外資系自動車部品メーカーの転職マーケット~次期責任者候補の採用ニーズが顕在化~

横浜/神奈川

転職マーケット情報

外資系自動車部品メーカーの転職マーケット~次期責任者候補の採用ニーズが顕在化~



■世代交代が進む外資系自動車部品メーカー

写真

現在、日本国内で事業展開する外資系自動車部品メーカーにおいて、次期責任者候補を社外から採用しようという動きが顕在化しています。
その背景には、近年プロジェクトが好調な企業ほど組織強化や育成の余裕が出てきたことや、もともと少数精鋭の組織でプロジェクトを切り盛りしてきたため社内では適任者が育っていないなどの理由が挙げられます。
その中でも、数年後に控えた現任の部門責任者の定年や外国人エクスパットの日本人への切り替えを目的に外部の優秀な人材に対する採用ニーズが非常に高まっています。

■リーダーシップや英語力が採用のキーポイント

各社とも次期責任者候補については製品との親和性や自動車業界での経験のみならず、リーダーシップや部下の育成能力、英語での高いコミュニケーション能力、さらにグローバルビジネス志向などを特に重視した選考を行っています。特定の部門の次期責任者という希少なポジションだけに候補者へ求める要件は下げず、厳選して優秀な人材を採用したいと企業は考えています。

■国内を起点にグローバル基準の仕事ができる魅力

国内の自動車業界における外資系企業の強みは、グローバルでの自動車のトレンドを上手くつかみ、人も資金もスピーディーに投資することで、いち早く新しい技術への取り組みができることです。ADASをはじめ、現在の自動車の新技術を牽引しているのは外資系サプライヤーと言えるでしょう。
自動車業界において日本はトヨタ、日産、ホンダをはじめ、マツダ、スバル、三菱、スズキ、ダイハツ、商用車では日野、いすゞ、三菱ふそう、UDトラックスといったグローバルトップメーカーが名を連ねる重要拠点であり、外資系自動車部品メーカー各社の投資も増加傾向です。外資系自動車部品メーカーでは国産自動車メーカーの海外展開を通して日本を起点にグローバルビジネスに携わることが出来る点も魅力のひとつです。加えて、自動運転、コネクテッドと技術の方向性も現在はエレクトロニクス、IT化へトレンドを移し、新たなマーケットが生まれています。自動車業界でのキャリアを活かして転職をお考えの際はこの機会にぜひ当社へご相談ください。

2015/11/19

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録

採用企業情報


ページの先頭へ戻る