ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケットコラム

関節鏡(関節鏡視下手術)が変えるスポーツ医学と関節鏡市場動向

植木
担当:植木 【医療機器
セールスチーム】

【得意分野】

業種 : 医療機器メーカー

職 種 : 営業関連職種

企業タイプ : 外資系医療機器メーカー

■関節鏡・関節鏡視下手術とは
関節鏡は、関節の状態を観察するための内視鏡です。
従来の関節手術では、患部の切開が必要であったため、入院期間が長く患者の負担は大きなものでした。
しかし、関節鏡、関節鏡視下手術の技術発展とともに、手術時の患者さんの身体の負担を軽減し、短期入院で術後の早期復帰が可能となり一般患者のみならず、アスリートの早期復帰へ向けた専門的治療、スポーツ整形外科の分野での活用が進んでいます。
■関節鏡マーケットの概要・解説
米国では、関節鏡視下手術の需要が2021年まで着実に拡大しつづけると予測されています。
背景には、人口の高齢化や肥満率の上昇により、特に変形性関節症などの疾患が増えていることなどがあるようです。
日本国内にも、今後新たに導入が予想される製品などもあり、マーケットとしては拡大していく見込みがあります。
現在、各メーカーでは、関節鏡やカメラシステム、処置具などを取り扱っています。
■関節鏡デバイス各社の採用動向
侵襲性の高い症例数増加にともない、市場が伸びていることから、営業職のニーズが高まっている状況です。医療機器の営業経験者が求められています。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク