ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる



施工管理(建築系)職の経験やスキルを活かした仕事に就いている方、または就きたい方から寄せられる、現職や転職に関する不安や疑問に、Q&Aでお答えいたします。

A.ありません。施工管理職は企業利益に貢献できる業務のため、多くの場合、通年、採用をしております。そのため、有利な時期というよりも、採用側の企業様に有利に展開できる転職エージェントと組むということの方が重要です。

A.企業規模によるところが大きく、期間は企業様によりけりです。1回の面接で終わる場合もあり、最短2週間~最長3カ月の選考期間とお考えください。大切なことは、転職活動の完了を、現在の現場竣工に合わせないことです。

A.コロナ禍であるからこそ、施工管理は昔と変わり、転職がしやすくなりました。面接についてはWEBなどが導入されました。業務多忙でもインターネット環境だけで転職活動ができるということは、時間が取りやすいという部分で大きく改善されました。その結果、今こそスタートすべきでしょう。

A.会社経営都合の場合は特に影響ございませんので、ご安心ください。

A.不安を抱く必要はございません。施工管理職の転職は、40代が優位に働くことも多い職種です。
若手の方にはまだ任せられない案件を、対応していただくことになります。それらが、企業にとってのノウハウの蓄積となると企業は見ています。そのため、40代での転職は非常に可能性があります。

A.不安を抱く必要はございません。施工管理職の転職は、50代が優位に働く事も多い職種です。
若手の方にはないご経験と実績は、今の業務だけでなく、企業内にノウハウとして蓄積されていくので、企業の成長に繋がります。そのため、50代での転職は非常に可能性があります。

A.他の職務とは異なり、企業規模を選択することにより、転職回数の多さという一般的な不利状況を防げる場合が多いです。また施工管理という職務上、法規制が整っていない時代もあったので、「回数が多いとマイナスのイメージ」というよりも、転職の理由や就業期間を注視される傾向にあります。

A.不利になる場合が多い印象です。職務の多忙さから一度離職しての転職活動は、業務調整能力や計画性が弱いと見られることがあるので、不利になる可能性はございます。

A.先ずは施工管理職で役立つ資格を取得することです。もしくは、スピード重視で年収だけに重きを置くのであれば、施工管理職の経験が活かして、施工会社に発注する側の企業が良いかもしれません。
ただし、非常に大切なことが説明されていない場合が多いです。つまり、発注側に就くということは「技術キャリアは止まるということ」と、お考えください。発注側に就業しても、継続して技術キャリアに就業しても、日進月歩の施工管理業界の技術は、携わった方のみが獲得し、成長できます。異業種に転職して短期的に年収を上げるか、同業界に転職し、長期的にしっかりと資格と経験を得るか。この2種類の方法が、年収を上げるコツになります。

A.現在のご年収が、市場の相場との差異がある場合は、年収アップの可能性があります。ぜひキャリアコンサルタントにご相談いただければと思います。

A.外資系企業の場合、社内書類やミーティングが英語で運用されている可能性があります。TOEICなどの資格スコアよりも、実務として読み書き会話ができるかが重要となります。また決裁権が何処にあるのかは、選考において重要なポイントになります。

A.建設業で外国籍の方が就職するポイントは、大きく2点あります。対象国籍地域での業務や現地法人がある場合は、語学も活かせる関連業務が日本にある可能性がございます。もう1点は、日本語力がN1以上であれば、国内就業も日本国籍者と差別なく就職できます。

A.最も成功確率を上げるには、施工管理職から異なる職種に挑む際に、ご自身の経験を少しでも活かせる職を選ぶことです。施工管理経験を活かし、営業や設計などの他職種に進む方もいらっしゃいます。これは、社会人経歴や業界経験がある前提のお話です。

A.求人票はあくまで目安の年収になります。給与額の決定はご経験、現在年収、面接評価により決定いたします。

A.企業が、”あなたを採用すべき理由”を考えやすいような内容にしましょう。仮に面接で好印象でも、採用には理由があるので、そこに結び付けられる経験を表現することが大切になります。

A.一貫性が無く技能や業務に関連性がつけにくい場合でも、個人の成長という部分では繋がるものもあるかもしれません。そのため、先ずは個社ごとの業務内容を記載し、キャリアコンサルタントにご相談ください。

A.業務関連資格は、転職および内定条件で有利になります。企業によっては、公的資格が就業条件となっている場合もあるので、資格を取得することで業務の拡幅だけでなく、良い転職先の確保に繋がる可能性はあります。

A.志望が業務でなく企業にある場合の例かと思われますが、企業の中では経験を重視するので可能といえば可能です。しかし、採用確率が上がることには繋がりません。

A.内定辞退の方法と期間によっては可能ですので、その時の状況含め、キャリアコンサルタントにご相談ください。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

転職支援サービスお申込み