ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

外資系ファッションMD、バイヤー、VMD本部採用好調

【ファッション】外資系のMD、バイヤー、VMDの本部採用が好調
外資系企業ではMD、バイヤー、VMDのポジション、特にマネージャークラスの採用がこの一年間活発になっています。これまで英語を必要としなかった営業(リテール・ホールセール)やブティックマネージャーについても、ビジネスレベルの英語を条件にして、ハイスペックな人材に絞って採用する傾向があります。外資系のマネージャークラスでは年収600-1400万円前後の条件での募集も寄せられており、グローバルに活躍したい方にはまさにチャンスです。
一方、日系企業では全体的には低調なものの、109系や低価格アパレルのSPA系の企業が伸びを見せています。特に若手の企画やデザイナー職の募集が目立ちます。条件としては、トレンドに敏感なこと、ターゲットと同世代のF1層であること、他社との差別化が図れること、自らがトレンドセッターであることが挙げられます。また、急激に成長しているアジアへの進出に力を入れる企業が相次いでいます。そのためアジア(特に上海・北京)への進出のための立ち上げ経験者や、人脈や販路を持っている営業幹部候補には切実な需要があります。
20代や30代の方の場合、今お勤めの会社が外資系ではなくても、留学経験や英語志向がある方なら、チャンスの幅は広がります。ぜひ一度ご相談ください。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク