の金融部門は、約30名のコンサルタントで構成されており、「銀行」「証券」「保険」「不動産金融」「事業承継」の5つの部門を担当しています。コンサルタントの3分の1が金融業界出身、また100+Clubメンバー(※)も数多く在籍しています。

では、そのプロフェッショナルが揃うJACの金融部門のコンサルタントによる解説をご覧ください。

※100+Clubメンバーとは、一人あたり100名様以上の成約を誇るプロフェッショナル組織の称号。年収900万円以上の成約率が社内平均の1.5倍(2020年6月のデータ、日本国内のみ)というメンバーにて構成されています。成約内容は、金融専門職種で約80%、管理系職種および営業職で約20%となっています。


金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界における市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向などJACのコンサルタントにご相談ください。


金融業界の転職市場


金融業界では、およそ4~5年前からマイナス金利の影響を受け、株・再建への投資からオルタナティブ(代替資産)に対しての投資が非常に増えています。また、この2~3年においては異業界から金融業界に参入してくるケースが多くなっています。例えば、IT系の企業やEC系の企業が決済事業に参入する際に、「誰か専門人材はいないか?」という相談を多くいただいている状況です。なかでも直近ではESG・SDGs・デジタル証券といったものがキーワードとなっています。

また現在、さまざまな中小企業にて後継者不在が問題となっています。そのような背景から、日に日にM&A仲介会社への注目度が高まっている状況にあります。

ここではM&A業界にチャレンジしたい方、あるいはまだ軸は定まってはいないものの転職活動に関する情報を集めている方に向けて、M&A業界の転職マーケットについて見ていきますが、まずは現在の転職マーケットの状況についてお伝えしておきましょう。

M&A領域の転職市場


「なぜ転職をするのか?」という背景について、当社が実施した調査から紐解いていったところ、1位の理由として、「労働環境や報酬面を改善させたい」と思われている方が非常に多いという結果が出ました。特に営業職の方の場合、自分の実績に応じた相応のインセンティブを獲得したい方が多くいらっしゃいました。また、異業種への転職の理由について1番多かったのが、「やりたい仕事があるから」というものでした。

M&A仲介会社への転職者の前職

次にM&A仲介会社への転職を希望される方の背景について見ていきます。

当社経由でM&A仲介会社への転職を成功させた方々の前職の分布ですが、「銀行」(28%)、「証券」(27%)といったところがボリュームゾーンとなっており、その他「非金融業界(営業部門)」(23%)、「その他金融業界(リース会社・カード会社・保険会社など)」(11%)、「コンサル・士業(公認会計士・税理士など)」(11%)となっています。

非金融業界出身者でも、営業経験があれば10%を超える方がM&A業界に転職に成功している点については注目すべきポイントであり、十分挑戦できる業界であることが伺えます。M&Aと聞くと、「非常に専門性が高く、未経験だとチャレンジしにくいのではないか?」という意見が多くありますが、未経験であってもチャレンジ可能です。

M&A仲介会社への転職者の特徴

先述のように、中小企業の事業承継は社会問題化しているという背景がありますので、この問題に対して高い使命感を持っている方がとても多いという状況にあります。M&A仲介会社への転職は相応の覚悟が必要となりますし、M&A業務の特性上、中小企業の経営者からすれば手塩にかけてきた事業を外部に売却するという、非常に重要な意思決定のフェーズとなります。そのため、信頼のおけるコンサルタントに任せられるかどうかがポイントとなっています。

パーソナリティで言うと「誠実・謙虚な方」、あるいはこれまで現職や学生時代に他の方にはない「圧倒的な挑戦意欲を持っている方」がM&A仲介会社への転職へチャレンジしている、といった状況にあります。

また未経験の方であれば、一からキャッチアップしていくこととなるため、「学習意欲の高い方」、圧倒的なインセンティブ制度がある業界ということもあり、「仕事量や報酬体系などさまざまな要素で意欲的である方」がチャレンジする業界といえます。

Topへ

M&A業界への転職成功後の中長期的なキャリアパスついて


M&A業界へ転職したのちの中長期的なキャリアパスには

・事業会社のM&A部門への転職

・金融機関のM&A部門への転職

・自身での起業

・同業のM&A仲介会社やコンサルティングファームへの転職

などがあります。

また、M&A業界で得られるものとして

・全国の経営者とのネットワーク

・業界横軸で通用するスキル

・圧倒的なインセンティブ制度による報酬

といったものがあり、いずれも中長期的なキャリアパスを考えた際に裾野を広げるチャンスとなります。

皆様に全力で伴奏させていただきますので、ぜひJAC Recruitmentと一緒にM&A仲介会社へ転職を目指していきましょう。


金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポート。
業界における市場価値や、レジュメ、面接対策、企業傾向などJACのコンサルタントにご相談ください。


金融業界の転職関連コンテンツ


【動画解説付き】今、注目度が高いM&A業界の転職事情

金融業界のなかでも注目度が非常に高くなっている、M&A業界での転職。今、キャリアプランや転職を考えている方に向けて、ハイクラスに強い転職エージェントJAC Recruitmentの専任コンサルタントが、現在のM&… 続きを読む 【動画解説付き】今、注目度が高いM&A業界の転職事情

金融業界の転職市場動向継続したオルタナ投資需要×コロナで急成長のDX

金融業界に特化した専任コンサルタントが、あなたの転職をサポートします。業界における市場価値はもちろん、レジュメの効果的な書き方、面接対策、企業傾向の情報収集など、JACのコンサルタントにご相談ください。 新規登録(無料)… 続きを読む 金融業界の転職市場動向
継続したオルタナ投資需要×コロナで急成長のDX

銀行、投信/ファンドにおける30~40代の転職動向 -最新トレンドが求人に影響-

コンサルタントはあなたのライフパートナーJAC Recruitmentのご登録者は中長期的なキャリアプランに対する意識が高いビジネスパーソンが多く、転職を検討していない時期でもコンサルタントに業界動向や市場価値について情… 続きを読む 銀行、投信/ファンドにおける30~40代の転職動向 -最新トレンドが求人に影響-

転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。