ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

自動車業界の転職マーケット情報 ─加速する技術革新とグローバル化

現在、自動車業界は転職者にとって売り手市場となっておりシニア層であっても、専門分野をお持ちで、英語力があれば採用に積極的な企業が多くあります。なかでも、エレクトロニクス系人材、ソフトウェア技術者、セールスのニーズが非常に高く、採用競争の激化に伴い年収も高くなってきています。たとえば、30代~40代で英語に長けていて自動車業界経験があり、セールスまたは設計などのエンジニア経験がある方なら、年収900万円以上という条件もめずらしくありません。
■自動車業界のマーケット動向
【業界動向】
円高、英国EU離脱問題等、社会的な不安要素はあるものの、自動車業界の採用状況にはまだ、そこまでの影響は出てきていません。
2020年を目標とする自動運転実現に向け、乗用車だけでなく商用車においても、センサー、レーダー、カメラのエンジニア、特に組み込みソフト開発のエンジニアニーズは変わらず高く、障害物を検知するだけではなく、止まる・避けることが必要なため、車両の制動制御技術全般に明るい方、全体システムとしてとらえられる方が求められています。
加えてIoTをキーワードとしたテレマティクス技術に関しても、組み込みソフト技術者のニーズが高まっています。
また昨今の不正問題から、各社で品質体制強化が進められており、品質エンジニアポジションのニーズも高い状況です。
長期的には「エコ」技術に向けた取り組みにも投資が進んでいます。
・パワートレイン技術全般
・各種軽量化技術
などのサプライヤーで採用が増えてくる見込みです。
その他、サラウンドビューモニター、自動パーキングシステム、各種セキュリティシステム(スマートキー、アラートシステム)などの安全・便利な領域の技術開発も進んでいます。
【自動車新技術】
もともと自動車は機械製品ですが、エアバックやABSといったECU(電子制御ユニット)が搭載されるようになり、加えてガソリンエンジンからハイブリッドエンジン、そして電気自動車、さらにカメラ/レーダー技術の融合である「止まる・避ける技術」=ADAS(Advanced Driver Assistant System)とエレクトロニクス領域の機能が多くなっており、かつてとは異なるタイプの技術者が求められています。さらに今後は「自動運転」が注目されており、自動車のエレクトロニクス化はますます進んでいくと思われます。
【グローバル化】
完成車メーカーが系列サプライヤだけでなく、グローバルサプライヤの技術を採用する動きになってきています。また日系・外資問わず、コストの低いエリアでの開発や製造を促進するなど、グローバル化も進んできています。M&Aや事業売却といった動きも大きな流れです。
自動車産業で働く人に求められる英語力のニーズも高まっています。
■自動車業界の採用・求人動向
エレクトロニクス業界の技術者の積極採用
PCやスマートフォンといった最先端技術分野で取り組んできた若手技術者を自動車産業に取り込んでいこうとする流れになっており、民生メーカー出身の若手技術者採用が激しくなっています。電気・ソフトウェア技術者のニーズは今後も続いていく見込みで、「自動運転」の先にあるものを考えると、さらに変化していくと思われます。将来的にはWebアプリ技術者も必要になると考えられます。
■転職者へのアドバイス
自動車産業に興味をお持ちの方は今がチャンスです。変革期であり、キャリアとしてもスキルアップとしても良いタイミングです。新卒採用で不本意な就職をした方、もっとグローバルに活躍できる人材になりたい・なるべきとお考えの方、是非考えてみていただきたいと思います。
今、自動車産業に従事している方も含め、これからの自動車産業に従事される方に求められることは、以下になります。
【求められるマインド】
<グローバル>
先にも述べたとおりグローバル化が進む中、ドイツ・アメリカを中心とした外資サプライヤがシェアを伸ばしており、外資サプライヤの製品開発は本国だけでなくインドや中国等世界中の技術者と共同での開発プロジェクトとなるため、英語力やグローバル環境での経験が今後更に求められていくと思われます。
<変化への適応力>
技術的にも100年に一度といわれる変革期にあり、M&Aも盛んです。このような業界の変化に対応できる適応力が求められます。
■自動車業界の採用・求人動向
エレクトロニクス業界の技術者の積極採用
PCやスマートフォンといった最先端技術分野で取り組んできた若手技術者を自動車産業に取り込んでいこうとする流れになっており、民生メーカー出身の若手技術者採用が激しくなっています。電気・ソフトウェア技術者のニーズは今後も続いていく見込みで、「自動運転」の先にあるものを考えると、さらに変化していくと思われます。将来的にはWebアプリ技術者も必要になると考えられます。
■神奈川自動車マーケットの魅力
日本の労働総人口の1割は自動車関連産業で就労しており、中でも神奈川県には日産自動車のグローバル本社、三菱ふそうトラック&バス、いすゞといった完成車メーカーをはじめ、内資・外資問わず多くの自動車部品メーカーが拠点を構えています。
自動車産業は、神奈川県の現在、そして未来を牽引する基幹産業となっています。加えて日本の自動車メーカーは世界を牽引しており、長期的に成長が見込まれる業界でもあります。
自動車は社会インフラの一環を形成する物であり、今後の世の中を変えていく可能性を秘めています。大げさかもしれませんが、自動車産業は残された数少ない世界で戦える産業であり、日本の未来を切り開いていく可能性を秘めた産業です。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク