国内・海外営業職/6ポジション(機械・部材・プラント・素材他)(東京本社勤務)の求人情報なら転職エージェントJAC

求人情報

国内・海外営業職/6ポジション(機械・部材・プラント・素材他)(東京本社勤務)

  • 週休二日制
  • 上場
求人番号

NJB1012203

[無料]転職サポートのお申し込み

会社名 株式会社神戸製鋼所 <業種:金属/素材/エネルギー - 金属/素材/エネルギー>
特徴

(転職コンサルタントからのメッセージ)
世界で築いてきたKOBELCOブランド。世界16ヵ国、97拠点へ展開。鉄鋼の売上比率は全体の約4割、銅・アルミ・産業機械等、幅広い事業を展開。オンリーワン戦略で多事業多分野で世界有数のシェアを獲得。自由な社風と働く人の個性、それが神戸製鋼の原動力です。

職種

営業-国内営業(法人)

営業-海外営業

雇用形態 正社員(期間の定めなし)
勤務地 東京都
仕事内容

◆◆◆◆◆東京勤務◆◆◆◆◆

■①製鉄プラントの国外向け法人営業(機械事業部門 産業機械事業部 重機械部 営業室)

・プラント営業として、主に鉄鋼の海外ユーザに向けた製鉄プラントの販売、建設、竣工、生産まで全般をお任せ致します。

・主に国内外の大手鉄鋼ユーザーが顧客となるため、商談を通じてプラント営業としての実務能力や交渉能力が身に付きます。

■②非汎用圧縮機の海外営業(機械事業部門 回転機営業部)

・非汎用圧縮機のマーケティングおよびセールス。

マーケットは約8割が海外向け、国内大手エンジニアリング会社との取引を中心に世界のエネルギープラント分野に携わる事が出来ます。

<製品> スクリュ圧縮機、ターボ圧縮機、レシプロ圧縮機

<魅力>取り扱う製品規模、金額も大きく営業担当としてのやりがいが大きい部門です。競合他社と異なり3種類の圧縮機を保有しており、顧客ニーズに基づき最適機種の提案が可能です。内1機種は世界シェア70%を誇るトップシェア商品です。

■③法人向け鋼材営業(鉄鋼事業部門)

・当社鉄鋼事業部門において、鋼材に対する法人向け営業をお任せ致します。具体的には以下となります。

<仕事内容>

自動車・造船・電機・建設メーカーおよび部品メーカーに対する当社製品(素材)の営業)

<扱う商材>

・線材・棒鋼/主に自動車部品の材料として使用される特殊鋼線材・棒鋼

・厚板/主に造船用、建材用、建産機用の鋼板

・薄板/主に自動車用、家電用、建材用の鋼板

<魅力>

担当する商材のマーケティング・戦略構築から関わり、様々な関係者との調整を行いながら案件全体のマネジメントを経験できます。

■④原子力事業の営業担当(エンジニアリング事業部門 原子力・CWD本部 原子力・復興センター営業部)

<仕事内容>

国内原子力事業における設計・製作・エンジニアリング業務の営業活動。

客先は各電力会社、日本原燃、環境省等となります。

<出張>

あり(国内/海外とも)

<魅力>

国内原子力政策において課題となっている原子力施設から発生する廃棄物の処理処分問題について、40年に亘り、素材メーカーならではの独自技術や海外企業との合弁会社、業務提携を通じ実績のある技術を提供しています。

■⑤樹脂機械の国内外向け法人営業(機械事業部門 樹脂機械部 営業室)

<仕事内容>

樹脂機械各機種の本体営業(海外8割、国内2割)。

同社は樹脂ペレット製造用連続混練機の総合メーカーとして世界トップメーカーの1社です。中でもPE用途では世界№1シェアを占めます。

直接エンドユーザーやコントラクターへ技術優位商品を売り込む一方、海外代理店、エージェントを起用した多方面にわたる営業構築など、世界を股にかけるダイナミックな直接営業を経験しながら輸出契約、リスク管理にも精通できるポジションです。

<扱う商材>

・混練造粒装置

・二軸混練押出機、その他関連装置

■⑥樹脂機械のアフターサービス営業(機械事業部門 樹脂機械

……(以下詳細は面談時にご案内します)


■休日:完全週休二日制

求める経験、能力
年齢制限の理由

■同社の営業職においては、業界不問となりますが、事業会社にて営業経験ある方が応募要件となります。

※海外営業職においては、英語に加え、中国語・スペイン語等の語学力がある方は歓迎条件となります。


■職種未経験者:不可

年収 500万円 - 750万円
語学力
英語力: 
初級
営業で活用できる英語力

ご経験・スキルを考慮したうえで、非公開求人も含めた最適な求人のご紹介もいたします。
下記ボタンよりお申し込みのうえ、キャリアコンサルタントにご相談ください。
※既に当社にご登録いただいている方はこちらをご覧ください。


[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


ページの先頭へ戻る