ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

面接攻略法(3):「退職理由」をポジティブに変換する

退職理由や転職理由は、答え方を間違えると即、減点材料となってしまいます。もっともやってはいけないのは、前職の批判。上司への文句、人間関係のトラブル、待遇面の不満などを退職の理由にすると、「うちの会社でも同じことを繰り返すのでは?」と疑われ、転職回数が多い人であれば、「本人に問題があるから長続きしないのでは?」と、大きく評価を下げる印象を与えてしまいます。 退職理由を伝える際、意識したいのは「ネガティブな退職理由をポジティブな言葉に変換して伝える」ことです。たとえば「人間関係が悪かった」は、「全社を挙げての目標に一致団結して取り組む御社のような活気ある環境で働きたかった」など言い換え、たとえば「仕事がつまらなかった」は、「デスクの前で作業が完結する前職より、人と人とが毎日顔を合わせて信頼関係を築き上げる外回りの営業職で自分の能力を発揮したい」といった具合です。企業が評価するのは「新しい会社ではこんなことをしてみたい・実現したい」という前向きな姿勢です。

あなたのスキルを活かせる求人

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み