ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

銀行のM&A ~フィービジネスへの転換~

嶋村
担当:嶋村 【銀行・
ノンバンク領域】

【得意分野】

業種 : 銀行・リース

職種 : セールス、コーポレート/ストラクチャードファイナンス

企業タイプ : 政府系金融機関、大手信託銀行、ネット銀行、リース会社、ローン専門会社

フィービジネスの強化
2016年、干支は申年。「申酉荒れて戌亥の大凪」というように、申年は荒れた騒がしい年になると言われていましたが、実際に市場が大きく動くようなニュースが多く報道されました。
不安定な世界情勢下では、マーケットの乱高下が激しく、マイナス金利の影響もあり、安定した運用収益は期待できません。また、利回り低下による貸出金利息の減少に、各銀行は苦戦を強いられています。
その為、安定収益の確保を目的に、手数料収入の強化に乗り出している金融機関が増えています。保険商品や投資信託等、少子高齢化社会に合わせた取り組みや、M&Aや事業承継、シンジケートローン、証券化、私募債、ビジネスマッチングといったソリューションは「フィービジネス」といわれ、メガバンクを始めとする都市銀行や地方銀行、信用金庫等はさらなる手数料収入の強化を図っています。
銀行のM&A
このような状況から、銀行・ノンバンク領域では、上述したような法人部門におけるフロントセクションの中途採用が増加しています。また、外資系金融機関の事業縮小などの影響から、特に日系金融機関の求人が目立ちます。
その中でも各銀行からニーズの高いポジションが「M&A関連ポジション」です。 M&Aと言えば証券会社のイメージがありましたが、銀行は多くのクライアント(融資先含む)を有しており、事業再生や事業承継、M&A仲介などを幅広いニーズを背景に積極的な活動を続けています。
新聞の一面を飾るようなビッグディールは証券会社が扱うものの、ミドルキャップやスモールキャップは銀行の主戦場となっています。
最近では、日系企業の海外進出の動きが拡大していることから、海外提携先ルートでのクロスボーダー案件が増加しており、グローバルで戦える人材のニーズも高い状況です。
銀行におけるM&A業務は、案件のソーシングはRMや別部署が行うケースが多く、主な役割は、業界再編や、産業動向を睨みつつM&Aの機会を創出する段階(オリジネーション)~価格・条件交渉など案件遂行の段階(エグゼキューション)という一連の業務になります。
【求められる人材】
専門性が非常に高い業務である為、即戦力性を求める傾向にあります。
証券会社の投資銀行部門や、M&Aブティックファームの出身の経験者であれば、複数内定を得られるような売り手市場になっています。
そのような状況の為、ご経験者であれば、シニアの方のニーズが高まっています。
また、ジュニアの方の場合、未経験でも金融機関、会計法律事務所等における類似業務の経験や、事業会社における経営企画・財務等の経験があれば可能性がございます。
転職者へのアドバイス
今回は「M&A関連ポジション」を取り上げましたが、銀行において法人部門におけるフロントセクションの中途採用ニーズは多くございます。
その為、事業法人・金融法人セールス、金融プロダクト部門経験者、富裕層向けリテール営業経験者、マーケット部門経験者、不動産事業における法人担当経験者等、多くの方にチャンスがあるマーケット環境です。
また、国際化が進む中、異文化間においてもコミュニケーションを取れる方は、グローバルな業務に就ける可能性があり、当該領域において希望するキャリアを形成できるチャンスとも言えます。
【情報収集の場として】
冒頭に申し上げた通り、変化の激しい状況下、各金融機関はビジネスの多様化を図るとともに、採用を強化しています。その為、Webサイトで公開している求人以外にも多くのご相談を各企業様より頂いております。
そのような「生」の転職マーケット情報をお伝えしながら、キャリア構築に少しでもお力添えできればと思っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク