ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

銀行(メガバンク)におけるシステム部門の採用動向

桑原
担当:桑 原 【銀行・
ノンバンクチーム】

【得意分野】

業種 : 銀行・リース

職種 : システム

企業タイプ : メガバンク

改革が求められる銀行システム
インターネットの普及にともなう社内システムのクラウド化は、一般企業のみならず銀行をはじめとする金融機関でも進んでおります。
クラウド化によって運用コストの削減が見込める反面、社内システムへのアクセスに外部の通信回線・ネットワークを経由することになるため、従来以上にセキュリティの強化が求められるようになりました。
個人情報を大量に扱う金融機関では、金融庁検査が入るたびにセキュリティ関連のポジションで募集を開始するほどです。
また、銀行のシステムはCOBOL等をメイン言語として使用し、レガシーシステムと言われることもあります。システムの老朽化が進んでいるため、大規模な入れ替えを行う銀行が増加しております。
自社採用を強化する銀行システム部門
リーマンショック以降、銀行では各種様々な規制強化にともないシステムの重要性が叫ばれ、システム人材のニーズが高まりました。理由は大きく分けて二つあります。
一つは、システム業界の人材不足です。 マイナンバー導入などによる開発ニーズが高まっている反面、ベンダーサイドの労働環境への不満やネガティブイメージが先行してしまっていること、スキルを習得する場の不足など様々な要因があると考えられます。
銀行システム部では多くの開発業務をベンダーに委託しておりますが、上記から計画通りのシステムを完成させるには値上げの要求をのむケースも出てきております。
そのため、コストカットの意味も含め自社での採用が急がれています。
二つ目は、海外進出に伴う国外拠点のシステム強化です。
メガバンクでは拠点の増加にともない、システム強化・更改が急務とされております。 新たに開設する拠点の基盤構築や、既存拠点のシステム統一のため各銀行で大規模なプロジェクトが動き出しています。
元々、中途採用を積極的には行っていなかったのですが、一昨年ごろからニーズが高まっております。
求められるキャリア・転職アドバイス
・金融システム経験者
銀行システムでは、金融庁の基準を満たすため、厳しいセキュリティ要件と、24時間365日システムを安定稼働させる必要があります。そのため業界未経験で対応することは簡単ではなく、同業界での経験者やSIer、システムコンサルタントとして銀行システムを経験された方が求められています。
海外関連システムの経験者
海外関連のシステムポジションでは、国内から海外拠点との交渉や、出張で支店に出向き、現地のベンダーにシステム要件を伝える必要があり、同様の業務経験やビジネスレベルの英語力が求められます。メガバンクでの海外システムポジションでは、SIerから転職されて大幅に年収がアップした方もおり、狭き門ではありますがキャリアアップを目指す方には魅力的です。
採用ニーズが高まる一方、銀行システムを経験者の数は少なく、売り手市場であると言えます。 メガバンクであっても、若手であれば金融業界未経験者も選考をされているほどです。
また、海外システムに関してもスキルをお持ちの方であれば、入行のタイミングで英語力がビジネスレベルではなくてもオファーが出ております。 金融業界でのシステム業務をご希望の際には、お気軽にご相談下さい。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク