ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

進化する“ジャパンクオリティ”でグローバルでも勝ちにいく
アジア発のグローバルコンサルティングファーム

  • JAC Recruitment

    代表取締役社長
    松園 健
  • アビームコンサルティング株式会社

    代表取締役社長
    岩澤 俊典 氏

アビームコンサルティングは1981年の創立以来、日本、アジア、欧州、北米の各国に事業拠点を広げる総合系コンサルティングファーム。日系大手企業を数多くクライアントに持ち、あらゆる業界にて経営戦略立案、業務コンサルティング、さらにはIT導入・運用までの一連のコンサルティングサービスを提供。特にソフトウェアメーカーSAPとのソリューションが広く知られています。連結売上高は年々増加し2016年3月期 には660億円を計上。グローバル化の時代、外資系企業がひしめき合うこの業界で、日系企業を中心にサポートする日系コンサルティングファームはどう成長していくのか。その鍵を握る代表取締役社長の岩澤俊典氏にJAC Recruitment代表取締役社長の松園健がインタビュー。業界の現状をふまえた今後の戦略から、求める人物像までお聞きしました。

日本のナレッジをグローバルで共有できるカルチャーとは
大局的見地に立って仕事に取り組める評価制度

松 園: クライアントセントリックという考え方や、クライアントのリアルパートナーになるという御社の理念をお伺いしましたが、クライアントと一緒に作り上げていくスタンスを実際に形にするまでには、さまざまなストーリーがあったのではないでしょうか。

岩澤 俊典 氏

岩澤氏: 私たちはカルチャーをとても大事にしています。やった仕事そのものが「営業」になるというカルチャー。最高の成果が最大の営業力だという考え方です。お客様との長期的な関係を重視し、10~20年というロングタームの利益が一番の利益をもたらすというスタンスで仕事をしています。四半期ごとの利益だけでお客様と付き合ってはいません。だからお互い「今期は予算も足りないし、難しくて大変」という仕事でも、やり遂げられます。「あの時一緒に、苦しいことを乗り越えてくれたね」というお客様の想いが信頼につながり、お客様の業績が良い時には幅広く仕事をいただける。そうやってロングターム・リレーションシップを作りあげていく価値観が会社に浸透しています。

もうひとつ社内で大事にしているのは、チームワーク。もちろんコンサルタントとしての個人の資質は必要ですが、助け合いながら仕事をすることが最大の価値を生むことを、我々は知っています。そんなカルチャーは評価制度にも反映されています。当社の評価は多面的に行われ、一人の社員に対して、周りの色々な人たちがコメントして評価をします。その中で人を助ける人、周りから見てリスペクトされる人が一番評価される仕組みです。数字や実績も大事ですが、リスペクトされないやり方で数字が上がっても、その人の評価は上がりません。たまたまその時の数字が悪かったり、問題が起こったケースがあっても、その人へのリスペクトが変わらなければ評価は下げない方針です。

松 園: 長期的な目で見て、多少の失敗があっても評価には影響せず、チームワークが評価される制度。働く側にとっては、大きな視点に立って思い切り仕事ができる、やりがいのある環境だといえますね。

グローバルで共有できる日本のナレッジ

松 園: 教育制度の面では、どのようなバックアップをしていらっしゃいますか。

岩澤氏: 当社はトレーニングには大変こだわりを持っています。私が日本のマネジメントディレクターになった時から「トレーニングを受けるだけでも価値がある会社を目指そう」と掛け声をかけて、トレーニングを徹底的に充実させました。現在約500弱のコースがあり、コースの数は業界で日本一だと思います。毎日いろいろなコースが開催されていて、誰でも受けられます。プログラムは専任者が担当する他に、外部とのタイアップもあります。内容はシステム関連もあれば、社内カルチャーや人間性を高めるためのプログラムも用意しています。

松 園: それはすごいですね。例えば御社に入って、自分がアサインされたプロジェクトを進めるのに必要な知識を学んだり、自分のキャリアパスとして、こういうスキルを身に付けたいと考えてトレーニングを受けて成長していくことも可能ですか?

岩澤 俊典 氏

岩澤氏: もちろん可能です。業務には直接関係なくても、興味があればどんどん受けていただいて構いません。何かができるようになる喜びを日々感じてもらいたいと思っています。コンサルティング会社の良いところは、事業会社と比較して、業務や成長のスピードが速く、経営目線になれるところ。逆にナレッジを高めてそうなってもらわないと、コンサルティング会社にいる意味がないですよね。
他にもナレッジ共有のために、ナレッジマネジメントというコアな仕組みがあります。みんながそこに問い合わせて、経験者が回答するシステムです。数多くの問い合わせに対しても、すぐに回答してもらえるため、満足度が上がっています。しかも一年に一度、一番貢献した人を表彰することでナレッジ共有の重要さを広めています。

松 園: お客様に対してもそうだと思いますが、社内でも日本人が各国のローカルとクロスカルチャーでお互いを理解しながら、ベストプラクティスをシェアすることは重要ですよね。

岩澤氏: 現在、当社のナレッジマネジメントは、日本で蓄積されたものを海外に公開するという段階にきています。今後は英語でできる仕組みにする予定です。これはひとつの例に過ぎず、我々はグローバリゼーションのひとつとして、新しい仕事の仕方を次から次へと作り出して提案できる会社にしたいと思っています。
いま当社のキャッチフレーズは「ナンバーワン・グローバル・チャレンジャー」です。日本発の新しいビジネスの仕方を追求して、“経営コンサルタント会社 アビームコンサルティング”から想起されるストーリーやイメージを、もっとしっかりと作りたいと思っています。

松 園: 我々も日本発でグローバル展開をする企業を支援して思うのは、特にアジアに関しては日本の経営手法やさまざまなカルチャーがリスペクトされるような優位性があると感じています。それをさらに具現化することができれば、大きな強みになるのではないでしょうか。

岩澤氏: そうですね。例えば東南アジアや中国の人からは「日本の仕事の仕方は細かすぎる」、「ドキュメンテーションも、ひとつひとつステップを踏むので、時間がかかる」などと言われますが、後で振り返ると結局はそれが早い。新しいことを始める時にも、すでに整っているため、やりやすいのです。最初は時間がかかるけれど、最終的にはスピード感があるのが日本のやり方。それを海外、東南アジアの企業にもどんどん浸透させたいと考えています。当社はこのカルチャーを持つ人が各国のリーダーになる配置にしています。その人たちが海外で仕事の仕方を浸透させるので、グローバル全体でひとつのチームとして仕事ができます。グローバル企業でありがちな、国同士の覇権争いは一切ないですね。

松 園: グローバルではよくテーマとして挙げられる各国間のクロスボーダーや連携などが、御社の場合はフラットに進んでいるということですね。

岩澤氏: 外部から来た人が当社を見て必ず言います。「スピード感がある」、「国を問わず全体的にフラット」。それと「人が良い」(笑)。

松 園: それは素晴らしい評価ですね。海外展開をする上で、英語力についてはどうお考えですか。

岩澤氏: 私自身が、会社に入るまで英会話は全くできなかったので、英語が話せなくても、学ぶ意欲があれば問題ないと思っています。昔に比べて英語を覚える環境も整っています。我々はテレックスしながら覚えた位ですから(笑)。

アビームが求める人物像とは

松 園: 先ほど、2020年には1,000人単位で海外へ送り出すという話もありましたが、海外にチャレンジしていく人も含めて、御社の求める人物像を教えてください。

岩澤 俊典 氏/松園 健

岩澤氏: 自分の成長を貪欲に求める人には、機会を与えたいと思っています。ただ自我が強すぎても困るので、リーダーシップとチームワークを兼ね備えた人に来て欲しい。
また、もうひとつ理想の人物像を言うと、言い訳をしない人。例えば成果が出なかった時に、色々な言い訳をすることは簡単です。でもコンサルタントの仕事とは何でしょう。成果が出ないシチュエーションだと分かっているなら、潰しにいくのがコンサルタントの仕事。出来なかった言い訳を理路整然と話すコンサルタントは、一見頭が良さそうに見えますが、マイナス要素が分かっているのに潰せないという仕事の仕方は一番良くないと思います。もちろん事情がある場合もありますが、言い訳をしないという意識を持つことは、最終的に仕事の成果にも直結します。海外の人たちは、その意識が高い印象がありますが、日本のコンサルタントには、まだ欠けている人が多いと思います。

松 園: なるほど、言い訳をしないことは、コンサルタントとしての資質にも関わるということですね。では最後に、転職を考えている方へのメッセージをお願いします。

岩澤氏: 大手の外資系企業などから来た人によく驚かれるのは、意思決定の速さです。例えばお客様との交渉ひとつでも、自分たちだけでは決められず、自分が「こうしたい」と思うことをアジアパシフィックに問い合わせて、そこからさらにグローバルに問い合わせるという企業の話も聞きます。これでは意思決定に時間もかかるし、精神的なストレスも大きい。その点、アビームコンサルティングには、仕事のスピード感と通しやすさ、権限の範囲の広さがあります。これは特に、シニアマネージャー以上の仕事をしている人には実感していただけると思います。また、クライアントと一緒に成長していけるので、自分たちの力でリアルに仕事を成し遂げる醍醐味が味わえる環境が整っています。ぜひ一緒に成長していきましょう。

インタビューを終えて
株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント 代表取締役社長 松園 健世界の業界トレンドはしっかり取り入れつつ、日本発の企業である利点を最大限に活かして、日系企業のグローバル展開を支援するアビームコンサルティング社。クライアントに寄り添った仕事のスタンス、長期的視点でいわばオーダーメイドのソリューションを提供するやり方は、ともするとアウトサイド目線での仕事になりがちな外資系コンサルティングファームを経験した方には、新たな魅力なのではないでしょうか。実際にコンサルティングファームにいた方が、リアルな世界にチャレンジしたいと事業会社に転職するケースを多く見ている我々も、コンサルティングファームにいながらリアリティのある仕事ができる稀有な企業であるという認識を新たにしました。 JAC Recruitment 代表取締役社長 松園 健

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

新規登録(無料)

メール認証 個人情報・職務経歴入力 登録完了

メール認証有効期限:1週間

※期限中はメールアドレス情報を当社にて保持します

メール認証とは?

プライバシーマーク