公開日:2021/10/13 / 最終更新日: 2022/01/21

  1. エネルギー/インフラ/プラント業界
  2. 転職市場

石油業界への不安

Q.石油業界が縮小しており、不安を感じています。


石油業界が縮小しており、将来に不安を感じているのですが、石油業界出身者は、どのような業界に転職をしていますか? [石油業界・男性]

A.石油業界の中でも、ゼネラリストな経験者より、スペシャリストな経験を持った方のほうが、転職市場では、可能性が多く発生します。


石油業界出身者の転職のお手伝いを多数させて頂いておりますが、文系出身者であれば、20代までは、業界を変更の上、転職が可能です。理系出身者であれば、30代までは、業界を変更の上、転職が可能です。

ただしながら、40代になってくると、ご自身のいらっしゃった近しい業界への転職が中心になります。文系、理系出身者共に、石油、エンジニアリング、電力、重電、これらの業界は、業界間での移動が活発です。

特に、石油業界の中でも、ゼネラリストな経験者より、スペシャリストな経験を持った方のほうが、転職市場では、可能性が多く発生します。多くの企業の中途採用は、自社で賄いきれない人員を外部から採用しております。そのため、高い専門技術を有した方は、転職市場の中では、重宝される傾向が強いです。

特に、下記のような、専門的な技術者は、年齢問わず、転職をする事ができております。

 [探鉱企業]
Geologist(地質)・油層ポジション、ファシリティ(施設)関係のポジション等
 [開発・生産企業]
エンジニア(配管設計・回転機器・プロセス設計、LNG船設計 等)、プロジェクトファイナンス、コマーシャル等

石油業界から、異業界へ転職を検討される場合、重要な事は、
①できるだけお若いうちに、方向性を固めて動く事
②自分しか持っていない専門的スキルを伸ばしていく事

弊社は、石油業界出身の多くの方の転職支援をさせて頂いております。
もし、御興味があれば、気軽に御相談下さい。

この記事の著者

平本

平本

エネルギー/インフラ/プラント業界

【得意分野】

業種 : 石油・ガス業界(アップストリーム:石油探鉱、開発・生産)
職種 : エンジニア、プロジェクトファイナンス、事業開発、営業、等各部門における専門職・上級職
企業タイプ : 日系・外資系
詳しくはこちら


関連コンテンツ


転職サポート サービスの流れ


  • Step 1ご登録

    お申込みフォームからご登録ください。ご登録完了と、ご連絡いたします。

  • Step 2面談・求人紹介

    専門領域に特化したコンサルタントが、あなたに最適なキャリアプランをご提案。

  • Step 3応募・面接

    応募したい企業へ推薦します。レジュメ添削や面接対策、スケジュール調整などをサポートします。

  • Step 4内定・入社

    条件交渉や入社日調整、円満退社に向けたアドバイスも行います。

  • Step 5アフターフォロー

    人生を通じて、あなたのキャリアのコンサルタントとして、入社後もサポートします。